So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

2016.8.20 JEC Lites in 長和の森:双子のレポート [BCRTレポート]

何処の家庭も夏休み!
親離れしていく子供達と楽しい時間を過ごせるのも残り僅か?
子離れしたくない親としては夏休みこそChance!!ってところかな?
--------------------------------------
夏休み期間ということもあり、のんびりキャンプを兼ねて前回の成田でのJECと同じく、前日の8月21日(土)
に開催されたエンデユーロアカデミーというスクールにから参加しました。

しかし、今回も前回の成田に続いて空模様が怪しい予報が出ています。
実は自分は根っからの雨男で今までバイクツーリングといえば雨や台風ということ当時の仲間と話すと天気が悪かった話しか出てきません。
まあ、今回は自分が走ることもないしコースコンディションもよくなる程度の雨を期待して出発です。

さて、土曜日のアカデミーは実は新しく出たYZ125XとYZ250FX、YZ250Xの試乗会が大きな目的でした。
もちろんアカデミーで一杯しごかれて、スキルアップも期待はしていますが。
今回も講師は、鈴木健二さん、釘村さん、渡会さんという豪華なメンバーで1日みっちり講習を受けてきました。
しかも午後からは土砂降りの雨の中の特訓というおまけまで付いてました。
雨の中でのスクールということで一味違ったトレーニングができたのかな?

スクール後は、この土砂降りの中で試乗会開催です。モトクロスコースの一部だけでしたが雨の中走った双子の感想としては250FXがものすごく乗りやすくて楽だったとのことでした。
125Xは、リヤ―が跳ねられる気がしたとのこと。これはセッティングの問題かな?
250Xはパワーの塊で思いっきりアクセル開けるのは怖かったとのこと。

初日の土曜日はこんな感じで泥だらけで終わりました。

スクール後は、長和の森から10分程度の距離にある道の駅に隣接した温泉で一日の泥汚れを落とし(温泉管理人さんごめんなさい)その後、再び長和の森へ。
残念なことですが宿泊は、キャンプの予定だったのでテントを持って行ったのですが雨が激しく止む無く車中泊を選択しました。

明けて日曜日、雨は止みましたが、コースコンディションは最高にマディー!
しかも天気も良くなって気温や湿度がぐんぐん上昇してきます。

二人を起こして食事をとらせ、当方は前日で無残な姿になったバイクの整備に掛かります。
7時より受付、車検を済ませてバイクは、パルクフェルメへ移動。

ミーテイングを行い今回のコースやルールの説明(今回は簡易オンタイムではなく完全オンタイムエンデューロとのことでした)を受けました。
やはり雨の影響もありコースの一部を変更したようです。

オンタイムエンデューロということで各スタート時間が決まっておりその時間にスタートしなければ遅れた時間分のペナルティを受けます。
時間になって、ゼッケン番号と名前が呼ばれ、パルクフェルメ(車検後に一同にバイクが保管された場所)からゲートへ向かいいよいよスタートです。

1週目は、計測なしの下見走行。スタートゲートを抜けルート区間としてエンデューロコースへ落ちて(本当に谷ヘ向かって一気に下ります)いきます。
エンデユーロコースを走って疲れ切ったあとモトクロスコース+エンデューロコースのを使用したテスト区間(順位を決める時間計測区間)を走行して一周が終了。
1周が20分の設定で予定では時間は十分に余裕があり、熱中症対策のため十分の休息を取ってくださいとのことでしたが。。。
実際レースが始まるとエンデューロコースに入ってそのまま帰らぬ人が続出で途中でコース変更が行われたようです。
1.jpg
二週目以降が本当のレーススタートですが、二人そろって2周めのスタート時間1分前にやっとチェックポイントへ戻ってきたような状態でした。
休む間もなく2周めスタート。こんな状況で3時間先のチェックタイムまで走ります。

