So-net無料ブログ作成

Daiki目線/BOSS心理のウエストポイントカップ最終戦inオフビ [イベント&レース]

何時もならBOSS目線のウエポンカップとなるところなんですけど、今回(のヘルメットカメラ)はDaiki目線なのです。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_Daiki_KX250F_2.jpg
何故かって?
それはインターミディ90分もビギナー60分も、BOSSのヘルメットカメラが余りにもつまらないから。
しかも両方共に途中リタイヤ・・・情けなくて御免なさい。
って事でDaikiのヘルメットカメラを編集して、Daiの気持ちになって(レースが終わって話して)コメントを差し込んでみました。

そうなんです、スタートして数周以外は殆どがフリー走行なもんで・・・
走っているペースこそ違えども、BOSSのカメラも同じようなシーンばかりなもんで、90分も60分も編集は止めてしまいました。
参加台数なのか?ペースなのか?レベルなのか?コースなのか?理由は定かではありませんが、見栄えのするシーンってのが全くないんですよね。
自分のヘルメットカメラの動画を見て思ったんですけど、何よりも温度感走っている人のヤル気の差があるみたい。
速度や技術ではなく、終始緊張感を持って走っている人ならば、きっと思いは異なるんでしょうね。
自分の90分CRF150RⅡでも60分KLX110Lでも”行くぞ”って気合が感じられない。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_CRF150RⅡ_2.jpg
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_YZ250FX_2.jpg
何とはなしに雰囲気の差がありますよね、チーム内でも、この差です。
自ずと走りに精彩を欠き、様子見ながら轍に入って埋まって無理してクラッチ焼いてリタイヤです。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_KLX110L_2.jpg
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_KLX110L_2.jpg
KLX110Lですら漂う気迫が違います。
エンストばかりでキックしまくり、挙句足がつってパンパンで重くてステップまで上げられない。
結局マシンではなく自分が壊れてリタイヤです。
端から90分・60分ってペースを作ってしまっているんでしょうね・・・集中せねば!

傍から見ていれば撮っていればちがうのかな?
BCRTの面々も、大変だった割に何だかとっても楽しそうに笑顔でぶつくさ言ってました。
それって面白かったって事ですよね、きっと。
Uターンが多くて撮り回しに苦労したであろうフルサイズの面々、轍が深くて埋まってしまったミニモト勢、転んだりエンストしたり色々あったウエポンカップ最終戦。
身勝手な欲を言えば、モトビはともかくオフビは本コース90%で走りたかったかな・・・自分だけ?
この後、53歳の誕生日を迎えるBOSS。
来年も・・・来年は・・・来年こそは・・・
その前に年末年始の走り納めに走り初め、いっちょう気合を入れて走ってみますか!
って事で、参加出来る人は、是非是非一緒に今年1年を締めくくり、新たな年のスタートダッシュを決めましょう!


共通テーマ:バイク