So-net無料ブログ作成

そして今日Ninja 250/400 KRT Editionが揃って入荷 [インプレ]

引続いての「Ninja400」ネタとなります。
遊んでばかりいないで仕事もきっちりとこなさなくてはね(笑
って、笑っていてはいけませんよね。
はい、仕事モードで・・・

今日、「Ninja 250/400 KRT Edition 」が揃って入荷してまいりました。
2018 Ninja250&Ninja400 KRT Edition_1.jpg
個別にUPするならば、
Ninja 250 KRT Edition がこちら
ベースキャンプNinja 250 KRT Edition.jpg
そんでもってNinja 400 KRT Edition はこちらです。
ベースキャンプNinja 400 KRT Edition.jpg
フロントカウル/センター部分の250と400のロゴステッカーがなければ、どちらがどっちか分からない程瓜二つなモデルです。
全長に全幅そして軸間距離まで全く同じで、車両重量が1kg違うだけ(当然400の方が1kg重いだけ)なのです。
なのですが全高が5mm/シート高は10mm、250の方が高いのです。
何故ならリヤタイヤのサイズが違うから。
400が150/60R17M/Cであるのに対し、250は140/70-17M/Cなので、ほんの少しだけ高さが出てしまうんですよね。
タイヤの種類も400がラジアルなのに対し250はバイアスです。
2018 Ninja250&Ninja400 KRT Edition_2.jpg
当たり前の事ですが、勿論馬力も11馬力程400の方が上回っています。
細かく言えば、最高出力/最大トルクともに発生回転数が違いますし、圧縮比にしてもギア比にしても設定は異なります。
キャスターの角度やトレールだって、ほんの少しだけね。
2018 Ninja250&Ninja400 KRT Edition_3.jpg
序に言うならば、メーカー希望小売価格も7万程異なります。
新車登録の車検3年の諸費用を比べてみると、1000円少し400の方が上回ります。

購入時の差額と車検という手間と経費に毎年の税金も加味した上で、400ccが良いのか?250ccにするべきなのか?悩みどころなのかと思います。
車検代と税金に関して言えば、1年間の維持費の差は2万円程度なので(当社の場合)、然程気にするほどではないのかなとも思います。
となると益々持って考えちゃいますよね。

BCでは、前頁でも紹介したNinja400と旧型ではありますがNinja250を乗り比べて頂けますので、是非是非!
・・・なんでNinja250は新型の試乗車を用意しないの?
申し訳ない。
大型店(薄利多売店)って訳ではないので予算というものがあるのですよ。
それに発売して早々品薄状態、って言うか果たしてメーカー在庫は残っているのでしょうか?
即時検討にして即納が必至かも知れません。
かも知れないですよ、かもね。


共通テーマ:バイク