So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 Spring Start-up Campaign RC125/250/390DUKE:Part3 [インプレ]

2017年のKTMストリートモデルを目にする機会が増えてきているかと思います。
KTM JAPANからの実際の車両供給(販売)は未だですが、現行2016年モデルにしようかイメージが一新された2017年モデルにするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ただ私が感じるに、必ずしもニューモデルの方が・・・と言う訳でもなさそう。
だからこそ、尚一層、「2017 Spring Start-up Campaign」はチャンスかも知れませんね。
 
DUKEそしてRC関連の、KTM本社制作動画の配信は今回でラストとなります。
街乗り普段使いをを意識したDUKEの動画に対して、RCは走る事そのものに焦点を合わせた作りになっているようです。
確かにRCの軽快な運動性や路面をしっかりと捉えるグリップ感は、このような動画の方が伝わり易いかなと思います。
カット割りも一工夫されていますし、ちょっと憧れちゃいますよね。
KTM RC 390: Aerodynamic Power | KTM

逆に言えば、街乗りやツーリングには不向きなのかも知れません。
であるからこその、RCそしてDUKEというラインナップがある訳ですから。
貴方の志向は?

に対して躍動感の乏しいBC動画となりますが、慣らし運転中ですからね。
125/200DUKE:白糸スピードランド走行会で慣らし運転  2013/04/22

BCで車両を購入されますと、オンロードモデルはEnjoyCIRCUIT白糸スピードランド走行会へ、オフロードモデルはEnjoyOFFROADモトクロスビレッジ走行会へ1回ご招待となります。
別にサーキット走行を強く推奨している訳じゃありませんが、無料なんだから一度位は走ってみても良いかも知れませんよね。
慣らし運転でも、ツーリングの途中で覗きに来られても。
BCの試乗車もなかなか距離が伸びないもんですから、参加者に慣らし運転を手伝って貰ったりしています。
もう少し回せるようになると面白いんですけどらね。

一方こちらの動画は、KTM正規ディラー向けに開催された勉強会での試走シーンとなります。
モデルは390DUKEで、場所は袖ヶ浦フォレストレースウェイ。
KTM 2014MY STREET MODELS PRODUCT TRAINING=390DUKE 2014/03/13

乗りこの私が上手く乗れていれば少しは面白くご覧頂けるのでしょうけど、如何せん経験が乏しいものですからご容赦願いたいと思います。
その代わりと言っては何ですが、誰でもこの位は楽しく走れますよって事で。

BCの動画も残すところ極僅か。
次回Part4までとなりますので、然して期待もしないでお待ち下さい。


共通テーマ:バイク