So-net無料ブログ作成
イベント&レース ブログトップ
前の5件 | -

Daiki目線/BOSS心理のウエストポイントカップ最終戦inオフビ [イベント&レース]

何時もならBOSS目線のウエポンカップとなるところなんですけど、今回(のヘルメットカメラ)はDaiki目線なのです。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_Daiki_KX250F_2.jpg
何故かって?
それはインターミディ90分もビギナー60分も、BOSSのヘルメットカメラが余りにもつまらないから。
しかも両方共に途中リタイヤ・・・情けなくて御免なさい。
って事でDaikiのヘルメットカメラを編集して、Daiの気持ちになって(レースが終わって話して)コメントを差し込んでみました。

そうなんです、スタートして数周以外は殆どがフリー走行なもんで・・・
走っているペースこそ違えども、BOSSのカメラも同じようなシーンばかりなもんで、90分も60分も編集は止めてしまいました。
参加台数なのか?ペースなのか?レベルなのか?コースなのか?理由は定かではありませんが、見栄えのするシーンってのが全くないんですよね。
自分のヘルメットカメラの動画を見て思ったんですけど、何よりも温度感走っている人のヤル気の差があるみたい。
速度や技術ではなく、終始緊張感を持って走っている人ならば、きっと思いは異なるんでしょうね。
自分の90分CRF150RⅡでも60分KLX110Lでも”行くぞ”って気合が感じられない。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_CRF150RⅡ_2.jpg
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_YZ250FX_2.jpg
何とはなしに雰囲気の差がありますよね、チーム内でも、この差です。
自ずと走りに精彩を欠き、様子見ながら轍に入って埋まって無理してクラッチ焼いてリタイヤです。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_KLX110L_2.jpg
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_KLX110L_2.jpg
KLX110Lですら漂う気迫が違います。
エンストばかりでキックしまくり、挙句足がつってパンパンで重くてステップまで上げられない。
結局マシンではなく自分が壊れてリタイヤです。
端から90分・60分ってペースを作ってしまっているんでしょうね・・・集中せねば!

傍から見ていれば撮っていればちがうのかな?
BCRTの面々も、大変だった割に何だかとっても楽しそうに笑顔でぶつくさ言ってました。
それって面白かったって事ですよね、きっと。
Uターンが多くて撮り回しに苦労したであろうフルサイズの面々、轍が深くて埋まってしまったミニモト勢、転んだりエンストしたり色々あったウエポンカップ最終戦。
身勝手な欲を言えば、モトビはともかくオフビは本コース90%で走りたかったかな・・・自分だけ?
この後、53歳の誕生日を迎えるBOSS。
来年も・・・来年は・・・来年こそは・・・
その前に年末年始の走り納めに走り初め、いっちょう気合を入れて走ってみますか!
って事で、参加出来る人は、是非是非一緒に今年1年を締めくくり、新たな年のスタートダッシュを決めましょう!


共通テーマ:バイク

2017年最後のレースはウエストポイントカップinオフビ [イベント&レース]

今年も残すところ一ヶ月、そりゃ日増しに寒くなる訳だ。
そんな寒い寒い12月の第一日曜定休早朝、BASE CAMP RTメンバーがオフロードビレッジに勢揃い(って程集まった訳ではないんですけどね)。
それでも一同に会してのレースなんて久しぶり。
来年へ向け、今年の良い締め括りになりそうです。
モトビでのウエストポイントカップは、メインコースを殆ど使わない特設グニグニレイアウトなんですけど、最終戦のみのオフビのコースレイアウトは如何に?

レイアウトやレース内容は動画の編集が出来たら掲載するとして、まずはBCRT+BCユーザーのご紹介から始めましょうか。
(興味ないって、ご尤も)
興味はないでしょうけど、勝手に進行していきます(笑
一発目はインターミディ90分と90分2ヒートの混走レース。
その中でインターミディ90分にエントリーしたのがBCRTから8名。

