So-net無料ブログ作成

2017年走り納めでYZ125X初走行 [インプレ]

確かもう一台YZがあったような・・・
そう初走行、慣らし運転に来た2018年モデルYZ125Xがあったのです。
2017.31bcrt_yz125x_1.jpg
2018年新年早々ではなく、2017年最終日31日に初走行。
2018年への意欲を感じますねー

以前の頁でも言いましたが、
DRZ70⇒KX85Ⅱ⇒CRF150RⅡ⇒FREERIDE250Rときての、YZ125X。
バイクも慣らしなら本人も慣らしです。
2017.31bcrt_yz125x_2.jpg
ちょっとチュルチュル滑るところは躊躇しちゃってますが、それなりに楽しく走れたみたい。
写真を見る限り、BOSSより乗れてるんじゃないの?
2017.31bcrt_yz125x_5.jpg
皆もサポートして行くからさ。
無理せず焦らず怖がらず、少しづつ自分のものにしていきましょう!
2017.31bcrt_yz125x_4.jpg
YZ125Xに興味のある皆さんへ、
と言いたいところですが一定レベル以上の人には参考にはならないと思いますので、飽くまでも初心者さんを対象として・・・って言うより本人へ向け動画をUPしておきますね。

あまりにも低回転だけではエンジンもサスも慣らし運転にすらならないので、少しだけ私も乗らせて貰いました。
YZ125と比べてYZ125Xとは?
前評判としては頗る評価が高いんですよね。
初期稼働させるべく、抜き抜きのサスが乗りづらい。
無駄に回転数を上げる訳にも行かず、ところどころで軽めにプッシュ。
尤も私如きでは、普段通りに乗ってもそれで充分慣らし運転なんですけどね。
ChibiNoriさんなら意識して開けても問題なしね。
2017.31bcrt_yz125x_3.jpg
YZ125Xを試走しての感想は・・・
現時点に於いては、分かりません。
サスペンションのスプリングバネレート、YZ125より2段階ソフトなんですよね。
それを更に抜いている訳ですからグニャグニャとしか言いようがないです。
リヤ19インチに対しての18インチ、これまたサスと相まってさっぱり?
エンジン特性、正直もう少しトルクがあるのかなと思っていました。
慣らし運転で回してないから・・・だからこそ低中速でのトルクがあって欲しかったかな?
おそらくですけど、YZ125だとある回転域から上がパワーバンドなんだなと思います。
分かっているからこそ使えない領域なんですけどね(笑
その部分に谷間って事ではないですが、越えなければいけない壁が少しあるのですよ。
YZ125Xだと、その谷間・壁がないのでは?
その分高回転域は伸びないかも知れませんけど・・・
何れにしても、慣らし運転が終わってからの話なのかと思います。
BOSSのYZ125とChibiNoriさんのYZ125X、2人で交互に乗り比べて行きましょう。

Google:2017.12.31 モトビで走り納め


共通テーマ:バイク

Z900RS入荷!! [インプレ]

2018年最初(年賀状除く)のブログは「Z900RS入荷!!」から。
遊び心と言うより仕事モードですね。
しかも今更ですか・・・
他店では年末年始にかけて入荷しているどころか、既に納車されている方もおられるかと思います。
実際に街中で、目の当たりにはしていませんけど。
カワサキの営業さんがね・・・
まあ年明けの出来るだけ早い配送で構いませんよって、譲ってあげましたので。

