So-net無料ブログ作成

2017年KTMオフロードモデルディラー試乗会① [インプレ]

KTMの2017年オフロードモデルを試乗しに、千葉県の成田モトクロスパークへ行ってきました。
現地入りするまでの道のり「東関道」で雷雨に遭遇、ワイパー全開でも前が見えない程の豪雨でした(地元鎌倉では豪雨ってのが殆どありません)。
現着した成田モトクロスパークでもドシャ降り。
k3.jpg
どうやら午前中はメディアさん用の試乗会で、その際には雨なしのベストコンディションだったようですが・・・雨を呼ぶのはどの代理店?
ただでさえ難しい成田MX(10年以上前に走って以来)なのに、この雨じゃあ試乗どころじゃありません。
兵ならいざしらず、グチャチュルのコンディションじゃあ転倒シーン続出でしょう。
って言うか走る人いないかも?
でも試乗前のミーティングでは、KTM本国より来られているスタッフさんから[KTMを乗るのには打って付けのベストコンディションですね]の言葉が・・・確かにエンデューロマシンの試乗ですからね、あながち嘘とは言えません(困った事に)。
k1.jpg
一新された2017年モデルも待機していますから・・・着替えるの嫌だなー
と思っていたのですが、
3時間に及ぶミーティングの最中に雨はあがって、薄らと日差しも垣間見える程に。
なのですが、KTMテント(雨が降っているから締めきって)の中、勿論野外テントですから空調等はなく既に汗ビッショリ。
この上更に着替えて泥だらけって・・・
暫し様子を見ていましたが、折角の機会ですのでオフロードウェアに身を包み試乗する事としました。
(店にTELしたところ是非乗ってくるようにとの指令が)
k2.jpg
250EXC-Fや125XCWなど数台を試乗しましたけど、はっきり言って何が何だか分かりません。
チュルチュルのEDコースにMXコース、幾度となく転んで走るだけでもやっとです。
???その昔、やはりチュルチュルコンディションの時MXコースをKX250Fで走った事がありましたが、その際には周回する事すら出来ませんでした。
そこからすると周回出来るだけの性能を有していると言えるのかも?
正直、細かな説明が出来る程走れた訳ではありませんが、単純に言って2017年エンデューロモデルはMX同様にとってもコンパクトになっています。
YZ250FXあたりと比較しても一回り小さく感じましたし、軽さは比較にならない程でしたね。
残念ながらサスペンションの状態やエンジンパワー/トルクまでは気が回りませんでしたけど、おそらくは初心者でも扱い易いマシンに仕上がっているのではと思います。
それがベストなのかどうかは、各人の判断(目的意識)によるところでしょうけどね。

明日は8:00から同成田モトクロスパークでテクニカルトレーニングがありますので、早々に床につきたいと思います。
今日じゃなくて明日の試乗組が良かったなー(2チームに分かれて試乗とトレーニング2日間なので)
久しぶりの成田モトクロスパークを楽しみたかったし。
勿論2017年KTMオフロードモデルの試乗が一番の楽しみ(お仕事)なのですけど。
では、おやすみなさい。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0