2周後の周回後に”K”に異変。気持ちが悪い。立っていられないとのこと。慌てて救護へ向かい、残念ながらここでリタイヤ。
幸いひどい症状ではなかったので一安心。どうも昨日の雨でずぶぬれになったせいなのか朝から調子が悪くトイレにこもり切っていたようです。
無理はしないで、楽しく走れることが大事なのでこれも教訓として次回に行かせるようにします。
2.jpg
取り敢えずもう一人は、走り続けているのでそちらのサポートをするために失礼しました。スタッフの皆さんお世話になりました。

”T”の方は途中から要領がわかってきたのか、路面状況が良くなってきたのか余裕をもって帰ってこれるようになりましたが、後から聞いたところ、コースコンディションは荒れる一方で走りにくくなったといっています。
また、本人はモトクロス系のスプリントが好きなのでエンデューロは走り方がわからんとのこと。
テスト区間を見ていると時間計測にもかかわらず、休憩しているような走り方。
これは、後から聞いたら周りに人がいないので自分がどの程度で走っているのかわからないといっていました。
どうも、競争する相手と競らないとペースが上がらないようです。
”T”の方はなんとかオンタイムで規定周回数をなんとかこなし、3時間後のチェックタイムを迎えることができました。
3時間終了時点でパルクフェルメにバイクを戻すのですがこの時点でパルクフェルメはガラガラ状態。
ほとんどの人がオンタイムで走れていないようです。
3.jpg
レースは、二部構成になっていて、午前で、第一ステージは終了。第二ステージのクロステストが午後から始まります。
第1ステージを完走出来た者だけが第二ステージを走ることができます。

ここで問題、85SXのフロントからフォークオイルが流れてフロントブレーキを濡らしています。本人曰くブレーキが変とのこと。
それは当然です。仕方なくブレーキクリーナでオイルをふき取りますがどこまでもつか?

第二ステージは、大好きなスプリントレース。
本人は非常にテンション上がってます。
レースは、8人で1グループとなってモトクロスコースを走ります。
4.jpg
スタート形式はヘルメットタッチスタート。
スタートの旗が振られ一斉スタート!と思いきやギヤ―が入らず最下位スタート。
これまでかと思ったがここからがスプリント大好き本領発揮!
第一コーナでインに入り一気に3位。
第二コーナでもインを攻めフープスで2位にアップ。
しかし、周りはフルサイズのバイクばかり、85では加速で追いつけず前走にコーナで詰めては直線で離されということで残念ながら2位で終了。
本人は、やはりスプリントが楽しかったみたいです。

こんな感じで一人は残念ながらリタイヤとなりましたがもう一人はスプリントレースを楽しんだようで帰ってきてからももっとモトクロスレースに出たいといっています。
--------------------------------------
お疲れ様でした。
JECのレポートを拝見する度、どうしよっかな?と思うのですが、それ程の集中力は今の私にはないからなー(もともとなんですけどね)。
オンタイムEDにしろオープンEDのしろスプリントでも、我が息子とともにってのがバカ親の気持ちですよね。
[すいません]バカ親は私の事でしたね(笑
と同時に新しいマシンを用意してあげたい(これもバカ親の気持ちとしてね)。
でも、お財布事情もあるし、実際どれだけ乗るのか何時まで乗るのか?難しいところです。

JECと言われると躊躇するものがありますが、今年の後半何処かで一緒に走れるといいですね。
”K”君”T”君のお相手は我が息子の”Dai”が、お父さんのお相手は私が仕りましょう!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

両足筋肉痛!でも走る走る夏休み [プライベート]

いやー久しぶりに鎌倉の山を走って、両足ともに筋肉痛です。
一夜明けて昨日そして今日、歩くどころかベッドから椅子から立ち上がるのですら痛タタタ。
なのですが折角の夏休みただ家にいてもつまらないので、鎌倉の山へと走りだします。
(親バカ勝手に受験祈願ってのもありますしね)
折れた肋骨も漸く回復してきた様で殆ど気にならなくなりましたから、復活を目指してですね。

