So-net無料ブログ作成
検索選択
プライベート ブログトップ
前の5件 | -

富津で走っている筈が三浦で釣りになっちゃいました [プライベート]

息子の高校受験も無事終了し一安心。
息子自身も一安心[さあーバイク乗るぞー]。
でも残念、11日のEnjoy OFFROADには入学する高校の事前登校日なので参加出来ません。
[じゃあ、いつ乗れるの?]
連ちゃんになるので気乗りしなかったんですけど、第一日曜定休(昨日)に走りに行こうか。
って事で、BCスタッフとBCRTメンバーと4人で急遽「富津SSランド」に行く事に。
エアクリつけてガス入れてハイエースに積んで家に戻ると、息子は既に就寝???
熱出して寝込んでるって・・・真面か!
12時を廻っているので気が引けましたが、SNS(電話)とLINEで連絡[御免なさい]。

行かないのかな?と思っていた2人は走りに行っていたようです。
image.jpg
[二人でひっそりと練習してます…。最高のコンディションですよー!でももう帰ろっかな~。]
だって、店のメールじゃなくてLINEに送ってよ(ガラケーなんだっけ)。
2人には申し訳なかったですが、今週末の走行会で影練の成果を拝見させて頂くとしましょう。

一方私は、ただでさえ息子に付き合うつもりだったので一人乗る訳もなく、逆に一人のんびりと釣りにでも行こうかなと。
目覚ましで起きたもののバイクか?釣りか?悩んだ挙句、バイク積みっぱのハイエースに釣り道具を乗せて三浦方面へと向かいました。
途中「三浦国際市民マラソン」に参加する多くの人達と擦違いました。
そうなんだよねー今日だったよねー。
陸上部である息子はスプリント組なのを言い訳に、結局一度も参加する事がなかったマラソンです。
本来は参加すべきだったのか?実はこの日も同(現)中学の後輩が参加しているのです。
3年生引退組の子供同士のやり取りでは、[応援行く?][俺はバイク乗るから]なんて会話があったらしいのですが聞かぬふり。
実は私も参加しようか考えたりしているんですよね。
公道だと膝が痛くて走れそうにないので今のところは躊躇していますが・・・
等々を尻目に、故に通行止めになる前に剣崎灯台へと向かいます。
ウエーダー持ってこなかったので、地続きの磯で差をを出す事に。
1.jpg
途中トンビの接近があった他は特に何事もない7時間。
2.jpg
休憩せずに朝から何も食べずにお茶だけ飲んで竿を出し続けましたが、メジナの姿を目にする事はありませんでした残念。
釣果はウミタナゴ7にベラが2、初めのうちはメジナ狙ってたんで他は直ぐリリースしてましたが、途中から諦めムードでブログ写真用にバッカンに(勿論生のあるうちにリリースしましたよ豆に水変えてね)。
3.jpg

何かと選択肢の多い第一日曜定休の筈なんですけど・・・
息子と二人三浦国際市民マラソンを走る
息子と二人バイクに乗る
息子と二人釣りに行く
息子と二人の文字を外して行動しないと先が思いやられる、自分の事ね(笑
一人なら鎌倉のトレイルランって手もあったんですけど、土日祭日は控えておいた方がいいでしょうしね。
結局一人のんびり竿をだしていました。
実を言うと、もう一つ選択肢があったのです。
自らエントリーするには躊躇われますが、BCRTのA軍団が「ENJOY200」に参加していたのです。
応援に行こうかなとも思っていたのですが”息子と二人”の呪縛に囚われて(笑

そのBCRT”A軍団”は、どうだったのかな?

