So-net無料ブログ作成
イベント&レース ブログトップ
前の5件 | -

Enjoy OFFROAD モトクロスビレッジ貸切練習走行会:募集開始します! [イベント&レース]

今年も早いもんで、残すところ2ヶ月となりました。
プライベートでも仕事でも、本当に色々な事があって何かと考えさせられ事の多い2017年。
今年、出来た事出来なかった事。
来年、出来そうな事出来なさそうな事。
されど一歩また一歩・・・立ち止まれども後ずさることなく前へ!

締めくくりって訳ではないですが、
来月11月18日(土)開催の「Enjoy OFFROAD モトクロスビレッジ貸切練習走行会」で、今年ご一緒する機会の少なかった皆さんと、多いに集い共に汗して楽しく走れればと思っています。
参加者募集開始します!!!
来年の活動の指針ともなりますので、是非ご参加くださいます様宜しくお願い致します。
EnjoyOFFROAD.png
走行料金は「大人6,000円/中学生以下の子供4,000円」となります。
加えてスポーツ安全保健への加入「大人1,850円/中学生以下の子供800円」を必須とさせて頂きます。
今年4月以降にEnjoy OFFROAD若しくはCIRCUIT参加に於いて加入して下さった方は、今回加入の必要はありません。
スポーツ安全保健は、加入月より直近3月末までが有効期間となります。
賛否あるかとは思いますが、ご了承のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

個人的な近況として、
正直、年齢(だけではないでしょうが)というものに追い付かれ追い越されそうになっています。
体力はもとより精神面でのヘタレ具合に拍車がかかってきました。
人と比べて速い遅い・上手い下手ではなく、飽くまで己自身に於いてです。
それでもEnjoy OFFROADでは自らを騙してでも・・・そうEnjoyしたいと思っています。
キッズ&ミニモトクラスでは、KLX110Lで、
boss_jncc_klx110l_4.jpg
初級クラスでは・・・遊んでないで仕事しろって感じですか。
じゃあミドルクラスには・・・KLX125改がお役御免となりましたので、急遽”ヤンデ”のCRF150RⅡを借りて(本人は残念ながら参加出来ないでしょうから)お相手仕ります。
なんちゃってEXクラスには、息子のお下がりYZ125で、
bcrt_boss_yz125.jpg
現時点での私ではターゲットどころかパイロンとなるやも知れませんが、せめて動くパイロンとしてご一緒するつもりでおります。

ワイワイガヤガヤ楽しく一緒に走りましょう!


共通テーマ:バイク

2017 JNCC R7 シーサイドバレーKIDS & TRYクラスに無理を承知でKLX1110Lで [イベント&レース]

息子の愛機はKX250F。
私の愛機はKLX110L(今回は)
bcrt_klx110l_kx250f.jpg
そう、今回は息子のお下がりYZ125でFUNクラスではなく(前頁の修行って事で&ビビって)、KLX110LでKIDS & TRYクラスにエントリー。
先日のウエポンカップに引き続き、
前日のブログ:「2017.9.3 ウエストポイントカップ60inモトビforBCユーザー(久々のKLX110L)
KLX110L(大人のミニモト)に脚光再びって宣伝を兼ねてね。
[BCRTのミニモト軍団&KLX110Lオーナーさん達見てますか?]

そう、2014年にWEX90分で息子の引率しながらシーサイドバレーは走っているのです。
過去ブログ:「2014WEXシーサイドバレー親子で走る90分
コースをある程度走っているが故に、無謀とも思えるKLX110Lでのエントリー。
でも、KIDS & TRYクラスのコース設定は難易度も低く全長も短いので何とかなるでしょう。
無理っぽいところは、バイクを降りて押して引っ張って越えれば良いし。
順位なんてのは二の次、完走が目標なのです。
・・・ひとつだけ、BCRTのChibiNoriさんとの身内バトルには勝利したいかな。
bcrt_freeride250r2.jpg
動画を見れば一目瞭然なのですけど、全く持って歯が立ちませんでした。
何も賭けてなくて良かった(笑

