So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ
前の5件 | -

そして今日Ninja 250/400 KRT Editionが揃って入荷 [インプレ]

引続いての「Ninja400」ネタとなります。
遊んでばかりいないで仕事もきっちりとこなさなくてはね(笑
って、笑っていてはいけませんよね。
はい、仕事モードで・・・

今日、「Ninja 250/400 KRT Edition 」が揃って入荷してまいりました。
2018 Ninja250&Ninja400 KRT Edition_1.jpg
個別にUPするならば、
Ninja 250 KRT Edition がこちら
ベースキャンプNinja 250 KRT Edition.jpg
そんでもってNinja 400 KRT Edition はこちらです。
ベースキャンプNinja 400 KRT Edition.jpg
フロントカウル/センター部分の250と400のロゴステッカーがなければ、どちらがどっちか分からない程瓜二つなモデルです。
全長に全幅そして軸間距離まで全く同じで、車両重量が1kg違うだけ(当然400の方が1kg重いだけ)なのです。
なのですが全高が5mm/シート高は10mm、250の方が高いのです。
何故ならリヤタイヤのサイズが違うから。
400が150/60R17M/Cであるのに対し、250は140/70-17M/Cなので、ほんの少しだけ高さが出てしまうんですよね。
タイヤの種類も400がラジアルなのに対し250はバイアスです。
2018 Ninja250&Ninja400 KRT Edition_2.jpg
当たり前の事ですが、勿論馬力も11馬力程400の方が上回っています。
細かく言えば、最高出力/最大トルクともに発生回転数が違いますし、圧縮比にしてもギア比にしても設定は異なります。
キャスターの角度やトレールだって、ほんの少しだけね。
2018 Ninja250&Ninja400 KRT Edition_3.jpg
序に言うならば、メーカー希望小売価格も7万程異なります。
新車登録の車検3年の諸費用を比べてみると、1000円少し400の方が上回ります。

購入時の差額と車検という手間と経費に毎年の税金も加味した上で、400ccが良いのか?250ccにするべきなのか?悩みどころなのかと思います。
車検代と税金に関して言えば、1年間の維持費の差は2万円程度なので(当社の場合)、然程気にするほどではないのかなとも思います。
となると益々持って考えちゃいますよね。

BCでは、前頁でも紹介したNinja400と旧型ではありますがNinja250を乗り比べて頂けますので、是非是非!
・・・なんでNinja250は新型の試乗車を用意しないの?
申し訳ない。
大型店(薄利多売店)って訳ではないので予算というものがあるのですよ。
それに発売して早々品薄状態、って言うか果たしてメーカー在庫は残っているのでしょうか?
即時検討にして即納が必至かも知れません。
かも知れないですよ、かもね。


共通テーマ:バイク

一方BOSSはNew Ninja400’18試乗車でツーリング [インプレ]

林道ツーリングに触発されて?対抗して?
ない訳ではないですが、お仕事兼というのが本音のところ。
そりゃそうですよね。
試乗車を用意したのですから。
一新した2018年モデルの「Ninja400」です。
BASECAMP_'18Ninja400.jpg
月曜定休にも拘らず、午前中いっぱいは仕事仕事で大忙し。
一息ついて、陽射しがあるうちに軽ーーーく近所を流しに行ってきました。
早めのインプレが肝ですからね(笑
と言う事で触り程度のインプレを・・・