今年初BCRTがモトビに集合 [プライベート]

1月に走り初めに行ったのですが、3人だけだったし正味30分しか走っていなかったので、昨日のモトビがBCRTの走り初めとなりました。
全員参加とはなりませんでしたが10名程のメンバーが色とりどりのマシンで集い、今年の幸先好調といったところ。
しかも遅刻者0人!
午後から雨予報でしたから、それもその筈なんですけど、それでも珍しい。
1.jpg
3.jpg
今回は勢力拡大中のYAMAHAが4台/KTM3台/Kasawaki2台/SUZUKI1台の10台です。
Kawasakiミニモト軍団とHONDA勢が欠席ですね。
予定が合わなかった面子や怪我をしてリハビリ中の人も、3月11日のEnjoy OFFROADモトクロスビレッジ走行会では是非顔を揃えて欲しいものです。
楽しみに待ってますよ!
2.jpg
YAMAHA勢の一角を担うDaiは、高校入学決定祝いって事で真新しいフル装備で参加です。
残念ながら来月のEnjoy OFFROAD走行会は、高校の事前登校日なので参加出来ません。
4.jpg
5.jpg
そのDaiと1年先輩であるKei君の元気の良い事。
私以外のBCRT大人達がどう思っているのか本音のところは分かりかねますが、はっきり言って私自身は諦めました。
何を?
抜かさせないどころか追い縋る事を・です。
一昨年そして昨年と連続で怪我をして、それでも[まだまだー]と言う気持ちがあったのですが、それが仇となってリズムを崩して絶不調。
負のスパイラルに嵌ってしまいました。
でも、何て事はない。
自らの現状を理解し一段下げたところで落ち着いて走れば、それなりに楽しく走れるじゃありませんか。
そこに到達するのに1年の月日が掛かってしまいましたけどね。
12.jpg
イケてる写真がなかったので(被写体が悪いもんで)雰囲気だけ。
昨年末に出来る範囲でと思いなおして楽しくなって、昨日はある意味絶好調。
決して速くはないですけど自分なりにEnjoy OFFROAD!ここから再スタートです。
私と同じく息子の影からも遠ざかるKei君のお父さんは、この日は来れなかった双子のTomo君のYZ125を借りて参上。
8.jpg
お互いに無理せず走りましょう。

そして、何時もマイペースのこの人達はと言うと・・・
10.jpg
7.jpg
遅刻をする事もなく途中休憩する事もなく、普段なら休み休み走っているのに延々20分のクラス分け時間を走り続けていました。
3週しては停まってまた3週って私とは大違い、こりゃうかうかしてられません。

一方、今年のJNCCキッズ&トライクラスが土曜日開催(決定ではなくお試しで)となって微妙な心持のこの人なのですが、それでも真ん中のクラスを自らに活を入れて走ります。
9.jpg
決してクローズド向きとは言えないFREERIDE250Rなのですが、最後に借りて乗ったところジャンプとフープス以外なら然して問題もなく走れるようなので、開けられるところで開けるよう意識しながら走りましょうね。
尤も、そこそこの速さになるとブレーキが効かないので少しばっかり戸惑います。
そうそう折角装備しているのだからステダンもうちょい効かせましょう。
たぶん乗り易くなると思いますよ。

さてさて、我が息子のDaiを幼稚園の頃から見知って一緒に遊んで下さっている面々は、Daiを他の子供達を如何様な心持で捉えているのか?
私のように諦めてしまっている訳ではなさそうな・・・
11.jpg
6.jpg
13.jpg
所謂スーパーキッズって事ではない子供達なので、まだまだ越えられない壁としてあって欲しいところですよね(他力本願で御免なさい)。
ここにHONDA勢2名が加わっての大人vs子供バトル。
3月の走行会では実現しませんが、その後の6月ないし11月の何れかでBCRT内最速決定戦とまいりましょう(飽くまでもBCRT内ね)。
私はと言うと、そのバトルには参加しないので、せめてミドルクラスで存在意義を維持すべく踏み止まってみたいと思っています。

Googleアルバム:2016.2.5 BCRTモトビに集合

数日後に「Enjoy OFFROADモトクロスビレッジ貸切走行会」の参加者を募集開始させて頂きますので、どうか皆さん奮ってご参加の程宜しくお願い致します。
今年は例年に戻って3月6月11月の年3回開催となりますのでね。


深夜に小田原までランニング(後半は引き摺りながら) [プライベート]