BCでも数名の方と、あれやこれやと話させて頂いています。
ですが、車両(台数)を確保出来るか否か分からない状況でしたので、予約はお受けしておりません。
だって、予約受けて確保出来ませんでしたじゃ洒落になりませんからね。
と言う事で今更ながらではありますが、昨日入荷してきたZ900RSのお披露目です。
Z900RS_1.jpg
取敢えずは各色1台づつ(その後は未定)
Z900RS_2.jpg
如何ですか?
いいでしょう!
私は”あり”だと思いますけどね。
カワサキ曰く「クラシカルな雰囲気を漂わせたスタイルに現代のクラフトマンシップを融合させたレトロスポーツ」との事です。
確かのその通り。
大胆にして繊細/強引にして緻密、違和感がある様な馴染んでいるような・・・
私も若かりし頃”Z1”に乗っていた事があります。
当時と比べて・・・
そりゃ無理がありますって、何もかもが三十数年前の事ですから(笑
その後も、所謂カワサキの旧車(当時はタイムリー)に乗っていた事が多々ありますが、比較して云々ってのは現実的ではありませんよね。
色々な意味で、今だからこその、”Z900RS”
賛否はあるでしょうけど、その分話題には事欠きません。
話題に上るだけでも”あり”なんじゃないですか?
再び、私は”あり”だと思いますけどね。


共通テーマ:バイク

’18 YZ125X初乗り前のグリスアップ&アフターパーツ [インプレ]

BCRTメンバーの宣伝部長ThibiNoriさん。
FREERIDE250Rから2018年モデルYZ125Xにマシンチェンジ!
2018年は気するものがあるのかな?
DR-Z70からKX85ⅡそしてCRF150RⅡとなって、昨年2月にFREERIDE250Rへと・・・
お遊びからクローズドそしてエンデューロ何れもファンライドって事に変わりはないものの、活動の場も意識も勿論技術も変化してきたいるみたいです。

どうやら決定的だったのがEnjoy OFFROAD走行会。
FREERIDE250Rだとクローズドコースは相性が良いとは言えないので、本人少しばっかり消極的。
でも私としては皆で楽しく走りたい、そう皆で!
無期限無料預かりのCRF150RⅡ(以前に乗っていたモデル)もあるし、私のYZ125だってDaiのKX250Fだって何でも乗れるんだから・・・
乗ってお気に入りだったのは、BCRTメンバーのYZ250FXみたいだったんですけどね(笑
ほんの少しだけど自信もついたし、何より楽しめる余裕が出来た。
ならば、いっその事・・・
BCRT_YZ125X.jpg
シチュエーションを選ばず遊べそうな「YZ125X」に!
ブルーアルマイトのリムがカッコイイ!
YZ125よりも低中速が扱い易く、低速トルクがあると評判のYZ125X。
エンジン特性だけではなくサスペンションもエンデューロ向け。
小柄な本人でも扱えそうなYZ250FXよりも軽い車体。
ライセンス持ちではない私達には、クローズドでもエンデューロでも充分過ぎるスペックなのかと思います。
サイドスタンドも付いてるし、これでセルスターターがついてラジエターファンがあったら言う事なしなんでしょうけど、必須?かと言われたら・・・なんとかなるかなっと。
正直に言って今年の買換えはないと思っていた私、あれこれ話して来年検討してみても良いんじゃないかなって程度だったんですけど、本人なりに思案しての選択だと思いますので、楽しく乗って貰えればと思います。
BCRT_YZ125X_1.jpg
実は前もって頼んでいるYZ250FXやCRF250R(おそらくは来年1月中に入荷)よりも、あとに頼んだYZ125Xの方が何故か早く入ってきたのでした。
っていうかメーカー在庫があったらしい(理由はおいといて)。
なので早速各部のグリスUPとなりました(写真本人ね)。
序に更なるエンデューロ化って言うか、転倒に備えてアフターパーツ諸々を。
BCRT_YZ125X_2.jpg
やっぱりラジエターガードは必須かな?(私はつけてませんけど)
BCRT_YZ125X_3.jpg
こちら側のラジエターホースがガードに干渉するみたいなので、保護しておいた方が良いでしょう。
BCRT_YZ125X_4.jpg
YZ125は特にフォークのボトム部分が浅いので、プロテクターはあった方が良いかも知れません。
BCRT_YZ125X_5.jpg
チャンバーガードもね、凹むと排気効率云々よりも見た目がね。
BCRT_YZ125X_6.jpg
ディスクガードもあるに越した事はないかな。
BCRT_YZ125X_7.jpg
思いの外マッチしていて出来の良いフレームカバー、私のYZ125にもつけようかな?
後は写真撮り忘れましたけど、フロントスプロケット部分のケースセイバーを付けたり。
最初のミッションオイル交換後に付けるつもりのスキッドプレート。
私のYZ(ワークスコネクション)のような必要最小面積のものではなく、ガッツリと覆うタイプです。
最後は海外に発注しているデカールが届けば、取敢えずは完成って事で。

