So-net無料ブログ作成
検索選択
BCRTレポート ブログトップ
前の5件 | -

[久しぶりに110乗ってみた]BCRT LINEより [BCRTレポート]

BCRTの連絡手段も掲示板からLINEへと移行して暫時。
未だにガラケーの人にはショートメールで(ついつい忘れてしまいそう)。
このLINEというのが思いの外便利でして、写真やコメントを簡単に掲載(連絡)できちゃいます。
正直、私なんかは[今更何言ってんの]て程度しか理解(使用)出来ていないんですけどね(笑
更に便利ななんやかんやとあるようですが、只でさえHPにBLOGにLINEそしてMAELにショートメールと同様の書き込みをしているので、これ以上のSNSは無理なのですよ。

話を元に戻して、
その便利なグループLINEにUPされているBCRTの情報の中から、これは”あり”かもって思える記事を抜粋して、このブログに掲載していこうかなって話です。
既に数件試みてはいるんですけどね。
って事で今回はKLX110Lミニモト軍団のレポートをお借りします。
[久しぶりに110乗ってみた]
KLX110L猿ケ島1.jpg
踵だったかな?
足の骨を砕いてしまってリハビリ中の”Gt”君とコンビの”Ii”君。
Enjoy走行会OFFそしてONの両刀遣いにして気の良い二人なんですよ。
なのですが、只今リハビリ中につき、前回のEnjoy OFFROADも今週末のEnjoy CIRCUITもお休み中です。
少しばっかり寂しい気もしますが、皆それなりに良い年ですから様子見ながらしっかりと完治してから復帰して貰いたいと思います。
KLX110L猿ケ島2.jpg
この写真の意味が今一分かりませんが・・・
”Gt”君の何時ものトランポではなく”Ii”君のトランポでって事なのかな?

実際のLINEでは他メンバーよりの書き込みがあったりしているのですが置いといて、
[猿ケ島で遊んで、肉焼いただけです]
KLX110L猿ケ島3.jpg
ってなコメントで締め括り。
-------------------------------------
写真やコメントから個人情報(位置情報)か漏れたりしませんか?
との声もありましたが、写真はダウンロードしてから加工しての掲載ですし、それこそコメントはPCパチパチ打っているだけなので問題ないと思います。
現にこの写真からは題名位で他の情報は得られないでしょ。

ここでBCRTの面々へ・・・
BCRTレポートも以前はメールで送って頂いたりしていましたが、LINEでもありですよ。
勿論メールだと尚可なのですけどね(コピーするだけで済みますからね)。
ちょっとしたブログネタって事であれば、この程度のないようでも”あり”かなと思うんですよね。
LINEの写真数枚とコメント数行をブログの1頁に拡大して掲載しちゃいますけど。
そうそう、写真はね、解像度云々は別にして縦じゃなく横で撮ってくれると助かります。

こんなブログネタですが、誰かの何かの一歩に繋がれば。


共通テーマ:バイク

その時この人は群馬の日野カントリーオフロードランドへ [BCRTレポート]

私と息子がオフビ⇒モトビMXコースで悩んでいる最中、この人はオープンフィールドである群馬県の「日野カントリーオフロードランド」で解き放たれていたようです(BCRTのLINEより)。
その前に、辿り着くのがまず大変そう。
taka1.jpg
よく軽トラで行く気になったもんですよね。
スタッドレス?チェーン?
尤も、どちらでもないハイエースで雪降る中を岩手まで行ったのは私なんですけどね。
そんな事はともかく、チュルチュル滑りながら到着した日野カントリーはベストコンディション。
コース脇には洗車場に水洗トイレが完備され、飲料不可ながら井戸水の水道もあるそうです。
準備万端!愛機HUSABERG FE390と共に新たなフィールドを疾駆します。
taka2.jpg
疾駆する筈(疾駆していたのかな?)なんですけど・・・
本人曰く
[とてもチュルチュルのコースで楽しいですね]
[是非!機会があれば一度走ってみてくださいませ♪]
だそうです。
taka3.jpg
take4.jpg
take5.jpg
そうねー
雪がなくなって暖かくなっったら走りに行ってみようかな。
その頃にはニューマシンを手に入れてるかもしれないし・・・
今のところの候補は緑/黄色/青/赤(再びの橙はないかな)といった感じかな。
先達て乗らせて頂いた青は、とっても良い感じだったんですよね。
FXも良かったですけどFの方が好みかな(技術があるかどうかは別にして)?
黄色は低中速域が乗り易いらしいので私向きかも?
緑は高回転でパワーが出ているらしく、逆に私には不向きかも?
オールマイティー安心の赤にするべきか?
デリバリーのタイミングにもよるし、立場ってのもあるんですよね・・・
何れにしてもXCやEDではなくMXにするつもり。
自分もですけど、息子が乗ってもいいようにね。
そうなったら息子のYZ125に乗ろっかな(苦笑