昨日は定番ルートの六国見山から入って天園へ・・・
ここで一つ情報として天園の休憩所なんですけど、いつの間にか更地になっていました。
0.jpg
暫く通らなかった間に・・・
私が子供の時分よりあったと記憶しています(実際に利用した事は殆どないです)が、ちょっとばかし寂しいですね(理由は分かりかねます)。
でも鎌倉の山は健在。
1.jpg
樹木に抱かれている感じで気持ちいいです。
この日は珍しく目の前をアオダイショウが横切って行きました。
長さにして2m弱位だったかな?残念ながら写真を撮る暇はなかったです。
そして瑞泉寺へと抜け、目的の一つに加わった荏柄天神社で二拝二拍手一拝し参拝しました。
夏休みが終わるとそうそう時間はとれませんが、幾度となく足を運んでみるつもりです。
2.jpg
この時点で既に足は限界でした。
山の中を走っている分には平気なのですが、一般道だと衝撃がある性か足が痛いもんですから、のんびりと歩いて家路につきます。
途中北鎌倉の駅を過ぎると線路沿いに早くも数珠玉が・・・
3.jpg
ドングリにしてもそうでしたが秋の気配を感じますよね。

そして今日は何時もとは逆回りで、北鎌倉から浄智寺を抜け葛原岡神社へと山道を走ります。
そして銭洗弁天の前を通り、今年の夏のもう一つの目論見が・・・残念まだ夏休み中でした。
致し方なく、これまた何故か一般道だと痛くなる足を引きずって、鶴岡八幡宮を抜け荏柄天神社へと向かいます。
なんですけどね、昨日一昨日のルート中に目星を付けておいたんですよね。
じゃじゃーん!
4.jpg
宇治金時(かき氷)食べたかったんだよね。
ランニングウェアーで背中にキャメルバック背負って汗だくで、軒先を拝借していただきました。
前々からトレイルランの最中に何処かで何かをと企んでいたのですよ。
容姿が容姿ですから憚られるところは別として(観光客の方にも失礼のないように)と思っていたのですけど、夏ですからね。
正に生き返る!
キャメルバックで水分(スポーツドリンク)は補給しながら走っているのですが、それとは全く異なる上手さ。
これ程美味しいものには滅多にお目にかかれません(この状況だから)。
逆に疲れないかちょっと心配ではありましたが、気持ちを新たに歩きだします。
その後しっかりと荏柄天神社参拝して、今日は獅子舞の谷から再び山へと入ります。
5.jpg
鎌倉のハイキングコースで唯一の沢沿いのルートとなります。
かき氷を口にしてから時間は経っていませんが、顔を拭って[冷たくて気持ちいい]って・・・登りがきついんですよねこのルート。
ここからは何時もの逆ルート何で、天園を抜けて六国見山へ出て帰宅します。
途中リス(台湾ですけど)に一瞬で何だか判別できない小動物にも遭遇したりして、厭きる事のないトレイルラン(山歩き)でした。
勿論、道行く人との挨拶も忘れずに。

2日間はそれぞれ15km程度の道程です。
久しぶりに走った初日の後、筋肉痛が酷くて足を延ばせませんでしたが、それでも楽しい時間でした。
来年は子供も高校生(順調にいけば)、一緒に過ごす時間は益々少なくなるでしょうから自分の時間を有意義に過ごさなくては・・・今の自分に何が出来るのか?何が楽しいのか?時間の経過を忘れる事の出来る何か、それが自分にとってのベストなのでしょう。
再び新たに、興味はつきませんよね。
ただ、それも身体がついてきてこそ、合わせて楽しみたいと思います。


共通テーマ:バイク

低下する筋力と増加する体重 [プライベート]