サスペンションに関しては慣らしが済んだところで要検討。
リンクで調整するか?ショートストロークとするか?更なるソフトスプリングか?シート加工か?
何も分からなかった頃とは違い、ある程度は想定する事が出来るようになっているらしいので、本人の意見を尊重してセットアップしていこうかな。

明後日31日は年末恒例の走り納め。
そこでYZ125Xのデビューラン(初走行)。
本人はCクラスからマシンと自らの慣らし運転となる事でしょう。
Bクラスでの慣らし運転を頼まれているので、私も楽しみで仕方ありません。
自分のYZ125より相性が良かったら、逆に悩んじゃうかもしれませんけどね(笑
間違ってもDaiには乗らせないように・・・いきなり開けられても困りますから(笑

走り納めの後でYZ125Xのインプレを・・・休みだから年が明けて仕事始まってからでいいですか?


共通テーマ:バイク

雨の中「Z900RS」少しだけ試乗してきました [インプレ]

今日は筑波サーキットのコース1000で、カワサキモータースジャパンによるKawasaki正規代理店を対象とした試乗会が開催されました。
と言うからには勿論参加してきたのですが、生憎の雨。
BASE CAMP Z900RS_2017.11.30_1.jpg
私が現着した時の午前の部はどうにか持ちこたえていた(ちょうど降り始めた頃だった)ようですが、お昼を挟んでの午後の部(関東勢)の時間はそこそこの雨。
折角来たけどどうしようかな?
ツナギを濡らしたくないしな・・・
まずは見学!
何と言っても一番のお目当ては「Z900RS」
BASE CAMP Z900RS_2017.11.30_2.jpg
私の印象としてはオレンジが”ZⅡ”
BASE CAMP Z900RS_2017.11.30_3.jpg
ブラックが”ZⅠ”といったところでしょうか。
ZⅡを所有していた事はなかったのですが、ZⅠは実際に乗っていたので懐かしい様な(全く異なる様な)・・・

だけではなく、Ninja1000にZ1000
BASE CAMP Ninja1000_2017.11.30_2.jpg
BASE CAMP Ninja1000_2017.11.30_1.jpg
BASE CAMP Z1000_2017.11.30_1.jpg
Ninja650とZ650
BASE CAMP Ninja650_2017.11.30_1.jpg
BASE CAMP Z650_2017.11.30_1.jpg
Ninja ZX-14R
BASE CAMP Ninja ZX-14R_2017.11.30_1.jpg
どころかNinja ZX-10Rに
BASE CAMP Ninja ZX-10R_2017.11.30_1.jpg
なんとNinja H2まで
BASE CAMP Ninja H2_2017.11.30_1.jpg
太っ腹!
このラインナップならコース1000じゃなくて2000を走りたかった。
そんな技術はないんですけどね。
でも実際は、コース1000を更にショートカットしたレイアウトを3週毎、おまけに雨。
なものでヘルメットカメラの映像はなく「Z900RS」の排気サウンドを少しだけ・・・