YZ125ではなくEnjoy OFFROAD走行会から急遽乗り始めた(BCユーザーさんから無期限でお預かりした)CRF150RⅡでエントリーのBOSS。
YZ125だと途中給油するのが面倒なのと、ビギナー60分とのダブルエントリーだというのと、まだ足が痛いって理由で楽しようかなと思って(KX250FとKLX110Lと3台積むのも面倒だし)。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_CRF150RⅡ.jpg
BOSSとくれば当然息子のDaikiもKX250Fでエントリー。
尤も只今試験中につき、本来であれば逆に必然この場にはいない筈・・・レースが終わったら即行帰って勉強しなさい(間違っても転んでけがなどしないように)。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_Daiki_KX250F.jpg
DaiのKX250Fとは年式が違えども、珍しくっていうか初めてデカール張ってイメージ一新のKX250Fでエントリーする”Ab”さんは気合十分。
ではなく、遅刻気味で集合するはスロースターターなのは相変わらずなのね(笑
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_KX250F.jpg
YZ125とYZ250FXを駆る高校生の息子2人は、試験中(Daiの1年先輩)なので残念ながら不参加でしたが、その分親父が85SXでエンジョイします。
車に息子の2台が積みっぱなしだから、流石にRM125と3台積みは難しかったのかな?それとも85SXで楽したかったから?
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_85SX.jpg
オープンエリアにクローズド両刀遣いの”Ts”さんはYZ250FXで疾駆します。
BCで勢力拡大中のYAMAHA勢、モデルとしても一番多いYZ250FXなのですけど、そのレジェンドとなるか?(更に一台来年には増えますから頑張って!)
毎度[もうレースはいいや]が口癖なのに走ると気合入っちゃうのね(笑
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_YZ250FX.jpg
そのYAMAHA勢の一角を担うYZ250Fの”Sn”さん。
御免なさーい、走行中の写真が何故かない。
・・・撮ろうと思った時には既にピットにいたからかな?(それは私も同じなんですけどね)
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_YZ250F.jpg
当時一大勢力だったHONDA勢なんですけど、150を除き少数派となってしまったCRF250Rで参加の”Wn”さん。
同じくCRF250Rの息子(大学生)さんは試験中、何時も応援して下さる奥さんは仕事中、一人で寂しいかも知れませんけど仲間が大勢いるから気合を入れて・・・ってキレキレの走りで心配する事なかったですね。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_CRF250R.jpg
そして90分2ヒートを孤軍奮闘するのはBCスタッフの”Iiz”。
クローズドはKX250Fでオープンでは250EXC-Fをと使い分ける器用さと、安定感を増した走りが売りではあるんですけど、KX250Fだとエンストしちゃうんだよね(笑
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_スタッフ_KX250F.jpg

というメンバーに加え、ビギナー60分にエントリーしたのは都合5台。
板についてきた感のあるCRF150RⅡで参加したBCユーザーさん。
前回のモトビでは先に行かせて頂きましたが、今回オフビでは追い付く事すら出来ませんでした・・・ちょっと悔しいかも。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_CRF150R.jpg
そして何と250EXC-Fで自走で参加のBCユーザーさん。
Enjoy OFFROAD走行会もそうですが、毎度その体力気力には脱帽します。
何より走っている姿が楽しそう。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_250EXC-F.jpg
そんでもってBCRTミニモト軍団からは、この2人。
今回何だか妙に乗れてたんじゃないんですか”Gt”さん?
それはマイマシンのKLX110Lフルカスタムじゃなく、借り物ちょいカスタムの110Lだったから?
何て言い訳せずに素直に初黒星(多分)完敗です。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_KLX110L1.jpg
そして何時もマイペースの”Im”さん、実は内に秘めたる熱いハートの持ち主なのでは?
だってマイペースの筈なのに後ろについて離れない、どころか抜かれちゃいました。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_KLX110L2.jpg
そしてインターミディ90分とのダブルエントリーのBOSS。
90分はCRFのクラッチ焼けて途中リタイヤでしたから体力は有り余っていた筈なんですけど、集合前にKLX110Lのエンジン掛からず走り始めてエンストしきり、キックの連発で足がパンパン重くて重くて60分もリタイヤしました(情けない)。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_KLX110L.jpg

個人的にはストレスの溜まったウエポンカップでしたけど、皆は楽しく走れていたみたい。
何よりもこの場に皆で集えた事が楽しかった!
フルメンバーが揃えばもっともっと楽しい筈だから、来年は是非!

Google:2017.12.3 ウエストポイントカップinオフビ

ひとつ御免なさい。
表彰でBASE CAMP RTの名が幾度か呼ばれていたらしいのですが、90分2ヒートの”Iiz”を一人置き去りにして皆早々に帰宅してしまいました。
Daiの事は[試験中につきお先に失礼させて頂きます]と予めお断りしておいたのですが、伝わっていなかったかな?
本当申し訳ございませんでした。
知っていれば残っていたんですけどね(表彰に興味がないって事実はありますけど)。
楽しく走れれば、それだけで充分満足なものですから。

後程、来年のEnjoy OFFROADモトクロスビレッジ走行会の日程を予約するので誤っておかなくては・・・怒られちゃうかな?


