So-net無料ブログ作成

KLX110Lを遠心クラッチ化してみましたが [インプレ]

前頁で紹介したU.A.S.KawasakiのKLX110ショートモデルとか以前に国内販売されていたKLX110には、マニアルクラッチではなく自動遠心クラッチが装備されています。
現行モデルであるKLX110Lはマニアルクラッチ。

クラッチ操作が・・・
というところから敢えてマニアルクラッチを遠心クラッチに変更してみる事にしました。
KLX110にもKSR110にも共通で使えるマニアルクラッチキットは、多々アフターパーツとして販売されていますよね。
BCでも純正部品を流用した「マニアルクラッチキット」なるものを以前から用意しています。
(現在は構成部品を少し変更していますKLX110用KSR110用として)
KLX110&KSR110マニアツクラッチキットBC.jpg
なものですから、逆にマニアルクラッチを遠心クラッチに変更するのも容易だろうと思っていたのですが・・・思っていたほど簡単なものではありませんでした。
遠心クラッチをマニアルクラッチ化する際には問題にならなかったシフトチェンジが、逆は上手く作動しません。
チェンジドラムのカムが回転しないのです。
部品を交換してみたり戻してみたり試行錯誤して加工して、どうにか作動するに至りました。
遠心クラッチKLX110L.jpg
その後の耐久性耐/摩耗性/操作性、折り紙つきって訳ではありませんが・・・
実は確実性の高い方法もあるのですが、加工精度が要求されるので今のところ試してはおりません。
そもそもチェンジドラムそのものを、ボトムニュートラルのタイプに交換してしまえば何の問題もないと思いますが、その場合エンジン(腰下)を割らなければいけませんから・・・
費用もかかりますし、元に戻すのがまた同様となってしまいます。
遠心クラッチから初めて、車体の大きさ重さ取回しに慣れてきたところでマニアルクラッチに戻して、というのが狙いな訳ですから容易に戻せる事が重要となります。
KLX110L遠心クラッチ化.jpg
今回は新車から取外して保管しておいた部品を利用しましたので、ブラックのクラッチカバー(ちょっと高め)となりましたが、安価なシルバーでもPROのブラウンでも可です。
何れの場合に於きましても、「遠心クラッチ⇒マニアルクラッチ」よりも「マニアルクラッチ⇒遠心クラッチ」の方が手間と部品代がかかります。

今回はお話を頂いたからでありますし、サスペンション同様にBCでも試してみたいところでもありましたので工夫してみましたが、製品化というレベルではないかな?


共通テーマ:バイク

KLX110Lを更に子供入門用にKLX110スモール化してみました [インプレ]

KLX110Lって、本来キッズの入門用(遊び用)って位置付の筈なんですよね。
にも拘らずメーカーのHPでは「体重70kgまでの大人の方でも十分楽しめるパフォーマンスを装備」なんて堂々と紹介しちゃってるんですよ。
でもそれすら眉唾もんで、実際に大人が楽しく乗ろうとするとハンドルUPとかハイシートとかが必須となります。
BC KLX110L大人カスタム.jpg
果ては、70kgまで想定している筈のサスペンションですら底付きする始末なので、BCでは大人用として前後サスペンションの「ハードスプリング」まで開発しちゃってます(ちょっと宣伝)。
BC KLX110Lハードスプリング.jpg
等々、大人用のミニモトとして楽しく遊べるKLX110L(ベースモデル)ではありますが、本来の子供用としての役割を忘れてはいけません。
実際BCでは半々?やっぱりキッズが乗っている割合の方が多いかな。
ってことで、子供(入門)には硬過ぎて動かない特にリヤショックアボソーバ用に「ソフトスプリング」も用意しています。
KLX110L ソフトスプリング.jpg
なのですが、更に何とかならないのかな?って事で、前後サスペンションをショートタイプに交換した「KLX110ショートサスカスタム」なんてのを用意してみました。
KLX110ショートサスカスタム.jpg
U.S.A.Kawasakiで扱っているモデルにKLX110Lではなく「KLX110」というモデルがあります。
殆どKLX110Lと変わりないのですが、前後のサスペンションが短い(ストロークも)のと、ボトムニュートラルで遠心クラッチ付きのモデルの様です。
このKLX110の前後サスペンションをKLX110Lに移設したと言う訳です。
残念ながら、このU.S.A.KLX110の前後サスは、以前国内販売されていたKLX110とは異なる部品です(同じなら話は簡単なのですけどね)。
KLX110ショートサスペンション.jpg
一目瞭然だと思いますが、写真上がKLX110Lで写真下がKLX110となります。
フロントフォークを、左右別々に車体に取付けてみると更に一目瞭然。
KLX110L_KLX110.jpg
これ位違いがあると、CRF50F等からのステップアップとしては安心感がありますよね。
U.S.A.KLX110の遠心クラッチではなく、飽くまで国内販売KLX110L(カスタム)のマニアルクラッチですからクラッチ操作に慣れる事も可。
なのですが、部品代としてそれなりに高く付きますので、費用対効果としては如何なものかとも思います。
ショートサスから乗り始め成長して慣れてきたところで元に戻す、何て言うのはちょっと贅沢かも知れませんよね。
U.S.A.KLX110を国内モデルとして販売してくれれば・・・
何処かで輸入してさえいれば(にしても車体そのものが高いかも)・・・
今のところ、そう言う訳にも行きませんので試しに製作してみました。
なのですが、申し訳ないのですが、試乗車とか試作展示車とかを用意している訳でもありませんのでご了承を(ご要望があれば都度といった感じです)。