年末年始は何かと忙しくトレイルランをする暇も無く・・・
バイクで走ったり釣りに行ったり遊んではいたんですけど・・・
[何とかなるだろう]って、深夜に小田原まで走りに行く事としました。
以前昼間に自転車で小田原まで行った時は、思いの外楽しかったもんですから。
尤も、帰りは膝が痛くて自転車に乗ったり押しながら走ったりでしたけどね。

仕事が終わって夕飯食べて一休みして、夜の11時過ぎにスタート。
寒いのなんの!
走るから大丈夫だろうと、もこもこ冬支度ではなくランニングウェア(何時もより重ね着しましたけど)で走りはじめましたけど、いやはや思ってた以上に寒い。
念の為上着を一枚背負ってはいますけど、少し走るとまあ何とか。
鎌倉から藤沢を抜け134号(海沿い)を目指しますが、15km位走った辺りで足が痛くなってきちゃいました。
持病の膝ではなく、足の裏とか脛とか脹脛とか膝の裏とか腿の付け根とか(殆ど全部)。
久しぶりに走るって事もあるでしょうし、アスファルト(公道)用のシューズじゃないって事もあるのか?何より寒いって事が一番の要因のような、あまかった。
それでも走ったり歩いたりで・・・
image.jpg
湘南大橋を越え直ぐ先の24時間営業Denny'sで一休み。
休憩するつもりはなかったんですけど、暖をとるのと予定を再検討する必要があるかも?と・・・
甘ーいフレンチトーストと珈琲で、身体と心にエネルギーを充填します。
この時点で予定の半分近く20km程の行程です。
時間は、既に2時間半を要し深夜2時前(少し遅れているものの、想定していた時間です)。
念の為、ランニングアプリとか地図を稼働させていたのでスマホの電池が残り15%に(もともと充電してなかったかも?)になっていたので、それこそ念の為写真は撮らないで後半戦に。
かなりのんびりと1時間ほど休憩して出発!
更に念の為、134号ではなく1号にルート変更して小田原を目指します。

少しは回復するかなと思っていたのですが、足の痛みは増すばかり。
平塚から大磯そして二宮辺りまでは何とか走ったり歩いたりだったのですが限界です。
途中コンビニで下手に座ったりすると、その後の動き出しが痛くて仕方がないので休まず走り/歩き続けます。
残すところ10km程。
深夜?朝方?の5時になりましたが、まだ夜は明けません。
その後朝日が昇り、道々には通勤の人の姿がちらほらと。
この時点では走るどころか歩く事すらままならない状況に、足を引き摺りながら歩き続けます。
写真もないし面白くも無いのですっとばして、小田原城に到着。
距離にして40kmちょい。
時間は7時30分。
休憩後の後半20kmに4時間半もかかってしまいました。
改めてフルマラソンって人間業じゃないですよね。
同時に自分の不甲斐なさ判断の甘さに反省しきり。
当初の予定では、ここから更にのんびりと走ったり歩いたりで帰るつもりだったんですけど、リタイヤします。
東海道線で大船まで1時間、幸いにして座れたので眠りについて帰ります(電車暖かい)。
大船駅からは意地というか惰性で歩いて家路まで・・・・・爆睡(笑

春になって暖かな日中にリベンジします!

昨日の走り初めのストレス解消に釣りをしに真鶴へ [プライベート]

昨日の走り初めは不完全燃焼どころか着火前って感じでしたので、帰りの車の中は逆に燃焼してしまいそうな状況に・・・
ここは一つ気分を変えて[明日は久しぶりに釣りにでも行くか?]と、徐々に気持ちを落ち着かせ致し方ない現実を理解させ・・・
現地でもそうでしたが少しは大人になってきたのかな?黙々とそそくさと率先して片づけてましたから(イライラオーラは身に纏ってましたけど)。
一緒にいた”Ab”さんにまで気を遣わせてしまって申し訳ない。
でも、本人もそれなりに抑えていた様子でしたので、まあまあ。
[じゃあ明日は早朝から伊豆の真鶴辺りへ出かけよう!]