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

通称”A軍団”によるENJOY200参戦記 R1 [BCRTレポート]

そうなんですよね。
本来であれば応援に雰囲気を肌で感じに赴くべきだったのですが、前頁の”息子と二人”からなかなか卒業できない私は・・・申し訳ない。
にも拘らず写真や動画を送って下さり、ただただ感謝の私なのです。
気はあるのですよ気はね。
年内の何処かのラウンドで私もも参戦しようと思っているのですよ。
ただどうにも臆病で、一歩がなかなか踏み出せずにいるのです。
ある意味、BCRTの”Ad”さん率いる(別に率いている訳じゃなく友人達の集いなのですが)通称”A軍団”さん達の参戦記録を見る度に、手枷足枷の重量が加算されているよな・・・
image1.jpg
image2.jpg
この雰囲気の中で走れって言われても、動くパイロンどころか障害物でしかない様な気が・・・
でもねーしっかりとアピールして下さっているんですよね。
マシンとツナギの肩にBASE CAMP RTのロゴが・・・
image0.jpg
何かをサポートしている訳じゃないのに気を使って頂いて有難うございます。
A軍団の皆さんにも宜しくお伝えください。
そのご恩に報いる為に、何よりEnjoy CIRCUIT白糸スピードランド走行会に参加して下さっている皆と同じ空気を温度を味わう為に、自分自身楽しむって為にも必ずご一緒させて頂きます。
その際はどうかお手柔らかに。
と言っても他のエントラントには伝わらないでしょうから、動画を見て少しでも勉強せねば。
送って頂いた動画をUPさせて頂きましたので、ご了承の程お願い致します。

2017.3.5 BCRT”A軍団”ENJOY200Ⅰ

2017.3.5 BCRT”A軍団”ENJOY200Ⅱ

うーーーん、益々持って躊躇してしまいそう。
取敢えずツナギにブーツ/グローブ/ヘルメットはあるので装備は良いとして、マシンを何にするかですよね。
ミニバイク(NSR筆頭)に乗る技術も経験もないですしマシンもないので、BC試乗車であるKSR110PRO化かZ125PROと言うところでしょうか。
宣伝効果って程じゃありませんが、って言うか逆効果になるでしょうけど、リザルトではなくEnjoyする姿勢として(レース名どおり)どちらかでエントリーしたいと思います。
KLX110Lモタードってのもありかもな・・・流石になしか。
実を言うと、エンジンを焼いてしまった65SXモタード風(息子が小さい頃に乗っていたMX)が一番のお気に入りだったんですよね。
KX65があるから、それにしよっかな?
何れにしても、4月22日のEnjoy CIRCUITで走ってみてから決めようと思います。
ので、A軍団の皆さんも是非是非参加して下さいね!(上手いでしょう)

Googleアルバムへリンクさせて頂きました:2017.03.05 Enjoy200-1 FSWカートコース

この場でBOSSの奮戦記録をUP出来る日が来るのやら?
然して期待もしていないでしょうけど待っていて下さいね!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

JEC2017モデル大試乗会:ヘルメットカメラ動画編 [BCRTレポート]

成田MXパークで開催されたJECによる2017年モデルの試乗会ですが、BCRTの”Hg”さんより追加の動画が届きましたので参考までにUPしておきます。
それぞれのモデルがどうこうと言うよりも、なんだかとっても楽しそう。
目的意識や活動内容に本人の経験と技量がピンポイントで絞られていれば自ずと次期モデルも定まってくるんでしょうけど、サンデーライダーで機会があれば何でも何処でも走りたいってなると迷っちゃうんですよね。
柵がある訳じゃないんで、一番楽しめるモデルにするのが良いんでしょうけど、それこそが難しい・・・何せ自分自身が定まっていないから(私の場合ですけどね)。
------------------------------------
YZ125X

久しぶりにバイクに乗ったので恐々だったのですが125の軽い車体と扱いやすい特性で非常に安心して乗ることができました。
ただし、後から乗った250以上のバイクに比べるとやはり回さないとパワーというかトルクが少なく、最大限に力を発揮させようとするとむしろ難しさも感じました。