共通テーマ:バイク

そして今も走ってますよ! [プライベート]

等々皆さんそれぞれのGWが開け日常に・・・
その日常での休日[今でも走ってるんですか?]との問いかけに、はい今も走ってますよ。
ルートに変化がないので話題にもしなかったんですけど、相変わらず野山は気持ちいい!
野山?オフロード?
いやいやトレイルラン(ウォーク)で。
最近では距離も測ってないですが、こんな感じのルートです。
鎌倉トレイルラン2.jpg
例によって例の如く、「高野住宅→六国見山→今泉住宅→大平山→天園」まで。
いつもだと、天園からは獅子舞や瑞泉寺へと抜けるルートを走る事が多いいのですけど、この日は横浜栄区方面へ。
鎌倉トレイルラン1.jpg
鎌倉は上り下りに岩場がちょいちょいあって変化に富んでいるんですけど、栄区に入ると傾斜は殆どなく緩やかでとても走り易いです。
ただ、何て言うのかなー、風の通り道がないんですよね。
基本尾根沿いなので常に一定の風は吹いているんですけど、風は見えないんですよ。
そこいくと鎌倉は展望が開けた場所って事ではなく、ところどころに風の通り道が・・・
そう、視界が遮られているからこそ風が見えるんですね(?気持ちいいー

「天園→市境広場→円海山→(関谷奥見晴台→大丸山)→いっしんどう広場手前→瀬上池」
途中に見晴しの良い場所があるんですけど、素通りして瀬上池へと向かいます。
いっしんどう広場まで行くとアスファルトになっちゃうんで、その少し手前を下っていきます。
このルートが素直で且つ一番山道が多いんじゃないかな?

山の中でも鳥の声とか台湾リスの声は聞こえてきますし、季節毎の虫の声(音)に樹木や風の音も耳にしますけど、立ち止まって耳を澄ます程でもないので「瀬上池」で改めて鳥の声等耳にして・・・
川に目を移すと、アブラハヤがちょろちょろと泳いでいて変わらぬ景色にほっとします(今回は釣りはしませんでしたけど)。

そうそう、あと少しで甘酸っぱさが味わえますよ。
鎌倉トレイルラン3.jpg
さてさてここからが、自分としてはしんどいところ。
一般道(歩道)を走るのは好きじゃないんで、出来るだけ「いたち川」に沿って走ります。
途中途中で一般道が混ざっても然して気にはならないんですけど、ここからずーーーっととなると正直気が重いかも。
なので、このルートは滅多に走らないんですけど、今回は別の目的がありまして。
栄スポーツセンターへ寄っていくつもりなのですよ。
ちゃーんと室内シューズも背負ってきてますからね。
栄スポーツセンターで300円払ってウエイトトレーニング。
当たり前ですけど、ここまで走ってきているのでランニングマシンとかではなく上半身(腹筋とか胸・腕廻り)の運動を軽くこなします。
そんでもって、ここからは一般道(歩道)をのんびり走って帰ります。
後半に土の上が走れると良いんですけど致し方なし。

って感じで、徐々に日常に追い付いてきました。
ここから、また一歩!


共通テーマ:バイク

GWにBCの面々は:数名でモトビ/偶然オフビで・・・ [・・に誘われて気の向くままに]

