So-net無料ブログ作成
検索選択

KTM 2017年オンロードモデルのプロダクトトレーニング(試走) [インプレ]

その(前頁)本日開催の、KTMプロダクトトレーニングに参加してきました。
毎年恒例となっている、千葉県にある袖ケ浦フォレストレースウェイにAM7:45集合。
1時間程の座学を経てから試走開始です。
KTM2017ONROAD.jpg
2017年のKTMオンロードモデルが揃踏み。
”THE BEAST 2.0”と称される1290 SUPER DUKE Rは全体的に見直され改良が施されテクノロジーの飛躍的な向上と共にイメージを刷新。
20171290SUPERDUKER.jpg
1050/1190/1290と3パターンの排気量であったADVENTUREシリーズは1090と1290という2パターンに変更され、更なる熟成と刷新されたイメージにより2016年モデル以上の飛躍を遂げる事でしょう。
20171290SUPERADVENTURER.jpg
勿論、DUKE.SUPERMOTO,ENDUROの690シリーズも健在ですし、新しいグラフィックを纏ったRC125/250/390もまるでニューモデルであるかのような煌めき放っていました。
2017RC125.250.390.jpg
唯一残念であったのが、注目のスモールDUKEシリーズが間に合わなかった事ですね。
125DUKEはお目見えしていたのですが、250/390DUKEに関してはお預け状態。
2017_125.250.390DUKE.jpg
ベースは同様なので125DUKEだけでも充分なのですが・・・(後程)

等々、微妙と言うか温度感のない言い回しで申し訳ございません。
各々の改良点やスペックに新たに導入された機構などは、メディアさんが挙ってこれでもかって言う程綴って下さる事でしょうから(本質的にはKTM JAPANのHPに掲載されるようになれば尚可)その辺りはお任せするとして、本来この場では個としての印象・感想・体感・体験を生の温度感を持って伝えなければ・・・
[ごめんなさい]
日曜日にぎっくり腰が再発しそうになりまして、ピキピキキーンと痛みが走り、シップを張ってコルセットしての数日なのです。
来週末にはEnjoy CIRCUIT 白糸スピードランド走行会がありますし、無理してツナギ着て走行して悪化させる訳にもいかず残念ながら試走はしなかったのです。
2017KTM.jpg
てっきり、レーシングスーツ(ツナギorセパレート)じゃなきゃと思っていたのですけど、ジャケット程度で良かったみたい。
その位の井出達なら乗れない事もなかったので、事前に確認しておくべきでした。
と言う事で、座学の後暫く見学して試走する事無く帰ってお仕事。
折角のチャンスだったので残念です。
皆さんは他ディラーさん達のインプレを是非ご覧になって下さい。
サーキット経験豊富な方から初めての方まで、様々な感想があると思いますので鵜呑みにする事無く良く噛み砕いて自らに照らし合わせて・・・最寄りのディラーさんに足を運んでみて下さい。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。