事前の情報として(カワサキさんからの説明としても)分かっていた事なんですけど、押しても引いても勿論乗っても軽いのなんの。
2017年モデルの車両重量が211kgであったのに対し、2018年モデルは何と167kgしかないのですよ。
全長×全幅×全高にしても軸間距離のしてもコンパクトに設計されているので、軽いだけではなく軽やかなのです。
かと思うと、最高出力に最大トルクは逆に少しだけですけど上回っているのです。
新しい排気ガス規制をクリアーしたモデルであるのも拘わらず。
慣らし運転を始めたばかりなので、まだまだ未知数な部分は多いですが[良いんじゃないの]って感じです。
BASECAMP_'18Ninja400_2018.2.20_1.jpg
BASECAMP_'18Ninja400_2018.2.20_2.jpg
シート高も2cmほど低くなっていますし、シートそのものがスリムなので、足つき性はグッと良くなったんではないでしょうか・・・ステップの位置も邪魔になりませんしね。
そして前年モデルよりも2018年モデルの方が”良いな”と思う点としては、クラッチ(レバー操作)が圧倒的に軽いと言う事です。
正直言って軽過ぎて気持ち悪いほどです(笑
序に言えば、クラッチペダルの操作性も格段に向上していると思います。
機構を変えてきているので当たり前かもしれませんが、2017年以前モデルの操作性が気に入らなかった私としては納得の(端からそうしろって位)の出来栄えです。
ここまではGOOD!!
ちょっと楽しくなりそうです。
BASECAMP_'18Ninja400_2018.2.20_3.jpg
ですが良い事ばかりではありません。
開発コンセプトを変えてきているので当然なのですが、2017年モデルまでの「ゆったり,のんびり,安心安全ツーリング」って印象はなくなってしまいましたね。
この辺りは賛否って事なのかと思いますが、個人的には”賛”に一票入れておきます。
その上で、個人的に”否”の部分を敢えて口にするならば・・・
ここまで軽量コンパクトなんだから、フロントカウル部分を小さくして欲しかったかな。
Ninjaシリーズとしてのフォルム継承なのかも知れませんけど、うーーーーーん?
ミラーの視認性が良いのは認めますが、はっきり言って邪魔くさい。
個人的に交換必至な部品です。
更に言うならば、シートがなんとも?
前方向は良いとして、後ろ部分の大きさなのか?厚さなのか?角度なのか?突然切り取られたような印象を受けます。
序に言えば、相変わらずのステップ位置。
右側の足位置によってはサイレンサーガードに踵が当って違和感が・・・

ちょっと用事があって数十キロしか走っていないので、今後のインプレに期待して下さいね。
ではでは後日また


共通テーマ:バイク

林道ブームよりも、この一枚 [・・に誘われて気の向くままに]


bcrt4.jpg今が旬のBCRT LINEへの投稿は、この二人による林道ネタがもっぱらです。
定期的にあげられるので、見ているだけでも季節の移り変わりを感じます。
景色だけではなく2人の内面の変化、充実具合も見てとれますね。
bcrt2.jpg
自分達が林道に嵌っていたのは今から20年も昔の話でしょうか?
BCRTがBCRTと言う名ですらなかった時代です。
残っているのは今や私一人・・・
いや、もう一人復活してきました。
しかも最新モデルではなく、当時の自らのマシンを再び。
キックできるのか心配ですけどね(笑
bcrt1.jpg
ちょっとばかし触発されて、公道走行可能なオフロードモデルを用意しようか検討中。
でも、乗ってる暇がないんだよね。

林道・ツーリング・ドライブ・散歩・・・
各々の楽しみ方があるでしょうけど、乗り物や手段ではなく気持ちのゆとり,気付ける心,立ち止まれる間、位は持ちたいものです。
林道ツーリング(アタック)ネタの数日前にタイムラインにあげられた一枚です。
BCRT春.jpg
ただただ素直に美々しいと思います。


共通テーマ:バイク

何処かに走りに行きたいな~YZ125X談 [インプレ]

はい、BCRT LINEへの書き込み
ChibiNori[明日、何処かに走りに行きたいな~]に注目です。
2018.2.12_BCRT_YZ125X.jpg
確かにね。
所謂中級Bクラスは混雑必至の走行台数でしたけど、それでもCクラスはないよね。
50/65のキッズ達にミニバイクの大人が数名。
速度はともかく、見た目の大きさが違和感です。
って、速度だってそうですよね。
子供達に配慮して遠慮しているのは尤もですけど、上手に抜いてペースをつかまなければ慣らし運転にすらなりません。
まるで、数年前に戻ってしまったかのような錯覚が・・・
2018.2.12_BCRT_YZ125X_2.jpg
前回のEnjoy OFFROAD走行会では、BOSSのYZ125だってKX250FだってYZ250FXだって楽しそうに乗ってたじゃない。
転んで傷を付けたくない何て思ってないで、Bクラスに混ざる勇気がない何て言っていないで、言いだしっぺの今日なんだからガッツ入れて走ってきなさい。