GWネタは、これでラストにしますね。
もう数週経ってますからね(笑

と言う事でラストはBOSS自身のネタを少しだけ。
GW初日のWEX GAIAをバックレて以来、数日何もする事もなく日々家でのんびりだらり。
後半になって息子も学校が休みになり[何処か走りに行こうよ]と、極々身近な数名だけに声をかけモトビへ走りに行ってきました。
150xc.jpg
先日UPしたブログネタで150XC-W(150XC)がありましたが、次なる150XC希望の”Ig”さんも、マイバイク250EXC-Fと比較するという目論見もあって参加しました。
250exc-f.jpg
しましたが[自分には2ストは無理]という結果に・・・なかなかお嫁に行かないかも。
私も250EXC-Fを乗らせて貰いましたが、運動性そしてサスが余りにも違い過ぎるかな?
yz250fx.jpg
YZ250FXさんは・・・カッコ良いじゃん!
本人の充実度も然ることながら、撮ってる私の腕が良い(笑
kx250f.jpg
KX250Fさんは・・・いつ本気モードになるのか?さっぱりタイミングがつかめないので必然写真も今一歩。
予め、この週ねって言って欲しいかも(笑
yz125.jpg
そして息子のYZ125・・・???そりゃそうだ。
まあ前後の写真を見て下されば・・・転ぶ寸前って訳じゃないですよ(笑
そして私150XC・・・何時のの如く何時も以上に殆ど走る事無く・・・何しに来たんだって感じ(笑

Google:GW2017.5.3モトビ

翌4日は、親子兄弟で[オフビに来ました]の書き込みがLINEに・・・
yama.jpg

折角のGWだから俺らもオフビに行くか!
・・・と、誰に告げる事もなく、翌日親子でオフビへと。
オフビyz125.jpg
午前中は混走で午後からクラス分け。
そりゃ上級は摩訶不思議なバイクの動き、ラジコンみたい。
故に中級を走るのですが、奥の3連?後少しリヤが下り斜面に届かないかな。
それでも無理する事無く徐々にタイミングを計っているみたい。
等々していると、あれ?あれれれれ?2日連続ですか!
yz250fxkei.jpg
yz125tomo.jpg
YZ250FXとYZ125の兄弟が・・・RM125のオヤジさんも勿論同行していましたが写真は載せる程でもないかな(笑
と思っていたら、あれ?あれれれれ?何処かで見たYZ250Fにその走り方。
オフビyz250f.jpg
我が息子にご教授願いたいところなのですが、マシンの調子が今一歩みたいで残念。
dai_yz125.jpg
最近よく目にするこの場面。
本人なりに色々諸々研究しているみたいですね。
結局私は、初級クラスをチョイチョイとだけ走ってこの日も無事終了。
午前中から合計しても僅か30分程度の走行なのですが、気持ち負けも確かになんですがオフビじゃ膝がもたない。
尤も上手く走れれば問題ないのかも知れませんけどね(笑

そうそう、偶然会った兄弟がやはり150XCを狙っているんですよ(実はKTM好き)。
乗り続けるべきか?もう一度サスをリバルビングするべきか?買い変えちゃうか?
自らの技量とモチベーション(お財布も)次第なのですが、何れも下降気味・・・
が、しかし、私がやらねば!(誰も見てないだろうけどね)

Google:GW2017.5.5オフビ


共通テーマ:バイク

GWにBCの面々は:G-MAX150 LCで・・・ [・・に誘われて気の向くままに]

そしてHUSABERG FE390で日野カンを走ってきたかと思ったら、JNCCにエントリーしたりと大忙しの”Tb”さん。
GWもFE390で・・・と思っていたら、どっこいG-MAX150 LCの登場と相成りました。
その状態で座れるの?ってくらい荷物満載にしてLet's Go!
-------------------------------------
g-max150lc1.jpg
g-max150lc2.jpg
[流石の遊び上手!!]
[G-MAX150も、こんだけ乗っれ貰えればバイク冥利に尽きるかな]
[にしても、何とも清々しい美しい景色じゃありませんか、時間の流れがゆったりとしていそう]
g-max150lc3.jpg
今日は駒ケ根市でベースキャンプ
[ですよね、そうなんですよ、BASE CAMPな訳ですよ(お気遣いに感謝)ww]
[LINEの写真が保存期間終了の為読み込めませんって、そうなの?で写真はないですが]
楽しいキャンプの夜に指にトゲ!
キャンプには針一本が必需品になりました。
[あまい!携帯極小ソーイングセットにバンドエイドにテグスにテーピングに圧縮ミニタオルは必須です・・・勿論アーミーナイスはキーホルダーに付いてるし、如何なる時も持ち歩いていますよー]
g-max150lc4.jpg
[一転、駒ケ岳!]
山は5℃で、ちょうど良いです。
[ちょっと表現しづらい遊びをしてきたみたいですが、ほどほどにね]
-------------------------------------
時を同じくして、処変わって、BCの面々があちこちに出没。
この時期の日本って、処によって季節が少しづつ異なるんですよね。
肌を撫でる風も日差しも、眼に映る色も、聞こえてくる音も、香りも、空気でさえ違いが分かる様な気がします。
そんな趣を皆の足跡から感じる事が出来て、居ながらにしてラッキー!って感じ。
本当は自ら出かけて行きたいところですが、何分にも身体は一つなもんで、心だけでも飛ばしてみますね。


共通テーマ:バイク