So-net無料ブログ作成
検索選択

KLX110Lを遠心クラッチ化してみましたが [インプレ]

前頁で紹介したU.A.S.KawasakiのKLX110ショートモデルとか以前に国内販売されていたKLX110には、マニアルクラッチではなく自動遠心クラッチが装備されています。
現行モデルであるKLX110Lはマニアルクラッチ。

クラッチ操作が・・・
というところから敢えてマニアルクラッチを遠心クラッチに変更してみる事にしました。
KLX110にもKSR110にも共通で使えるマニアルクラッチキットは、多々アフターパーツとして販売されていますよね。
BCでも純正部品を流用した「マニアルクラッチキット」なるものを以前から用意しています。
(現在は構成部品を少し変更していますKLX110用KSR110用として)
KLX110&KSR110マニアツクラッチキットBC.jpg
なものですから、逆にマニアルクラッチを遠心クラッチに変更するのも容易だろうと思っていたのですが・・・思っていたほど簡単なものではありませんでした。
遠心クラッチをマニアルクラッチ化する際には問題にならなかったシフトチェンジが、逆は上手く作動しません。
チェンジドラムのカムが回転しないのです。
部品を交換してみたり戻してみたり試行錯誤して加工して、どうにか作動するに至りました。
遠心クラッチKLX110L.jpg
その後の耐久性耐/摩耗性/操作性、折り紙つきって訳ではありませんが・・・
実は確実性の高い方法もあるのですが、加工精度が要求されるので今のところ試してはおりません。
そもそもチェンジドラムそのものを、ボトムニュートラルのタイプに交換してしまえば何の問題もないと思いますが、その場合エンジン(腰下)を割らなければいけませんから・・・
費用もかかりますし、元に戻すのがまた同様となってしまいます。
遠心クラッチから初めて、車体の大きさ重さ取回しに慣れてきたところでマニアルクラッチに戻して、というのが狙いな訳ですから容易に戻せる事が重要となります。
KLX110L遠心クラッチ化.jpg
今回は新車から取外して保管しておいた部品を利用しましたので、ブラックのクラッチカバー(ちょっと高め)となりましたが、安価なシルバーでもPROのブラウンでも可です。
何れの場合に於きましても、「遠心クラッチ⇒マニアルクラッチ」よりも「マニアルクラッチ⇒遠心クラッチ」の方が手間と部品代がかかります。

今回はお話を頂いたからでありますし、サスペンション同様にBCでも試してみたいところでもありましたので工夫してみましたが、製品化というレベルではないかな?


共通テーマ:バイク

KLX110Lを更に子供入門用にKLX110スモール化してみました [インプレ]

