So-net無料ブログ作成
検索選択

KLX110L & KLX125 のチェーン&スプロケット [気になるアイテム]

そういえば「Kawasakiオフロード運動会でドロンコ遊び:その後」のその後を伝えるのを忘れていました。
Kawasakiオフロード運動会inMX408で、歯が丸くというか無くなってしまったKLX110LとKLX125の、「XAM」リヤスプロケットと序でにチェーンを交換です。

KLX110Lは、リヤスプロケットを「ISA」37T(純正38T)にチェーンを「EK」420SHGPに交換し、フロントスプロケットは無事だったので、そのまま使用します。
ちょっと贅沢なゴールドチェーンですが、それなりの耐久性を期待してスプロケ共々奮発しちゃいました。
110.jpg
因みにフロントは純正13Tに対し14T(KLX110純正)を使っています。
BCのKLX110LはエンジンをボアUPして給排気もかえてあるのでパワーは申し分なし(持余し気味)なので、ギヤ比を純正よりロングめに振って伸び代をかせいであります(ミッションを5速か6速に変えたい気もするけど、如何せん高い)。

一方KLX125には、純正と同じ歯数47Tの「SUNSTAR」リヤスプロケットに、110L同様「EK」428SHDRGP(レース用ノンシール)を装着しました。
125.jpg
元々入れていた「XAM」のフロントスプロケット13T(純正14T)は、そのまま使えそうなので交換はしない事に。
110L同様にBCのKLX125はボアUPしているのですが、キャブ車の110Lとは異なりインジェクションのままだと効果大とまではいきませんので、ギヤ比はロングにするどころか加速を重視してショートめにしてあります。

まだまだ多いに遊ばせてもらいたい2台なので、メンテしながら長寿であってほしいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0