って事で、4時起きして真鶴へ。
なのですが、当初目指していた磯には先客が・・・
この時間から場所どりですか・・・
予想はしていたけど、予想通りでビックリ!
まあ想定内ではありましたので、近くの江之浦漁港で竿を出す事にしました。
と言ってもまだ夜も明けていないので、場所取りだけして車で仮眠します。
image1.jpg
日が昇ると共に早々に準備して竿を出します。
この日は基本餌取りばかりがうじゃうじゃと、トウゴロウが数十匹否百匹?
生憎とサビキ釣り目的ではなくターゲットは飽くまでもメジナなので、ウキフカセ釣りでで狙います。
されど掛かるのはネンブツダイばかり。
image2.jpg
メジナどころかアイゴも掛かりません。
どころか、カワハギやベラにフグ等もどこへやら。
ただ未だに不明なんですけど、大きな魚影が3体ほど見え隠れ。
水中にいる魚は本体よりも大きく見えるのですが、それでも50cmを優に超えていそうです。
魚影や動きからしてメジナじゃないしボラでもなさそう、サメ?じゃないよね。
残念ながら釣る事は叶いませんでしたので、ネットで色々検索してみたものの?残念。

それともう一つ、種類は分かりませんが海鳥が見事な”泳ぎ”を見せてくれました。
水面を漂っていたかと思うと、急に潜って小魚を追いかけ始めます。
深く潜る訳ではないですけど、羽をたたんで鋭角的に凄いスピードで泳ぎまくります。
結局トウゴロウを見事にゲットしちゃうんですけど、動画にに撮っておけばYouTubeでアクセス必至の見事な泳法&漁法でした。

一方私達の釣果はと言うと、6時~12時まで6時間ほど竿を出してネンブツダイが30数匹。
image3.jpg
何時もは全く意に介さずリリースしてしまうんですけど、息子が何やらスマホで諸々調べたようで[持って帰って料理しよう]って。
[えーネンブツダイだよ食べれるの?]
[ちっちゃいから捌くの面倒臭い]
ま、昨日の事もありますし、自ら興味を持った訳ですから了解しました。
本人も自分で料理手伝うからと言っていましたしね。
じゃじゃーん!
image5.jpg
アジならぬネンブツダイの”たたき”完成。
調理途中で刺身をつまみ食いしましたけど、思っていた以上に普通でした。
それこそメジナに近しい感じ(飽くまでも遠からずといった意味で)。
”たたき”は味噌ではなく醤油ベースで生姜と葱を混ぜ込みました。
これまた普通。
息子は、自ら釣った魚を自らの発案で自ら調理したと言う事もあり[上手い!!]と言っていましたけどね。
決して不味くはないですし、本当至って普通なんですけど、もう少し身が締まっていると尚可かなと思いました。
image6.jpg
残りは唐揚にしました。
鱗と内臓に頭はおとして、軽く塩コショウふって少しおいてから片栗粉まぶして唐揚にします。
食べてみると、ほくほくとしてこれまた意外と食べられます。
調べてみた通りキスに近い味と触感です(再び飽くまでも遠からず)。
小さい割に背骨は意外と硬いので、気になる人は食べないようにした方が良いと思います。
平気って人は良く噛んでね。

息子は[美味しい!][また今度釣って食べよう!]って言ってましたけど、私は正直に言って次回も狙って釣ってこようって気にはなりません。
全くNGって事でもないですけど、出来れば違う魚の方が嬉しいかな。
今回は息子の前向きな姿勢を尊重したって事で。
何事にも興味を持って調べて実践してみる事は良い事ですからね。
私も先入観から、ネンブツダイを食べてみようとは思わなかった訳ですから。

以上、何て感じの年末年始。
高校生となっているであろう来年の年末年始は、果たして一緒に過ごしているのか?
まだまだ子供だなという面と少しづつ成長している姿、面倒でもあり心配でもあり寂しくもあり嬉しくもあり、親子という関係以上の年の離れた仲間となれる日は・・・
たかがバイクたかだか釣りって事柄から話をついつい大袈裟にしてしまう親バカが、息子共々独り立ちする日は・・・
楽しみつつ楽しみに。