って感じでした。
普通に考えれば決して難しいとは言えないコースなんですけど、KLX110Lにとってはコース全てが難しい。
特にガレ場って程ではないにしろ石ころが多いと、タイヤをとられてパワーを食われてすったもんだ。
それでもバランスとって登りはどうにかなるのです。
boss_jncc_klx110l_2.jpg
boss_jncc_klx110l_1.jpg
難しいと言うか怖かったのが下り全般。
少しの凸凹でもスリッピーな路面でも接地感がまるでなし。
動画にも綴っていますが、クローズド(ジャンプの着地用)ハードスプリングが全く持って逆効果。
タイヤの空気圧を落とすと、リム打ちでパンクしそうなので1.0までしか下げれませんしね。
その上、前後のドラムブレーキは役立たず。
おまけにスロットルバルブが全開固定になってしまいました。
エアクリーナーが剥き出しなもので、雨は勿論湿気があっても張り付いてしまうのです。
ジェッティングも濃過ぎたかも知れませんし、油面も下げれば良かったかな?
原因はともかく、下りでスロットル全開固定は流石に怖くてたまりません。
クラッチ切ったりスロットル開けたり閉じたり、何とか工夫しながら走ります。
それでも”すってんころりん”転がって痛タタタ。
はい、ツーリングと言うか止まる様な速度でゆっくりゆっくり下ります(泣

如何、こらじゃあ宣伝にならない。
スタート前のアピールから
boss_jncc_klx110l_3.jpg
レース中、走りながらのパフォーマンス(って程ではないですが)
boss_jncc_klx110l_4.jpg
最低限の仕事をこなし、あとは楽しく走るのみ。
でもね、悔しくない訳でもないんですよ。
自分の不甲斐なさに苛立ちます。
次回はリベンジ!
・・・結果ではなく楽しむ姿勢を=もっとファンキーに=それでこそKLX110L(ミニモト)なのだから。
一緒に走る人には予め御免なさい邪魔者で、と言っておきますのでご了承を。


共通テーマ:バイク

2017 JNCC R7 シーサイドバレーFUNクラスにKX250Fで初参加 [イベント&レース]

2018年モデルのKX250F、乗っている方を多く見かける様な気がします。
主にクローズドコースでなんですけどJNCCではどうかな?
ED仕様(特別なものではなく良くあるパターンですけど)なんてのもショップで制作発売されているようなので、ぼちぼちオープンEDにも顔を出してくるのかな?
何て言っておきながら、BCでエントリーした’18 KX250Fはノーマル状態。
マップ(カプラー)の付け替えもせずサスのセッティングもそのままで、初のJNCC FUN-Cクラスにも拘わらず修行って事で・・・本格的にと言うか本気でと言うのかその気で走るなら、18インチRホイールとかギヤ比やらローターやらって考えないでもないですが・・・ハンドガードすらペラペラのままですからね。
しかもタイヤの空気圧、チームメイトに騙されて(意図的ではないんですけど(笑)0.9だって。
ま、仲間(皆さん何かあったらよろしくね)と共に無理せず楽しく走ってきなさい。
daiki_kx250f2.jpg
私が’18 KX250Fに乗ってエントリーしているのならファンライドながらもインプレするところなんですけど、息子なもんでそれもなし。
なので親バカ目線のインプレって事でご了承を。
そう、今回は私にとっても修行なのです。
50とか65とかの時代はともかく、KX85Ⅱから数年間は如何なるレースでも引率しながら一緒に走ってきました。
実際に手を差し伸べる事は少なかったものの、振り向けばそこにいるって感じで。
ですが私よりも速くなってしまった今、実質的な私の意味はなく精神的な支えのみ。
それすらも今回を機に、互い(既に私のみかも?)に卒業しようという目論見なのです。
逆に一緒に出ようって言われても・・・ビビリー私は出なくて良かったが本音ですね。
だって、これですもん。
daiki_kx250f3.jpg
bcrt4.jpg
とてもじゃないけど、こんな中には混ざれません。
って事で、今回の私はKIDS & TRYクラスにKLX110Lでエントリー(次頁)
終わって直ぐカメラを持って撮影に・・・あーしんどい。
せめてベストショットが撮れるよう期待しましょう。
daiki_kx250f4.jpg
1周目が終わって2週目に突入、気合入ってる?
daiki_kx250f5.jpg
良い感じで走れてるんじゃないの?
daiki_kx250f6.jpg
そうでもないかな?
お疲れぎみみたいね。
daiki_kx250f1.jpg
ところどころでは集中しているみたいだけど、全体的には流してる感じかな。