KLX110Lって、本来キッズの入門用(遊び用)って位置付の筈なんですよね。
にも拘らずメーカーのHPでは「体重70kgまでの大人の方でも十分楽しめるパフォーマンスを装備」なんて堂々と紹介しちゃってるんですよ。
でもそれすら眉唾もんで、実際に大人が楽しく乗ろうとするとハンドルUPとかハイシートとかが必須となります。
BC KLX110L大人カスタム.jpg
果ては、70kgまで想定している筈のサスペンションですら底付きする始末なので、BCでは大人用として前後サスペンションの「ハードスプリング」まで開発しちゃってます(ちょっと宣伝)。
BC KLX110Lハードスプリング.jpg
等々、大人用のミニモトとして楽しく遊べるKLX110L(ベースモデル)ではありますが、本来の子供用としての役割を忘れてはいけません。
実際BCでは半々?やっぱりキッズが乗っている割合の方が多いかな。
ってことで、子供(入門)には硬過ぎて動かない特にリヤショックアボソーバ用に「ソフトスプリング」も用意しています。
KLX110L ソフトスプリング.jpg
なのですが、更に何とかならないのかな?って事で、前後サスペンションをショートタイプに交換した「KLX110ショートサスカスタム」なんてのを用意してみました。
KLX110ショートサスカスタム.jpg
U.S.A.Kawasakiで扱っているモデルにKLX110Lではなく「KLX110」というモデルがあります。
殆どKLX110Lと変わりないのですが、前後のサスペンションが短い(ストロークも)のと、ボトムニュートラルで遠心クラッチ付きのモデルの様です。
このKLX110の前後サスペンションをKLX110Lに移設したと言う訳です。
残念ながら、このU.S.A.KLX110の前後サスは、以前国内販売されていたKLX110とは異なる部品です(同じなら話は簡単なのですけどね)。
KLX110ショートサスペンション.jpg
一目瞭然だと思いますが、写真上がKLX110Lで写真下がKLX110となります。
フロントフォークを、左右別々に車体に取付けてみると更に一目瞭然。
KLX110L_KLX110.jpg
これ位違いがあると、CRF50F等からのステップアップとしては安心感がありますよね。
U.S.A.KLX110の遠心クラッチではなく、飽くまで国内販売KLX110L(カスタム)のマニアルクラッチですからクラッチ操作に慣れる事も可。
なのですが、部品代としてそれなりに高く付きますので、費用対効果としては如何なものかとも思います。
ショートサスから乗り始め成長して慣れてきたところで元に戻す、何て言うのはちょっと贅沢かも知れませんよね。
U.S.A.KLX110を国内モデルとして販売してくれれば・・・
何処かで輸入してさえいれば(にしても車体そのものが高いかも)・・・
今のところ、そう言う訳にも行きませんので試しに製作してみました。
なのですが、申し訳ないのですが、試乗車とか試作展示車とかを用意している訳でもありませんのでご了承を(ご要望があれば都度といった感じです)。


共通テーマ:バイク

2017 KTM150XC-W似て非なるもの150XC [インプレ]

150XC-W1.jpg
はい、そうです。
BOSSの乗る150XC’13と2017年モデル150XC-Wのツーショットです。
’17の150XC-Wが入荷するんだかしないんだか?予定と記されていたものの念の為確認したところGW前に即納ですって。

150XCやめて250cc4ストMXにしようかなー、なんて綴ったブログをチェックしていた人が。
[BOSS、150XC売るんですか?お幾ら万円?]
他にも唾付けている人が2組。
あれこれ調整して、じゃあ幾ら位かな?とところまで行っての帰り際・・・
[’17の150XC-W新車があれば、それでも良かったんだけど]
一応、念の為確認したところ、即納・在庫あり、真面ですかー、それならそうと・・・
急遽、新車に変更となりました(倍の金額ですけどね)。
流れと言うかタイミングと言うのか、見切り発車しちゃいましたか?
本人曰く、いつもバイクを購入する際は”縁”だそうです。

グリスUPして初期セットして、
新旧?仲良く2ショット!
150XC-W2.jpg
主役はあくまでも150XC-Wね。
なのですが、この人、’04の125SXに’08の250EXC-Fも持っているんですよね。
尤も125SXは解体寸前ですけど(笑
されど、だからこそ、SXの代わりを欲していたのでは?
150XCですら微妙なのに、150XC-WだとSXではなくEDですよ。
エンジン特性云々と言うよりシャーシ・サスがね。
だと、250EXC-Fと使い方が被ってしまうのでは?

早速、相模川河川敷で慣らし運転。
早々に、最近急激に盛り上がってきているらしい日野カンへ。
セルあるし、軽いし、低速もOK。
ステップ&フレーム&ペダル類のホールド感と操作性がグッと向上しているようで、充分満足な出来の様です。
BCの走行会に参加しだしてからは軍団として一角を担っていますが、元来はオープンエリアで楽しく遊ぶ・走るが本業。
別にレースって事でもなく、あくまでも仲間で集ってフリーラン。

時間の余裕がなく、目的意識を持たないと行動出来ない今日日、彼らの自由な遊び心が羨ましいです。
私も是非仲間に混ぜて貰いたいところなのですが、日野カンとか・・・転びたくないんですよね(笑