そうなんですよ、体重計に乗ってビックリ!
な・な・なんと70kgの大台が目前なのです。
大食いとか不摂生とかって気はないんですけど、昨年10月今年の5月と連続して怪我をして運動不足だったのかな?
高校生から40歳後半まで63~5kgを維持していたのですが、48歳位から徐々に体重が増え52歳前にして69.?kgに・・・筋力は低下しているのに体重が増えるって?脂肪体質って事?
毎日仕事は忙しいんだけどなー
所謂新陳代謝の低下って事なのでしょうか?
自分には関係ないって思ってましたけどあまかった。
慌ててトレイルランを再開・・・これまたあまかった。
全く持って走れない。
そりゃそうだ、衰えてきているところに持ってきて5kgも背負っちゃっているんだから(苦笑
分かってはいたので、いきなり山に入るのではなく手始めに一般道を走ったり歩いたり、八幡様を通り過ぎ荏柄天神社へと・・・
image4.jpg
自分の受験の際には目もくれずだったのですが親バカですからね(笑
ちょうどいい距離感ですしね。
その後てくてくと材木座海岸へ・・・
image3.jpg
違和感!
当たり前ですけど泳いでますよね、その間を1人とぼとぼとランニングしているんですから。
今年は海に入る事無く終わりそう。
そんでもって定番ルートの大仏へ、ここから山へと入ります。
image2.jpg
やっぱりこれです、この感じ。
海や鎌倉参道よりも樹木の中が性に合います。
尤も久しぶりのランニング(ウオーキング)で足がパンパンなんですけどね。
巷は夏真っ盛りではあるんですけど、山の中では秋の気配がほのかに香りはじめています。
image1.jpg
頭上からは蝉時雨、足元にはどんぐりころころ、季節の移り変わりを感じつつ・・・
汗ビッショリで15km程をどうにか走り(歩き)きりました。
[まだまだー][これから]と思っているんですから、徐々に復活していかなければ。
別にストイックにって事じゃなく、この時間が自分にとってのリフレッシュ!なのですから。
(願掛け兼ねてってのもありかも)


共通テーマ:バイク

夏休初日にGAIAへ行ってきました [プライベート]

例年だと月曜定休からの連休なのですが、今年の夏休みは前半型と後半型に分かれるようで、思い切って前半型最後の日曜日から休みを取ってしまいました。
その初日に”ワイルドクロスパークGAIA”へ走りに行ってきましたよ。
(未だにコングランドなのね)
1.jpg
前日土曜の仕事を定時に終え準備して早々に現地へ。
4時間程度で着いたのは良かったのですが、途中買い出しする事がままならず少々寂しげな昼食となってしましました。
6.jpg
ワイルドなバーベキューにフルーツなんて川で冷やして、何て思っていたのですけど残念ながら真夜中のコンビにで用意できたのはこの位。
そう、この渓流でスイカとか桃とか冷やしとこうと思ってたんですよ。
2.jpg
まあでも早朝顔を洗ってサッパリスッキリ気持ち良かったから、良しとしておきますか。
EDコースを走っている途中でもね。
3.jpg
思いの外と言うか狙い通りと言うべきかGAIAは涼しい風が吹いていましたし、快適テントに蚊帳付けて扇風機まで準備して(準備と後片付けは手間ですけど)・・・日帰りとするか一泊して他のコースへ移動するか(GAIAは翌日は営業していないものですから)は息子次第って事で、取敢えずコースを走ってみましょうかね。

そうそう余談ですけど、早朝からキーキーと鳴き声が・・・
4.jpg
お猿さんが様子を窺っているようでした。
飽くまでも自然動物ですので、そっとしておきましょう。

さておき、肝心なコースはって言うと・・・
今年の4月にWEXの40ミニッツに親子でエントリーして以来のGAIA。
私はそれ以前にもKTMの試乗会で走った事があるのですけど、真面目に走るのは初めてなので様子を見ながらコースイン。
MXコースは面白かったという印象があったのですけど・・・歳なのか最近ビビり過ぎだからか、ちーっとも上手く走れません。
じゃあEDコースは?
これまたWEXの40ミニッツとは大違いで難しいのなんの。
5.jpg
楽しそうに走る息子とビビりまくる私。
更にEDコースは一本奥に入るとコースの難易度も増しますし、何処を走って良いのやら?途中半泣き状態で迷子になってしまいそう。
(一緒に行っていた”Ab”さんも同じこと言ってました)