知る由もない本人の気持ちの浮き沈み、コース状況に廻りのライダーの温度感。
ヘルメットカメラを編集して初めて分かる事も・・・

1周目で3回も転んでいたとは・・・
シーサイドバレーは今から3年前、中1の時にKX85ⅡでWEX90分に出ているものの、
過去ブログ:「2014WEXシーサイドバレー親子で走る90分
JNCCのFUNクラスは参加台数もモチベーションも別物ですからね。
緊張感も一塩だった事でしょう。
って言うか、本人曰く[途中から一人旅で集中できないし面白くない]との事。
そうねー初めの1~2周は混雑必至だし、逆にその後はペースが落ち着いて端からその気の人以外は同一周回を同ペースで走っているから基本孤独ではあるわな。
その中で如何にモチベーションを維持するかってのも、長丁場EDならではなのかも知れないもんね。
私もそうですけどツーリングになっちゃうんだよね。
[おまけにサスは硬いはタイヤは硬いはバイクは重いは]だって。
サスは修行って意味もあったけど正直言うと面倒臭かったから・・・
タイヤは実は横で聞き耳立てていたけど敢えて助言はしなかった(私ではなく共にエントリーしている仲間と何でも相談しなさいって)言っておいたから・・・
重さは50/65/85/125と2ストだったんだから、初の4スト250に慣れるしかない。
そして最後に一言[もうEDは出ない]って言ってたけど、バイク自体乗れる機会が少ないんだし何事にもチャレンジするのは無駄じゃないから機会があれば・・・な。

君の愛機はKX250F。
私の愛機はKLX110L(今回は)
bcrt_klx110l_kx250f.jpg
どっちが親で子何だか?
同じクラスで走る事は少なくなるかも知れないけれど、それでもBCRTの仲間と一緒に笑い泣き悔しく楽しく走っていこう!
あと何年かな???