2017年走り初め [プライベート]

2016年走り納めから3日おいて2017年の走り初め。
残念ながら皆の都合がつかないようなので、親子二人でお出かけです。
場所は初めて走るコースの「ウインズMXパーク」。
成田インターから直ぐの処にあり民家も近いようなので、排気音量には気を配っておられるコースのようです(今日その辺りの気配りは必須ですよね)。
故にBCメンバー達のキャブ車4ストはNG。
そんな理由もありますし、正月3日から営業しているっと事もありますし、YouTubeなんかで面白そうだなって事もあり、滅多に走れないであろうこのコースで初走りする事に決めました。
image1.jpg
日差しが気持ちいいし然して寒くも無く楽しい一日となりそう。
コースはというと、自然の地形を上手に使ったアップダウンに人工的なセクションを織り交ぜてあり面白そうです。
image4.jpg
整備も行き届いているようで、とても綺麗ですね。
駐車場は少々狭いようですが、基本常連の方々が多いようですし譲り合いながらって感じかな。
image5.jpg
ミニコースもあるので、お子さんと一緒にってのもありだと思いますよ。
因みにトイレは水洗で飲料可能な水道もありますので、奥方様が一緒でも大丈夫(笑

さあて準備して2017年の走り初めとまいりましょうか。
地元の方が走り始めるのを待ってから、ゆっくりと様子見ながらコースイン。
image2.jpg
息子のDaiが例によって最初に走り始めましたので、数周見物してから私も・・・
image3.jpg
これは私じゃないですよ。
BCRTから唯一都合がついた”Ab”さんが一緒です。
走り納めといい走り初めといい、朝一番からこの人が走っているのは珍しい。
何時もは遅刻常習犯のスロースターターなのにね(笑

私も今年を占う一発目として、転ばないように地元の速い人達の邪魔にならないように、何より自分のリズムを確認するようにそろーりそろりとコースイン。

初めて走りましたが、変幻自在なコースレイアウトに良く整備された噛み易い路面で適度な長さと、言う事なしの素晴らしいコースですね。
ジャンプもダブルではなくテーブルで、各々のレベルで安全に徐々にトライしていけるよう配慮されているようです。
なのですが、私の膝には少々手厳しいレイアウト。
走り始めて10分程度で速くも痛みが・・・
こりゃ休み休み走っても一日は走れそうもないな。
ま、無理せず様子見ながら楽しみましょう!
息子のDaiはと言うと、地元の速い人を見ながら徐々にペースを上げたり下げたり考えながら走っている様子。
怪我とかされると受験に影響するので少しづつにしといてね(笑

と思っていた矢先・・・
走り始めて20分ほどで・・・
排気音が・・・
確かに2スト独特の高音での排気音が・・・
それなりに開けてるし・・・
サイレンサーをばらしてグラスウールをちょいちょいとと助言されたのですが・・・
うーーーん藪蛇な様な・・・
[後日新品のグラスウールに交換してまた来ます]
[新品にしても30分位走ったらNGなので、予め新品を解して手を施して下さい]
新品のグラスウールでも難しいとなると・・・
2ストMX勢は(EDモデルであれば問題ないと思いますが)、それなりな準備と覚悟を持って走りに行く必要がありそうです。
ウインズさんと言わずMX408さんとかも、オフロードコースの排気騒音は近隣住民の方との相互努力(理解)が必要ですもんね。
ちょっとばかし〇〇な息子にも理解させて、早々にコースを後にしました。
”Ab”さん、一人だけ残してしまって御免なさいね。
とても面白いコースなので、何れ息子が4ストインジェクションに乗り換える日が来れば(私も)、その際に再び走りに来ようかな。

気を取り直して、明日は釣りにでも行くとしますか。

前の5件 | - プライベート ブログトップ