共通テーマ:バイク

Enjoy OFFROADに参加して下さっているTeam SOF.さんの動画 [イベント&レース]

毎回欠かさずEnjoy OFFROADモトビ走行会に参加して下さっている「Team SOF.」さんの動画がUPされましたので、ちゃっかりブログに掲載させて頂きます。
と言うか、確認しましたところ既にメールを頂いていたようなのですが、私が迷惑メールと一緒に削除してしまったようで・・・御免なさい。

参加クラスはミドルクラス。
ある意味Team SOF.さんクラスと言えるかも?
一般のレースには殆ど参加せず、コースやオープンフィールドを楽しく駆け回って遊んでいる皆さんです。
故にモトビを走るのはEnjoy OFFROAD走行会のみ。
今年は6月が開催出来ませんでしたので、3月以来となりますね。
-----------------------------------
待ちに待った8ヶ月ぶりのEnjoyOffroadでしたが、前日の天気予報では雨。とりあえず現地入りして様子見かな。などと仲間内で話しての参加でした。 当日は雨雲が川越を避けてくれるという嬉しい誤算。 雨は降らない。 適度に湿気があったモトビのコンディションはグッド。 テンションも上がってみんなで楽しく走れる。 午前の模擬レースもいい展開で非常に楽しく最高。 素晴らしい一日だなぁ、なんて思ってました。
-----------------------------------

参加している各々のヘルメットカメラと固定カメラの動画を、分割編集してあります。
凝ってはいるんですけど視線が定まらないかも(笑

なかでも私(BOSS)をロックオンしているKTM 150XC-Wさん。
ちょっと古めの125SXから、今年150XC-Wに乗り換えやる気満々!
買い変えたのが4月なので、一緒に走る(戦う)のは今回が初。
果たして戦力増強となったのか?

私も今回はKLX125ではなく(お役御免で販売してしまいましたので)、BCユーザー所有(今後は半永久的にBCで管理)のCRF150RⅡでお相手仕りました。
果たして結果や如何に?
って、動画で結果は明らかでしたね・・・負けちゃいました。
今回のEnjoy OFFROAD走行会の既掲載ブログを読んで下さっている人には、何故か分かりますよね(負け惜しみですけど)。

そして午後、

今回は初級クラスと言うのが参加者のレベル(マシン)的に成立せず、ミドルクラスを2クラスに分けて台数を調整してみました。
尤も、技術や速度と言う観点からではなく”ヤル気”レベルでのクラス分け。
ある意味リスクマネージメントと言ってもいいかも?
特にライバル関係にある私にとっては集中力を要するクラスなので・・・
-----------------------------------
が、しかし、 EnjoyOffroad一日の締めくくり、最後の模擬レースでのこと。 レース前にBOSSがわざわざボク等のテントに来て「走るぞ。」と宣言。負傷した左足首をテーピングで固めて、痛み止めを飲んで、なにやらヤル気の様子。 午前の借りを返す気なのでしょう。 いいでしょう。受けて立ちます。 そしてスタートラインに並び、ヨーイ、ドン! とりあえず前に出たのでこのまま行くぜ、と思ったのもつかの間。ひとつのミスで簡単にパスされ、追いつこうと焦ってインに入っては立ち上がりでリヤ流れるミス連発。 後ろから撮影してくれてるDai君にも気を遣わせちゃって申し訳ない。トホホ。 結果、終始テールしか見えず完敗。 悔しい。。。
-----------------------------------

そう!集中力を増して臨んだ結果。
集中力を増さざる得ない理由もあったんですけどね(笑
-----------------------------------
楽しい一日の最後で悔しい思いをさせられ、敗北を噛み締めながらの片付け。 くぅぅぅ。 次回への課題はインの立ち上がりだ。 とは言うもののEnjoyOffroadは雰囲気良くて毎回必ず楽しいです。帰り道での夕飯の時、ウチのメンバー皆んなニコニコでした。
-----------------------------------
さてさて来年からは暫くCRF150RⅡが相手となりますよ。
乗り手が私なもんで、もしかしたらコーナーリング速度はKLX125より遅いかも?
ですがそこはそこ、市販車とMXの差がありますので(あるから難しいのですが)、加速力は圧倒的に上回っています。
扱う事が出来れば、更に手強い相手となる事でしょう。
ですが今月53歳となるBOSS。
去年より今年、今年より来年、下がりっぱなし・・・否、何処かで何かで上げてみせます。
そう、貴方達がいるからこそ、まだまだ萎える訳にはいきません。
BOSSの若さの秘訣、それは皆と遊ぶ事(切磋琢磨して走る事)。
ですので、是非来年も宜しくお願い致します。