共通テーマ:バイク

2017 JNCC第7戦それぞれのシーサイドバレー糸魚川 [イベント&レース]

JNCC R7 シーサイドバレーお疲れ様でした。
久しぶりに、BCRT面子がそこそこに揃ったレースでしたね。
どんなレースでもイベントでも顔ぶれが集うと楽しいですよね、レース内容はさておき(笑
尤も私は、一番後に集合してお先に失礼させて頂きましたけど・・・御免なさーい。
bcrt1.jpg
第4駐車場に集合したのが(写真には写ってないですけど)、COMPクラスの250EXC-FにFUNクラスのKX250F,KX250F,YZ250FXとKIDS & TRYクラスのFREERIDE250R,KLX110Lの6台。
???FUNクラスのYZ250FXとYZ125は・・・
bcrt2.jpg
第2駐車場でスタンバッテいたのでした。
何故?
そう、前日の下見走行練習に参加していたからなのです。
bcrt3.jpg
偉いと言うか凄い!
真面目なのか本気なのか?
JNCCのコース設定は未知数故に下見は必須なのか?
当日のレース前アナウンスでも[下見していない人いますか?]って言っていた位ですからね。
深夜3時過ぎに現地入れしている私には考えられない事ですけど。
尤も、ちょっとしたEDでもクローズドでも下見した事無いんですけどね、基本ぶっつけ本番(笑
まあ、2014年のWEX90分走った事があるので何とかなるでしょう?
そんな私BOSS=KLX110Lと共にKIDS & TRYクラスを走るのは、BCRTの宣伝部長Chibi Nori=FREERIDE250R(JNCCの常連組?)さんです。
bcrt_freeride250r.jpg
事前の会話では[負けないよ!]なんて話し合っていたのですけど、全く持って歯が立ちませんでした。
走る度に成長を続けているらしいChibiNoriさん。
正直侮っていましたけど侮るなかれ。
bcrt_freeride250r2.jpg
登りでも下りでも離されるばかりなり。
ヘルメットカメラを見るに、転倒して再スタートするまで相当の時間を要していたみたいですけど、それでも追い付かれ追い抜かれ立場なし。
このままの勢いを継続して更に切磋琢磨して、TRYクラスを卒業しちゃいましょう!
今年?来年?再来年?
(別頁でKLX110Lの宣伝を・・・)
You Tube(Chibi Nori):2017 9 24 JNCC R7 シーサイドバレー KIDS&TRY

そうTRYクラスを卒業すると、次なるクラスはFUNクラス。
と言ってもA/B/C/Dと4クラス編成なので当然の如くDクラスからですね。
この5名ですらFUN-Cクラスなんですから。
bcrt4.jpg
何処の誰で5名なの?
FUNクラス総勢220数台、その内FUN-Cだけでも90数台参加している訳ですから、そりゃもー大変な混雑ぶり。
実は私もYZ125で出ようかなー何て少し考えていたのですけど、出なくて良かった。
私の穴ぼこだらけのハートでは無理無理。
何時もは身近な存在の筈のこの人達って・・・凄いと思います!
daiki_kx250f1.jpg
確かに私では既に追い縋る事さえ出いないですけど、息子の事じゃなくてね(笑
(’18 KX250Fは次頁で・・・)
bcrt_kx250f1.jpg
練習走行じゃないですよ(笑
レース途中でカメラに手を振るこの余裕・・・って言うか飽くまでもマイペースなのね。
でも、やるときゃやります!
bcrt_kx250f2.jpg
エンデューロ経験は殆どないスプリンターなのですけど(その昔ね)、KX250Fのセッティングもクローズドそのままで特に苦にする様子もなく、転倒する事もなく無事完走。
慣れてくれば順位も上がってくるんじゃないのって思わないでもないですけど、本人曰く[次はないかな]だって。
まあまあ、そう言わないで機会があれば一緒に走りましょう(私は違うクラスですけどね)。