ご協力下さった”リリカ”さん、有難うございました。
何時もお世話になっております。

そして跨りエンジンスタート!
ツナギは濡らしたくなかったので、ジャケットにヘルメット+グローブ+ブーツという最低限の装備で走り始めます(と言うか、皆さん端からツナギは用意してこなかったようで・・・)。
先導の真後ろについてZ900RSで3周ほど・・・だけでビッショリ。
生憎レインウェアーは持ってこなかったのですよ。
この状況下ではインプレも何も本当?嘘?って感じになってしまいますから敢えて口には致しません。
時間はたっぷりとあったんですけど、びしょ濡れになるのも・・・早々に退散しました。
インプレに期待していた人がいたとしたら、御免なさい。

こうなったら試乗車を用意するか!
は、残念ながら難しいかな?
果たして何台確保出来たのかすら現時点に於いては不明なのです。
既に生産予定台数は先行オーダー(カワサキのシステムによりイニシャル受注)で埋まってしまっている(と言うか足りていない)らしいですから。
はっきりいって発売当初から貴重/希少品扱いとなってしまう事でしょう。
なので、試乗車はNinja400とか250辺りでご勘弁を・・・


共通テーマ:バイク

意外と良く走るアドレス110で林道へ [インプレ]

このブログにしては珍しいスクーターの話題です。
実は、前々から乗ろう乗ろう書こう書こうとは思っていたんですよ。
そうSUZUKIのADDRESS110(アドレス110)。
発売されて既に数年経ちますが、インドネシア製と言う事もあって初期トラブルと言う事もあり、正直お勧めどころか控えていたと言うのが本当の話。
SUZUKIと限らず東南アジア系で主流?な前後14インチホイール(タイヤ)のスクーターなのですが、値段の安さも相まって(意味あって)少々不安。
SUZUKIの場合何と言っても通勤快速のアドレスV125系があった訳ですし、価格帯は違いますがYAMAHAのシグナスやHONDAのPCXそれにBCではPGOと125ccスクーターの選択肢は色々ありますからね。
なのですが、そのアドレスV125が販売終了間近となり、時を同じくして同業者さんからのアドレス110への注文が・・・[BOSSが言うほど悪くないよ][って言うか凄く良く走って面白いよ]の声。
ここはひとつBCでも降ろそうかな?
ちょうど奥さんが125ccスクーター欲しがっていたので、奥さんの足兼試乗車って事で。

乗ってみて確かに、意外と良く走るじゃありませんか。
ホイールサイズの性かスクーターと言うよりバイク感覚。
(DIO110とかもそうですから知ってはいましたけどね)
出だしもまずます加速もまずまず3桁の速度になっても特に振られる事もなく(多分ですけどね)、トルク感とか加速感と言うほどでもないですがスムーズに良く走ります。
そして今日晴れて念願かなってのブログネタ!
BASE CAMP アドレス110_2017.11.1.jpg
先日のEnjoy OFFROAD走行会で転んで痛めた左足首がまだ少し痛いので、トレイルランにもいけないしZ125PROだとシフトチェンジがままならないし、そうそうこんな時こそアドレス110でお出かけしようじゃありませんか。
ちょっとばかし通い慣れた七沢温泉方面を抜け宮ヶ瀬へ・・・
右に左にクネクネと、いやはや軽快軽快気持ちいい。
登りでは少しばkし失速するよな気がしないでもないですが、まあ気にならないレベルです。
一般道のみならず林道だってへっちゃらです?
BASE CAMP アドレス110_2017.11.2.jpg
ほんの少しばっかですけど、BCRT LINEで流行り?の林道へアドレス110で突入してみました。
14インチタイヤ何で、割と軽々に走ってくれます。
走ってくれますが、スクーターだと下回りが石とか倒木にヒットしますね(当たり前)。

家を出たのが昼過ぎで、そうこうしているうちに暗くなって寒くなってきたので、ちょうちょいで切り上げました。
今度は余裕を持って遊びに行ってみたいかな?

明々後日には筑波コース1000でKawasakiロードモデルの試乗会(雨じゃなきゃ)。
週末はウエポンカップにダブルエントリー。
多分左足首治ると思うんだけど・・・痛み止めが必要かな?


共通テーマ:バイク