そうそう、その感じ!
その気になれば、ちゃんと走れるじゃん。
って言うか、そんだけ走れるなら朝からBクラスで走りなさいっての。
でもそうなると、私は必然的にAクラスとなる訳か・・・それはそれで難しいかも?
MXとEDの違いこそあれ同じYZ125、各々のビジョンを持って楽しみながら日々精進。
こりゃ、負けてらんないな!

Google:2018-02-12 モトビ


共通テーマ:バイク

BCRTメンバーと2週連続でオフビ&モトビ通い [プライベート]

2月の第一日曜定休は、BCRTの皆とオフロードビレッジへ走りに行ってきました。
折角の休みに籠っていたのでは勿体ない。
それに今年は、若がえり&カッコ良くをテーマにしていますからね(笑
BOSS=YZ125,Dai=KX250F,Ab=KX250F,Sn=YZ250F,Kei=YZ250FXというメンバーです。
この日のオフビは[ジャンプが届かないまでも跳ぼうと言う意識のある人=Bクラス]と言う放送だったので、大手を振ってBクラスを走る事に。
スタート直後のテーブルと折り返してのステップアップは届くものの、奥の3連の一発目が届かない。
って言うかチャレンジする勇気が出ない。
・・・・・・・・・・等々、相変わらずのオフビでしたが今年はもう一歩前へ!!
写真を撮って貰っていたのですが、残念な内容でしたので削除してしまいました。

翌週の月曜祝日はモトクロスビレッジへ。
正直、心身ともにお疲れ気味のBOSSは休みのつもりでした。
息子は走りたいって言ってましたけど、2週連続で走るのって・・・何より2週連続で洗車するのが面倒でBC LINEも既読バックレ。
ChibiNori[明日、何処かに走りに行きたいな~]
ですよね。
付き合うしかないですよね。
それが定めと言うものです。
BOSS[行くかも?行こうかな?多分行きます!]
その後2名でモトビらしいので、BOSS=YZ125,Dai=KX250F,ChibiNori=YZ125X,Ts=YZ250FX都合4名がモトビに集合。
2018.2.12_BCRT.jpg
そう、オフビもモトビもA/B/Cの3クラス分け。
この日のモトビBクラスは台数が多く、しかもツインショックも混ざってレベルがまちまち。
本来Bクラスの私も、致し方なくAクラスに混ざって走る事に。
2018.2.12_BCRT_Daiki_KX250F.jpg
Daiはまあいいやな。
上位陣とまではいかないものの違和感はなし。
2018.2.12_BCRT_YZ250FX.jpg
Tsも問題なしかな。
何だかんだ言って気合入ってるしね。

写真がなーーーい。
誰も撮ってくれなーーーい。
いいんだもん、どうせカッコ悪いんだからさ。
Aクラスの最後尾とは言え、それなりに集中して走ったんだけどな・・・
そう、この日の最後、見知らぬ速い人達に混ざっての5台で走行。
Daiが珍しく[参考にしたいから動画撮って]と真面目に走るらしく、脇役ではありますが私もちらほらと写り込んでいるのです(笑

途中でバックレて解説に(笑
それでも、どうにかこうにか混ざっては知れている自分・・・今年は出来る限り画面に収まれるよう気合入れて走りまっせ。
なんて、途中2度も池ポチャしそうになったんだけどね(笑

Google:2018-02-12 モトビ

んん?ここまで3台?
そう、言いだしっぺのChibiNoriさんがいないじゃありませんか。
2018.2.12_BCRT_YZ125X.jpg
BC HPとの兼ね合いもあって、単独で次頁にUPしますね。


共通テーマ:バイク
前の5件 | -
2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