一方この人はこの人で何かのレースに出た後は[もうレースはいいかな、フリー走行だけで]が口癖なんですけど、そこそこに気合の入った走りを見せていましたよ。
bcrt_yx250f1.jpg
MXからEDマシンのYZ250FXに乗り換えてJNCCもたまに出て、年齢を感じながらも未だ現役?
転倒数回,マシン損傷,擦り傷作って無地完走。
転んでなければ結果もそこそこだったんじゃないかな?
bcrt_yx250f2.jpg
集中している時の走りは私では到底及ばないですし・・・まあ速さと巧みさを要するJNCCですから連戦する位じゃないと難しいでしょうけどね。
って3人が6〇〇ゼッケン連番の通り、実際でも終始付かず離れず抜いて抜かれてのBARTファンライド組。
私も混ざりたいような混ざりたくない様な・・・混ざる事がこの後あるのか?混ざらなきゃなー
って3人とは、4〇〇って数字が離れているこの2人。
bcrt_yz250f&yz125_1.jpg
前日入りして下見して、準備万端のYZ125とYZ250FXでFUNクラスに挑みます。
お父さんも私と一緒に、TRYクラスに出れば良かったのに。
でもそうなると、お財布事情がね・・・
え?[どうせ出るならTRYじゃなくて親子揃ってFUNクラス]おおー流石(無謀とも言いますけどね)。
そんな思いを飲み込んで、兄弟の専属スタッフになった甲斐があったのでは・・・
bcrt_yz250f&yz125_2.jpg
一周目、仲良く2人して良い順位で帰ってきましたし、その後もペースを上げて走り続けて、FUN-Cクラスの上から数えた方が早い順位で無事フィニッシュ!
bcrt_yz250f&yz125_3.jpg
bcrt_yz250f&yz125_4.jpg
何て言うのかなー
若い(高校2年)ってだけではなく、ED慣れしてるってのみでなく、気力と言うのか目線と言うのか?BCRTの中でも意識レベルがファンライド組とは異なるようです。
そりゃ上手くも速くもなる訳だ!
JNCCにWEXにJEC、MFJまで視野に入れ目下成長著しい2人なのです。
[TRYクラスじゃなくて一緒に走れば良いじゃないですか]なんて言われもしましたけれど、仮にエントリーしたとしても一緒に走っているとは言えないかな(笑

等々のTRYクラスとFUNクラスの写真を撮って、実は朝から誰かさんのチューブ交換までして、私の給油具まで用意して片づけて、大忙しのBCスタッフ。
既にお疲れぎみかも知れませんけど、いよいよ自分の番がやってきました。
COMPクラスに一人250EXC-Fでチャレンジです。
最前列もゲットしたし、そのままの勢いでポイント目指してレッツゴー!
bcrt_250exc-f1.jpg
の筈だったんですけど・・・
一周目にして転倒、お尻をしこたま強打したらしく我慢の展開。
フロントはあっち向いちゃってるは、ステダンは妙なところで効いてしまうは、すったもんだの一周目。
その後バイクは修正したものの、お尻の痛さは増すばかり。
bcrt_250exc-f2.jpg
もしかして痛くて座れないのかな?
ラスト30分を残し無念のりタイヤ。
うーーーん今年は完走率低いようで、来年のゼッケンは貰えそうもないですね。
さり気なーく上達していると思うんですけど、結果がなかなか付いてこない。
来年は心機一転ニューマシンに替えちゃいますか!?

さーて、今年も残すところ僅かとなってまいりました。
予定しているレースはJNCCにウエポンカップ位かな?
11月にはEnjoy OFFROADモトクロスビレッジ走行会もありますから、尻すぼみにならないよう皆で集い共に楽しく走りましょう。

Google(Chibi Nori):2017.9.24 JNCC シーサイドバレー

Google(BCRT):2017.9.24 JNCCシーサイドバレー糸魚川

この後、動画の編集が出来次第、BOSS=KLX110Lそして’18 KX250F(Dai)をアップしていきますので暫時お待ち下さいね。


共通テーマ:バイク

2017.9.3 ウエストポイントカップ60inモトビforBCユーザー(久々のKLX110L) [イベント&レース]

前頁の「ウエストポイントカップ90inモトビforBCRT」では特に問題なさそうに思えますが、60分クラスとなると話は別。
ちょっとばかし難易度の高そうなコース部分がショートカットされてはいるものの、基本ビギナークラスなのでグチャ泥コースに悪戦苦闘。
グチャ泥と言ってもウッドチップが多く含まれているので、チュルチュルではなくザクザクって感じ。
それでも右に行ったり左へ行ったり真っすぐ走ってくれません。
本来のモトビコース部分は何て事ないどころかベストコンディションなのですけど、特設部分がね。
だからこそ練習になるって、言えなくもないんですけど。