YZ250X

行く前は一番期待していたバイクでしたが、期待に違わない部分があった一方で、他のバイクと比較試乗すると悩んでしまう部分もあって、最終的には3番目に欲しいバイクになりました。
やはりトルクと一発の加速感は気持ちいいです。初級者レベルでも安定した路面ならトルクとちょっとした加速までなら使えるますし、TE250程ではないけど軽く、キックも125程ではないものの比較的軽いです。

YZ450FX

鈴木健二選手がガンガン当たりを付けて、更にリンクで車高を5cm下げた車体だそうで、比較試乗したCRF450RXより断然マイルドで角が取れていました。
セロー250FIと同じ重さとシート高にしたかったとのこと(そうしたら女性にもっと乗ってもらえるかもと言ってました)。
排気音が野太く250FXより柔らかいので軽快感はなく、マイルドな印象が前面に押し出されていましたが、
トルクは流石の450です。
マイルドな印象に仕上げていたからか、450RXよりは力を感じませんでしたが、体感での重さは同じくらいに感じました。
どちらにしても僕には450は持て余してしまう感じでした。

TE250

KTM250EXCと兄弟車ですが、乗ってみると別物ですね。
リンクレスの方がダイレクト感があってウッズとかでも良いかもしれませんが、僕はリンク付きの車体を自然にバンクさせられる方が好みでした。
ハスクのお店の方に聞くと、2017モデルからは開発も各々別チームになり、違う拠点で行っているそうで味付けがかなり違うそうです。

FE250

TE250よりタンクが幅広で、他社の250(YZ250FXとか)に比べても張り出しが気になって乗り難かったです。
パワー感もマイルドに味付けられていて、重さも少し感じやすい構造だったので印象は今一つでした。TE250が良すぎただけにその直後に乗ったのがいけなかったのかもしれません。
グリップ感もTEより無かったので試乗車はタイヤも違ったのかも??

CRF450RX

YZ450FXとの比較試乗でしたが、YZがガンガン慣らしを終えてサスやリンクをモディファイ済の車体だったので、ほぼストックと思われるCRFは全体的に硬い印象でした。
更にマッピングスイッチが切り替わらない不具合を抱えた方に乗ってしまい。エンデューロ向けのスムースモードを試せなかったのでネガな印象ばかりが残ってしまいました。450の扱いにくさ(初級者には重すぎ、パワーありすぎ)を感じたのですが、ホンダのスタッフの方に印象を伝えたら全て調整できる範囲ですとのことでした。
場所もMXパークでしたし、450を求める層ということで、中級上級者やMXライダー寄りに仕上がっていたのかもしれません。

YZ250FX(2回目)


やはりTEが気持ちいいですね。
250FXと250Xも2回目は気持ちよく走れました。
との事
------------------------------------
にしても、お豆さんですよね。
コメントも主観でありながら客観性も損なわず、その場での会話や温度感を交え・・・素晴らしい!
こういう機会を催すと言う事が、協力して下さるメーカーさん達が、尚素晴らしい!!
自分もこの場にいて試乗したら、モデルチャンジしちゃおうかなって思うかも?
それこそが思う壺(笑


共通テーマ:バイク

JEC2017モデル大試乗会 in 成田MXパークにて [BCRTレポート]

私達数名がウエポンカップで走っている最中、成田MXパークではJECによる2017年モデルの試乗会が開催されていたようです(すいません、ちーっとも知りませんでした)。
当日お互いの会場でLINEして、改めてMailでレポートを頂きましたので参考までにUPしておきます。
本人も口にしていますが、飽くまでも個人的な感想ですのでね。
-------------------------------------
来年まで我慢しきれずにエンデューロバイクの大試乗会に行ってきました。
JNCCのレース会場でちょっと乗るよりじっくり何度も乗れるますし、距離的にも比較的近かったので有意義な試乗でした。
以下、普段バイクに乗っておらず、レーサーも一年以上所有していない人間の感想です。
1.jpg
乗ったのは・・・
ヤマハ(YZ125X、YZ250X、YZ250FX、YZ450FX)、ハスクバーナ(TE250、FE250)、ホンダ(CRF450RX)、KTM(250EXC)、シェルコ(SEF-R250)
ベータとTMも来てましたが私は乗れませんでした。
なお、試乗車の慣らし状況とかは各社バラバラのようです。
ホンダだけは慣らしが出来ていなかった感じ。