さてさて嫁ぎ損なった150XCどうしよっかなー
2スト軽いし直ぐかかるし(キックだけど)OK!パワーは持て余す位(スロットルストッパー付けようかな)OK!スプリング変えてリバルビングもしてみたけどサスの相性がNG、何よりも自分の許容範囲がNG・・・どうしよっかなー


共通テーマ:バイク

2017年モデルの250/390DUKEって? [インプレ]

前頁のKTMプロダクトトレーニングに引き続き・・・
そう、そうなんです、今回間に合わなかった2017年モデルとしての250/390DUKEに関してなのです。
数年続いたスモールDUKEシリーズなのですが、2017年にしてリニューアル!
されこそ刷新されたイメージで・・・なのですが、日本国内発売は6月以降となりそうです。
モデルとしては125DUKE同様となりますので、写真数枚を使ってご紹介。
2017_125.250.390DUKE.jpg
これまた今まで(現行販売モデル)とは似て非なるもの。
ヘッドライト(メーターも合わせて)の雰囲気が一変されましたね。
一体型であったフレームもサブフレームがボルトオンの別体型となり、それに伴いシート形状(材質)も変更されました。
2017_125DUKEサブフレーム.jpg
サイレンサーもオーソドックスな横出しとなりましたし、フューエルタンクもスチール製に変更されました。
(リヤのバッグはアフターパーツですのでご了承を)
現行モデルとニューモデル、どちらが好み?とういのは賛否あるかと思いますが、ニューモデルのデリバリーが遅れているからこそ検討する余地もありです。
走りの質そのものに大きな変更はないと思われますが、大幅にリニューアルされたデザインの他にも車体重量が10kg程軽く否重くなっているようです。
1kg>1gでも軽い車体を作ろうと必死な時代なのですが、逆行するかの如く重量加算に。
そりゅあそうです。
サイレンサーが横出しになったとはいえ、全体的にマフラーが見直された訳ではなく言うなればサイレンサーが追加された訳ですから重くもなります。
加えてタンクがスチール製になったのですから、これまた当たり前の結果です。
2017_125DUKEマフラー.jpg
ではありますが、決してネガティブ要素と言う事ではなく、耐久性に安全性更には安定性が向上したと言えるからです。
今までのプラタンに一抹の不安を覚えていた方もいるでしょうし、ひらひらと舞うような運動性よりも安定性があればなと思っていた方もおられたかも知れませんよね。
(改めて御免なさい、前頁の事情で試走していないので・・・)
近い将来乗り比べって事も可能となる事でしょうから、暫時お待ち下さい。

なので、見た目で分かる部分はと言いますと、何と言ってもヘッドライトのデザイン変更からですね。
2017_125DUKEヘッドライト.jpg
デザインのみではなくLEDが採用されています。
残念ながら250DUKEに関しましては、変わらずハロゲンバルブです(LED化するには相当の費用を必要としますので非現実的だと思います)。
そして、これまた250DUKEはLCDディスプレイのメーターに対して、125/390DUKEはTFTディスプレイに変更されています。
2017_125DUKEメーター.jpg
最新の設備なのでしょうが、少々大きさとデザイン性が気になるところです。
その他の変更点として特徴的な部分は、タンクがスチール製となった事ですね。
これにより安全性が向上した事は言うまでもなく(重くはなりましたけど)、スチールタンクが故にオーソドックスなタンクバッグ(磁石式)が装着可能となります(露出面積は少ないので要検討)。
それと、ボルトオンになったサブフレームと合わせて変更されたシート部分。
2017_125DUKEシート.jpg
シートはスポンジフォーム皮(布)張りではなく、RC125/250/390タンデムシート同様のウレタン型だと思います(詳細確実でなくて申し訳ないです)。
座り心地は悪くありませんが、太股の内側に角が当たる感じが多少違和感かも知れません。
走ってベストなシートでも跨ってベストと言えないところが難しいところですね。