そうは言っても、そろそろ厳しくなってきたので”参った”と言わせて下さいね(笑


共通テーマ:バイク

Enjoy OFFROADキッズ&ミニモトクラスでBOSS転倒 [イベント&レース]

Enjoy OFFROAD走行会のキッズ&ミニモトクラスにKLX110Lで参加していた、BCRTメンバーから動画が届きましたので編集してYou Tubeにアップしておきました。
もともとは個別LINEで[BOSSの転倒シーンが”Ii”君のヘルメットカメラに写ってましたよ]って書き込みからなんですけど。
[見せて見せてー]
[これUPして良いかな]
[勿論OK!]
って流れで
何故か自分のヘルメットカメラには写ってなかったんですよね。
その寸前までで切れてました。
ちょっとばかし楽しみにしていたんですけどね(笑

自分が撮られている動画何て、殆ど見る事がないので参考に・・・
スタートから一周目・・・うーーーん、まだまだですね。
もっとファンキーにエンジョイせねば。
そして転倒シーン・・・もう少し接近していたら良い映だったかも?
なんて、迷惑千万ですよね・・・はい、反省してます。
然して腕もない癖して良い映を撮ろうとしているから転んじゃうんですよね。
カメラでは分かり難いですが、転倒して私の上にKLX110Lが圧し掛かってきていたのです。
下からだと意外に重い110L。

一緒に走っていた皆が心配して手助けしてくれました。
面目ない、有難うございます。
そしてDaiがとことこ(笑いながら)寄ってきて、壊れたヘルメットの部品を手に(また笑い)。
何でも、スタッフや見ていた面子は皆[大丈夫だろう]と笑っていたそうな・・・
心配してくれても罰は当たらない場面だと思うんだけどな・・・
本人よりも傍から見ていた皆の方が、状況を冷静に判断していたんでしょうけどね。

全体の流れとしては、前頁に同じなので省略します。
このブログを書いている今、面倒だったので病院には行かずシップとサポーターで療養中。
当たり前ですが、翌日も普通にお仕事。
順調に怪我の具合が良くなれば、12月3日のウエポンカップに出るつもりです。
KLX110Lミニモト軍団の皆と60分に、そして他面子とYZ125で90分にダブルエントリー。
まあ、テーピングしてサポーター巻いて痛み止め飲めば何とかなるでしょう。
皆の都合はどうですか?


共通テーマ:バイク

BOSS目線のEnjoy OFFROAD走行会 [イベント&レース]

BCスタッフとしてのBOSS/個人としてのBOSS、客観と言うより主観としてのEnjoy OFFROAD走行会とは・・・飽くまでもBOSS目線でおおくりします。

今年のBOSS(私)は、様々な外的要因と自らを起因として今一歩が不足していたように思います。
精神的なプレッシャーがあったかも知れませんし、肉体的な衰えもあった事でしょう。
故に、今回のEnjoy OFFROAD走行会に賭けていたものがあります。
そこに持ってきての週間天気予報、ピンポイントで雨!
真面目ですか(半泣
にも拘らず、多くの人達が走行会への参加申込をして下さいました。
天気も然ることながら、ここで盛り上がらなくては来年への影響必至といったろころでしたので、本当に皆さんに感謝しております。
諸事情により残念ながら参加出来なかった方々とも事前のお話、有難うございます。

・・・と、畏まった口調はこのBlogらしからぬ面もありますので、何時ものBOSSで・・・
蓋を開けてみれば(現地入りしてみれば)雨なんて降ってないじゃありませんか。
急遽用事で来られなかった数名を除き、天気予報で尻込みした人は一人も見受けられません。
よーし!気合入れて寒さなんか何処へやら朝からハイテンションで始めましょう。

まずはEnjoy OFFROADならではの「キッズ&ミニモトクラス」から。
2017.11.18enjoyoffroad_boss_klx110l.jpg
先日のウエポンカップそしてJNCCシーサイドバレーと、KLX110LでエントリーしたBOSSは走る気満々です。
親子参加の人達とミニモト軍団の皆さん、もっともっと多くの人達が集えるよう楽しく走っている姿をお見せしようじゃありませんか(勿論、配慮は忘れずにね)。

ところがどっこい、はしゃぎ過ぎて模擬レースで大転倒。
擦り傷に打ち身、おまけに左足首を捻挫してしまったみたい(1.25倍の太さになっている)。
動き易いようにイベントの際はミニモトブーツを着用するのが常なのですが、ちゃーんとMXブーツを履きましょうね(反省
然るに午後の模擬レースは息子Daiへバトンタッチ宜しくな。
2017.11.18enjoyoffroad_daiki_klx110l.jpg