そんなコースコンディションでBCユーザーのKX100さんは、
kx100_1.jpg
実は一緒に走るのは今回が初めてだったんですけど、イケてる感じかな?
kx100_2.jpg
轍部分も難なくクリアー
kx100_3.jpg
なのかな?と思って追走してみると(KLX110Lだと、この場所が走り易くて)
kx100_4.jpg
泥爆弾を浴びてしまいました(笑
KX85よりは100の方がトルクがある筈なんですけど、それでも2ストには難しかったですかね。
新品マディー用タイヤに変えてきた方が楽だったかな?
でも、そのタイヤは次のレース「クロスパーク勝沼」にとっておきましょう。
きっと、今回の経験が生きてくると思いますよ。

かたや、ホイールサイズは同じでも4ストのCRF150RⅡさんは、
crf150r_1.jpg
カメラに向けて挨拶する余裕が・・・
crf150r_2.jpg
随分とバイク(レース)慣れしてきているのか、様になってきているようですね。
流石はJNCCライダー(と言ってもTRYクラスですが)といったところでしょうか。
crf150r_3.jpg
って訳でもないかな?
苦あれば楽あり、全部ひっくるめてレース後の笑顔が物語っていますよね。
お互い良い年ですから、無理せず少し前を目指して楽しみましょう。

その良い年の私は、久しぶり(半年ぶり)のKLX110Lで不安を抱きつつスタート。
愛機であったKLX125がお役御免となりましたし、YZ125で90分はビビってエントリー出来ませんでしたから、KLX110Lで60分・・・60分ってビギナークラスじゃないの?
ビギナーとは言えないかもですけど、110Lだから多目に見てやって下さい。
それに、最近すっかり鳴りを潜めてしまっている感があるKLX110Lに再び脚光を・・・楽しく走れますよってブログネタの意味を踏まえてね(笑
boss_klx110l_1.jpg
ちょっとばかしヤル気で(って言うか偶然)先頭でスタートしたものの、次から次へと抜かれまくり。
boss_klx110l_2.jpg
boss_klx110l_3.jpg
頑張れKLX110L!(じゃなくて自分自身ねw)
にしても窮屈。
ブレーキは利かないし・・・でも楽しい!
boss_klx110l_6.jpg
仲間の声援が背中を押してくれるけど(笑われてる?)、途中で足がつってきて痛タタタ。
動くパイロンさながら迷惑をかけつつ、ドタバタしながら走ります。
boss_klx110l_7.jpg
当然この後抜かれます(笑
路面も大分乾いてきて轍もどうにかこうにか走れるようになってきたけど、開けてる割には進まない?
boss_klx110l_4.jpg
boss_klx110l_5.jpg
そりゃそうだ!
フレーム&エンジン&ステップetc地面に接してる訳ですからね。
その分足がついて安心って言えるかも(逆に足が地面に当たって走り難いかも)。
boss_klx110l_8.jpg
それでも途中休憩する事もなく(仲間は絶対戻ってくると思っていたらしい)リタイヤする事もなく無事チェッカー。
中途半端な速度でご迷惑おかけしました。
でも走っている本人は大真面目だし楽しんでいます。
見ていた人がどう思っていたかは分からないけど、少しはKLX110Lの宣伝になったかな?
本音で本当に面白いんですから!

年間全国で20数台しか売れてないらしいKLX110L。
それ故に2017年モデルがメーカーに余っていて2018年モデルの販売はなし。
ですが遊び心満点のKLX110Lだと思うので、キッズは勿論大人のミニモトとしても表舞台で走って貰いたいものですね。
次回のウエポンカップinオフビでは、BC KLX110Lミニモト軍団が揃うと楽しいだろうなー
(モトビは良いけどオフビは難しいかな)
その前に・・・
今月24日開催「JNCCシーサイドバレー糸魚川」のTRYクラスにエントリーしているので、再び宣伝活動に励んできます。
逆効果にならなきゃ良いけどね(笑

Google:2017.9.3 ウエストポイントカップinモトビ


共通テーマ:バイク
前の5件 | - イベント&レース ブログトップ