うーーーん、9月のWEX今度は40ミニッツではなく90ミニッツにエントリーしたんですよ。
果たして如何なるコースレイアウトとなるのやら?
今回迷い込んだルートだとすると厳しい難しい事となりそうな予感。
120ミニッツじゃなく90ミニッツだから難易度が低めに設定されると良いんですけど・・・じゃないと心が折れそうです。
昨年の10月に怪我をして今年の5月にも再び・・・完治する間もなく(心の問題は完治しないだろうな)今現在。
運動不足で体重も増え、反射速度(運動能力)も劣り、すっかりビビリーな私。
それでも奥底では[まだまだー][これからこれから]と・・・

夜中のイベント用にと花火なんかも用意しておいたんですけど、結局一泊する事無く日帰りする事となりました。
それどころか2時半には充分満足お腹いっぱい走ったらしく、息子は以上終了でした(勿論私はその前に終了してましたけどね)。
どうやらEDコースで普段使わない筋力を使って疲れたらしく、更にはMXコースのジャンプで集中力も消費したらしいです。
言ってくれれば写真撮りにいったのになー[もう一回走って来い]って言ったら[もう無理]だって。

9月のWEX90ミニッツには私と息子+BCRT3名がエントリーしましたので、無理せず楽しく走ってこようと思っています(少なくとも私はね)。
9月はWEXの他にもウエポンカップにJNCC(BCRT別組)が2戦・・・お店大丈夫かな?


共通テーマ:バイク

250DUKEカスタム:調整可能バックステップ可倒式そして完成! [インプレ]

夏休み前に”250DUKEカスタム試乗車”が完成しました。
と言いましても大した事をやっている訳ではないんですけどね。
取敢えず最後の海外輸入パーツである、
「Adjustable Rearsets Rear Set Foot Rest Pedals(調整可能バックステップ可倒式)」を取付けて、
1.jpg
アフターパーツの装着は以上終了です。
ノーマルのポジションでは[ちょっと低いかな?もう少し後ろだと良いんだけど]と思っている人に、全体の位置(上下/前後)の他にフットレスト・シフト・ブレーキ等数か所に及ぶ調整機能が備わっているバックステップは如何でしょうか。
素材は例によって7075-T6ビレットアルミのCNC加工で、表面処理はアルマイト処理されている組立式のバックステップとなります。
5.jpg
6.jpg
少々写真のカットはずれていますが、おおよその目安としてバックステップ装着時とノーマル状態を比べてみると、それなりに後方で上部にステップ位置が変わっているのが分かると思います。
ただし、この位置は4箇所移動できるうちの一番後ろで最上位の場合となります。
装備した写真はこちら、
2.jpg
3.jpg
オレンジアルマイトが美しい!
軽量にして強固?(と説明書きにはあるのですけど、正直確証はありません)
ではありますが、細かく位置調整する事が出来ますし、シフトペダル(ロッド)の取付位置を変更(3か所)する事でシフトチェンジのフィーリング(可動範囲)を変更できますし、シフト・ブレーキペダル共にダブルボールベアリングが埋め込まれていたり、フットレスト(ステップバー)は可倒式となっていたりと、充分な機能が備わっています。
精度も良いと思いますよ。
ですが盲点も一つ、4箇所移動できるうちの一番後ろで最上位にセットしますと、シフトロッドの長さ場足りないような・・・
シフトペダルの位置(高さ)によっては取付可能でしょうけど、私の個人的な好みだとネジ山が一山二山噛むかどうか?なので、六角ステンレススペーサーを追加して取付けています。
4.jpg
このバックステップもそうですが、諸々海外部品と言うものは実際に車体に取り付けて走らせて見ない事には[エ!つかないじゃん]とか[この取付方って本質的にNGなんじゃないの]なんて事が多々ありますので、安価だからと言って安直に飛びついてはいけませんよね。

さておき、
そこそこのアフターパーツの取付が完了しましたので、例によって”Red Bull”に変化させてBCオリジナル ”250DUKEカスタム試乗車”の感性と相成りました。
7.jpg
賛否の御意見は受け付けておりませんので御了承のほど・・・個人的には気に入っていますのでね。

最後にお仕事モードで、
これらのアフターパーツを装備した125/250/390DUKEを用意可能ですので、興味を抱いて下さった方は是非。


共通テーマ:バイク
前の5件 | -