So-net無料ブログ作成

KLX/D-TRACKER125用NITRONリヤサスペンション [気になるアイテム]

首を長ーくして待っていましたが、
KLX/D-TRACKER125用の「NITRONリヤサスペンション」が仕上がってきました。
皆さんご存じだと思いますが、KLXとD-TRAは殆ど同じ部品で構成されています(色は別として)。
大きな違いはフロントフォークとホイール&タイヤですね。
KLXが正立フォークに前19後16インチのオフタイヤを装備しているのに対し、D-TRAは倒立フォークに前後14インチロードタイヤを装備しています。
この辺りの足回りとギヤ比の違いによって、OFFとONを区別している訳ですが、何故かリヤサスペンションは共通です。
キャスター・トレール・ステアリング角・ストローク・ホイールベースetcが違うのに???実際には差して不満はないですけどね。
ま、だからこそ「NITRONリヤサスペンション」共通で使用出来る訳ですし。
純正と違って細かくセッティング出来るので、OFFとONで色々と試してみるとしますか。
nitron.jpg
巷で聞き及んでいるRACEシリーズではなく、敢えてSPORTシリーズです。
もちろんRACEシリーズの方がプリロードが伸び圧24段/低速縮圧16段/高速縮圧16段と精密で幅広い調整が可能らしいですし、リザーバタンクが別体で見た目もGOOD。
ですが、[あらゆるレベルのライダーの細かい要求に応えます]って事ですから、私(一般ユーザー)には勿体ないし高価ですから、私にはSPORTシリーズで充分です。
IA・・・・さんじゃないですし、ちょっと(だいぶ?)背伸びしたファンライド代表としてのお試しですから。
とは言うものの、SPORTシリーズだってプリロードが伸び/圧両効きながらも24段階に調整出来ますし[リザーバータンクを本体に内蔵し、オイル・ガスをフリーピストンにより完全に分離。ダンピング性能を長時間維持することが可能]だそうなので、私には分不相応な性能を有している訳です(ついでに言えば、これだって高価ですよね)。

後は車両に装備して走ってみてからです。
物が良いのは分かりますが、実際に取り付けて走って果たして違いが解かるかが問題です。
宝の持ち腐れにならなきゃいいんですが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0