その状態で怯むことなく「初級クラス」を、今度はCRF150RⅡに跨って参加します。
2017.11.18enjoyoffroad_boss_crf150r1.jpg
この日は結局雨も振らず散水もなく、安心して見ていられる人達が殆どでしたので、”押す”事がなかったので助かりました。

なんですけど、初心者の皆さん初めてとかも大歓迎なので、クローズドモデルばかりではなく市販車の方々にも安心して参加して頂きたいなと思います。

そして徐々に左足首の痛みが増す中「ミドルクラス」のスタートです。
このクラスに毎度参加して下さる軍団さんがおりまして、私(BOSS)をターゲットロックオンしている面々がおられるので休む訳にはまいりません。
2017.11.18enjoyoffroad_boss_crf150r2.jpg
ね、追ってきてるでしょ!
今まではKLX125BCカスタムでお相手仕ってまいりましたが、お役御免(販売終了)につきCRF150RⅡで務めさせて頂きます。
余談ですが、このCRFはBCユーザーであり個人的な幼馴染でもある彼から、急遽お預かりしてき車両です(同い年が故の体調不良・・・復帰まで整備して乗ってますからね)。

足が痛くてシフトチェンジが儘ならず、途中で意気消沈してしまいました。
って言うか負け惜しみで言うならば、その後が危なそうで追っていたらリスクが高そうなので撮影班に転身しました。
端からそのつもりでもありましたけどね・・・だって誰も写らなかったら面白くないですもんね。

それでも、自ら気していた「なんちゃってEXクラス」を走らない事には始まらない。
そう、年齢と共に窄んで行く自分と戦う為に、今年一年の自分を受け入れる為に、来年への一歩となるのか?停滞?退くのか?BCスタッフとしてBOSS個人としてのトライです。
2017.11.18enjoyoffroad_boss_yz125.jpg
息子Daiのお下がりにして、マイバイクとなったYZ125と仲良くなる為にも踏ん張りどころ。

うーーーん、体調万全で挑みたかった。
例え万全であっても、もはや遅れざる得ない状況であったかも知れませんが、それでも足掻いてみたかった
(そこそこイケてたかな?なんてね)。

そして午後。
[今日はもう走らない]と決めていたのですが(実際キッズ&ミニモトクラスも初級クラスも走らなかったですし)、ミドルクラスのお相手位は努めなければ・・・
私と同じく午前中に転倒して首を痛めた息子Daiが、模擬レースには参加せずYZ125で撮影班に廻ると言ってくれたので・・・
これまた余談ですが、転倒してヘルメットカメラを破損させたので私とヘルメットを取り替えてます。
2017.11.18enjoyoffroad_daiki_yz125.jpg
ヨーッシ!シップを貼ってテーピングして痛み止め飲んで、いざ出陣!
シフトチャンジは出来そうもないので3速ホールドで走ります。
クラッチ握ってエンジン始動/3速で半クラスタート/ブレーキにクラッチとスロットルワークのみで「ミドルクラス」を疾駆します。
撮影の必要もないので気兼ねなく・・・
意外とイケるんじゃないの?って言うか仕事&操作が単純になった分返って乗り易いかも?
※数日中に、多分私を追走する軍団より悔しいレポートが上がってくるんじゃないかな?

そのままの勢いをかって「なんちゃってEXクラス」にもエントリー。
ちょっと意図してフライングでスタートしたんですけど、スタート準備どころかエンジン掛かってない人もいたんですね(笑
すいません笑っちゃいけませんでした・・・責任問題はなしね。

等々、BCとしてBCスタッフとしてBOSS個人として復活の兆しの見えた何とも楽しい一日となりました。
それぞれのクラスで、皆さんにも楽しく走って頂けたんではないかと思います。
そう願っておりますし、そうなるよう尚一層励んでいきたいと思っています。
来年のEnjoy CIRCUIT走行会の開催は、未定と言いますか活動休止となると思います。
一方Enjoy OFFROAD走行会は、今年同様の年3回開催を予定しています。
BCそしてもBOSSとしても色々な事があった本年ですが、来月53歳となるBOSSは復活どころか更なる飛躍を志日々精進。
何処まで何時まで、自らを騙せるか彩らせるか化けさせるか期待していて下さいね。
来年も何卒宜しくお願い致します。


共通テーマ:バイク
前の5件 | - イベント&レース ブログトップ