So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.8.6 JEC-Lites in 日野カントリーオフロードランド with YZ250FX [BCRTレポート]

レースと言うか活動も好みがあるんですよね。
今回はJNCCではなくJEC、最近ではどっちもエントリーしているようですが元来JEC好きなのかな?
ところで、”Tomo”君は?
”Kei”君だけだったら親父さんも出れば良かったのに・・・
何て言って、私は誘われても尻込みしちゃいますけどね(笑
JECもJNCCも体力気力ともにままならない私ですから・・・
しかも、噂に聞く「日野カントリー」じゃありませんか(レースじゃなくても遠慮しときたいかな?)。
って訳ではないでしょうけど、お互いに親としてサポートに徹しましょうかね。
--------------------------------
8月6日に日野カントリーで行われた「JEC-Lites」に息子”Kei”が出場してきました。
日野は初めての場所なので、コースの下見を兼ねて、いつもと同じく前日のスクールから参加です。

スクールは中級で申し込んだはずなのですが、何故か手違いで上級クラスにエントリー?
上級クラスには今年のISDE参加者の滑川選手やトライアルの選手なんかも参加していてかなりレベルの差を見せられたようですが、まあ何とかついて行けてたようなのでいい経験になったのでは。
BCRT_YZ250FX_JEC1.jpg
BCRT_YZ250FX_JEC2.jpg
翌二日目はJEC-Lites本番。
この日の午前中は息子の参加するJEC-Litesと、午後から昔なじみの友達が参加するJEC東日本のエリア戦とダブルで楽しめました。

なのですが、当日は朝からものすごい霧で回りがほとんど見えない状態。
しかもレースが始まるころには本格的に雨が降り続け・・・
せっかく前日1時間半もかけてルートとテストの全コースを歩いて作戦を練った(?)のに当日は大幅なコースカットになってしましました。
確かにあのコースじゃ下のクラスはDNS続出で、レースにならないこと間違いなしでしたから止む無しでしょう。
BCRT_YZ250FX_JEC3.jpg
取り敢えず1周目は下見のスタートで、大幅にカットされたコースということもありあっという間にピットまで戻ってきました。
様子見で路面確認してたら滑って転んだということでしたが、リカバリーも早かったようです。
BCRT_YZ250FX_JEC4.jpg
2周目、3周目はなんなく周回完了。
問題の4週目。
JECはオンタイムレースなので時間になるとピットからチェックポイントに向かい、あらかじめ各人に割り振られたスタート時間にゲートでチェックを受けなければなりません。
ちなみに決められた時間より早くチェックを受けてしまった場合は、早着。
決められた時間に間に合わず遅れてしまった場合には、遅着。
ということで、各々早く入った時間分あるいは遅れた時間分の分数(例えば決められた時間より3分早くチェックを受けてしまったら3分、決められた時間より5分遅れたら5分)をペナルティーとしてテスト区間の走行時間に加算されてしまいます。
その後のスタート時間もペナルティー時間に応じて変わってしまい、よりレースが複雑になるので何としても決められた時間にチェックを受けるように努力します。
BCRT_YZ250FX_JEC5.jpg
にも拘らず、やってしまいました。
自分のチェック時間を確認せずにいきなりチェックを受けてしまったのです。
マーシャルに「あら?1分早かったね?」と言われて、やっと自分が時間間違いを犯したことに気づきました。

せっかくこのまま行けば表彰台やったのにいきなり最下位まで転落。
テストが簡単になったので、上位はほとんど時間差は無く秒単位あるいはコンマ数秒での接戦だっただけに1分のペナルティは絶望的です。

帰ってきた本人は思いっきり落ち込んでました。
BCRT_YZ250FX_JEC6.jpg
雨も上がり、そしてレースも終了。

表彰式は20才以下の選手を表彰するアンダー20で表彰されたのですが、本人は恥ずかしくて商品取に行けませんでした。
すねていたら、午後からエリア戦に出場する友達の親が来て「貰える物はもらってこい!」と急き立てられ表彰が終わった後こっそり商品もらいに行ってきました。
なんだかんだで商品はお気に入りで機嫌は治りましたが、オンタイムレースの怖さを思い知らされた1戦でした。
BCRT_YZ250FX_JEC7.jpg
------------------------------------
うっかりミスで、本人的には納得のいかない結果だったのかな?
自らを律する大人になってきたのかも?
でも、すねちゃうあたり子供っぽさも?
最終的には笑顔でね!

我が息子にも見習って貰いたいところではありますが、人それぞれだからね。
私なんか、それこそだから。
だから、レースじゃなく練習でご一緒しましょう!
息子は息子同士、親父は親父同士で・・・


共通テーマ:バイク