そうそうDUKEでもRCでも390に限って、フロントブレーキディスクが320mmへと拡大変更となっています。
余談ですが、このRC390DUKEの320mmディスクをRC125/250DUKEに取付用と思っても安易ではありませんのでご注意を。
何故ならキャリパーサポートによるオフセットではなく、フロントフォーク(一体)ブラケットそのものが異なるからです。
取付に際しましてはパワーパーツをご参照ください(カラーとボルト2個セットで・・・)。

そんな、RC390のフロントブレーキ以外はカラーリング変更のみとなったRC125/250/390も身に纏うオーラは別もんです。
2017_RC125.250.390.jpg
何故にモデル(排気量)によって装備(部品)が異なるのか?
125と390は世界各国で販売されているのに対し、250は日本を筆頭に数カ国でのみ販売されているからなのか?
製造ライン?費用対効果?理由はさておき、予め充分考慮して下さい。

先にも述べましたが、2017年モデルの250/390DUKEに関しましては6月以降の入荷の目安となりますし、RC250/390に関しましても予定は未定といったところ。
2017年モデルの発表を受け、2016年モデルを対象とした「SPRING START-UP CAMPAIGN」を実施している今だからこそ、要検討にしてチャンス!なのかも知れませんよ。


共通テーマ:バイク

KTM 2017年オンロードモデルのプロダクトトレーニング(試走) [インプレ]

その(前頁)本日開催の、KTMプロダクトトレーニングに参加してきました。
毎年恒例となっている、千葉県にある袖ケ浦フォレストレースウェイにAM7:45集合。
1時間程の座学を経てから試走開始です。
KTM2017ONROAD.jpg
2017年のKTMオンロードモデルが揃踏み。
”THE BEAST 2.0”と称される1290 SUPER DUKE Rは全体的に見直され改良が施されテクノロジーの飛躍的な向上と共にイメージを刷新。
20171290SUPERDUKER.jpg
1050/1190/1290と3パターンの排気量であったADVENTUREシリーズは1090と1290という2パターンに変更され、更なる熟成と刷新されたイメージにより2016年モデル以上の飛躍を遂げる事でしょう。
20171290SUPERADVENTURER.jpg
勿論、DUKE.SUPERMOTO,ENDUROの690シリーズも健在ですし、新しいグラフィックを纏ったRC125/250/390もまるでニューモデルであるかのような煌めき放っていました。
2017RC125.250.390.jpg
唯一残念であったのが、注目のスモールDUKEシリーズが間に合わなかった事ですね。
125DUKEはお目見えしていたのですが、250/390DUKEに関してはお預け状態。
2017_125.250.390DUKE.jpg
ベースは同様なので125DUKEだけでも充分なのですが・・・(後程)

等々、微妙と言うか温度感のない言い回しで申し訳ございません。
各々の改良点やスペックに新たに導入された機構などは、メディアさんが挙ってこれでもかって言う程綴って下さる事でしょうから(本質的にはKTM JAPANのHPに掲載されるようになれば尚可)その辺りはお任せするとして、本来この場では個としての印象・感想・体感・体験を生の温度感を持って伝えなければ・・・
[ごめんなさい]
日曜日にぎっくり腰が再発しそうになりまして、ピキピキキーンと痛みが走り、シップを張ってコルセットしての数日なのです。
来週末にはEnjoy CIRCUIT 白糸スピードランド走行会がありますし、無理してツナギ着て走行して悪化させる訳にもいかず残念ながら試走はしなかったのです。
2017KTM.jpg
てっきり、レーシングスーツ(ツナギorセパレート)じゃなきゃと思っていたのですけど、ジャケット程度で良かったみたい。
その位の井出達なら乗れない事もなかったので、事前に確認しておくべきでした。
と言う事で、座学の後暫く見学して試走する事無く帰ってお仕事。
折角のチャンスだったので残念です。
皆さんは他ディラーさん達のインプレを是非ご覧になって下さい。
サーキット経験豊富な方から初めての方まで、様々な感想があると思いますので鵜呑みにする事無く良く噛み砕いて自らに照らし合わせて・・・最寄りのディラーさんに足を運んでみて下さい。


共通テーマ:バイク