So-net無料ブログ作成

CRF150Rにフライホイールウェイトを装着 [気になるアイテム]

数か月下書きに保存してあったCRF150Rネタですいません。

以前にも話したかもしれませんが、2013年モデルのCRF150RⅡは、最初の頃のモデルとは随分と乗り味が変わりましたね。
’12辺りから違うのか、エンジンのフィーリングとサスペンションのセットが異なっているように感じています。
パーツリストで比較する限り、大きな変更は見受けられませんが、中身は別物かなと思います。
BCRTでは旧型2台新型2台を、キッズではなく大人が乗っていますが、正直言って旧型の方が馴染み易いかな。
cr1.jpg

cr2.jpg

cr3.jpg

cr4.jpg


サスペンションに関しては、新型の方がしっかりしているように思います。
特にフロントフォークが変わったようで、以前の様なふにゃふにゃ感がありませんね。
以前は大人用にスプリングなど変更しないと厳しかったのですが、新型はこのままでもある程度はOK。
勿論、それなりのレベルで走らせるには前後ともに一工夫ですが、入門用として捉えるのなら充分じゃないでしょうか。
体重の少ないキッズや女性(初心者)が乗るには、ちょっと硬めなのかと思う程ですから。

一方、エンジンはって言うと、こちらは旧型の方が乗り易いかな。
新型は低中速のトルクっていうより、レスポンスに振っている感じ。
回せる人が乗るならありでしょうが、初心者には難しいかもしれませんね。
BCRT大人初心者も悩みのメビウスに突入中。
そこで、裏技って言うかエンデューロ仕様っていうか、フライホイールの増量化を提案しました。
crf2.jpg
STEAHLY OFFROADのフライホイールウェイト7オンスです。
他に9オンスもあったのですが、重過ぎてもなった感じで7オンスを選択。
在庫を持って販売しているところがなかったものですから、アメリカから取り寄せました。
(当初は、旧型と新型とで部品(重さ)が違うのではと思いましたが、同じ部品番号でしたので)
これは、純正フライホイールにプラスして取り付けるタイプですが、まんま交換するタイプのものも販売されています(今回は値段も踏まえてチョイスしました)。
取付は至って簡単(設備が無いと難しいですが)、効果の程は期待大。
crf1.jpg
以前に私も、KX2502ストでエンデューロに参加していた頃、フライホイールを重いものに交換したりしていましたので、効果の程は周知しています。
早速、EnjoyOFFROAD走行会で乗れして貰うと、思った通り、かなり乗り易くなっています。
旧型とまではいきませんが、トルク感が出てきましたので低中速でのスロットルワークが楽になりましたね。
その上、レスポンスが損なわれてしまったという事もないので、初心者の人と限らず遊び易い状態になったのではないかと思います。
もし、ちょっとなと思っている方にはお勧めですよ。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0