では、気になったバイクを3台、順に書いてます(凄く個人的な感想ですが)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.ハスクバーナTE250
te250.jpg
全てにおいて気持ちよく走れました。

・車体が軽く感じる。
スペック上というよりは体感上で2ストのYZ125Xと同程度に感じました。。
試乗会に参加する前は一番興味のあったYZ250Xより一クラス軽いような印象。
これはコーナリング等で意図した角度に早く傾けられるという感覚です。
KTM250EXCも試乗しましたが、あちらはリンクレスなので私は乗ってすぐには馴染めませんでした。
前車がハスクのWR125だった事も影響しているかもしれませんが、ハスクの車体設計が自分の感性に合っているような気がします。

・マップ切り替えスイッチが便利
トラクション重視の「アドバンス」と、パワー重視の「スタンダード」が、右手のスイッチ一つで切り替え可能です。
アドバンスだとトルクもパワーもコーナリングでバランス良く楽ちんで、難所でもアクセルを開けすぎて暴走という事は無いような感じです。
対してスタンダードにすると2スト250らしい加速感で、直線ではフロントが浮いてくるような感じもします。

・セル付き
これが今の国産2ストにない利点ですね。
2ストとはいえ250だと125より多少キックは重くなります。
例えばYZ250Xでも通常路面ではさほど気にならないのですが、足場の悪い所等で止まってしまったらちょっと嫌ですよね。
それがセルがあることで解決されます。

とにかく2スト250でイメージする暴力的な部分は全く感じず、行きたい所に向きたいように向けられる車体と、欲しい出力が欲しい時に欲しいだけ手に入るエンジン。
超ユーザーフレンドリーな2ストローク。そんな感覚でした。
これで価格が国産並みだったら即決なんですけどね(笑)

2.ヤマハYZ250FX
yz250fx.jpg
・バランスの良いバイク
昨年までのモデルは乗った事が無いので分かりませんが、セルが直ぐにかかって楽ちんですし、TE250程軽くは感じないものの、マスの集中というか全体のバランスが良くて、コーナリング等で意図した角度に車体を傾けられる気がしました。
ただし瞬時に向きが変わり始めるTE250やYZ125Xに比べたら一拍遅く感じます。

YZ250XとかTE250とか450クラスのような圧倒的な加速感はないですが、広い直線等で少し開けてみた時にそれなりに充分速度が出ていく感じです。
どうせ自分は殆ど使う機会は無いので実用上250FXで充分かもとは思いました。

マスの集中でWR250Fより体感上は軽く、パワーは上に感じます。
押しが入ったりすると車重さも感じるのかもしれませんが、普通に走っていればトータルで疲労が少なそうなバイクです。
TE250もそんな印象ですが、価格と耐久性等を考慮すると、僕には国産のこっちが今はベターかなと思いました。

ただし、排気音がうるさい気がします。
いきなりエンジン掛けられるとちょっと驚くほど。

3.ヤマハYZ250X
yz250x.jpg
250FXに比べて体感で少し軽いですが、2ストに期待したほどは軽く感じませんでした。
これは後で乗ったTE250が更に軽く扱い易すぎて、2ストに対する印象を上書きしてしまったからかもしれません。
反面、2スト250という言葉からイメージする暴力的な加速感という意味ではこちらの方がやや上な感じです。

設計が古いYZをモディファイしたという事前情報が頭にインプットされているためか、乗りやすく仕上げられているものの、やはりまだ2スト250という感じが残っています。
良くも悪くも2ストらしさが残されているバイクだと感じました。

トルクは凄くあってどんなところでも不足は感じなさそうです。
コーナリングでもトルクがある上に450FXとかに比べて「スッ」と傾けられるのでとても楽に曲がれます。
ただ、裏に隠れた2ストらしさが見え隠れするため、体力的に楽な試乗会では楽しいだけですが、疲れた時や難所でアクセルを誤ったり、
体力が落ちてきて抑え込む事が出来なくなった時にどうかなとは感じました。

そう考えるとエンデューロではTE250のようなマップスイッチが欲しいですし、ガレでのエンストを考えるとやはりセルも欲しいです。
そしてやはりフレーム等を見直していただいて、TE250のように軽く傾けられるようにしていただければ・・・。
と思ったんですが今の価格では無理ですね・・・悩ましいところ。


気になったのはここまでで、以下は順不同で簡単な感想です。

ヤマハYZ450FX
yz450fx.jpg
クラッチがやや重い。
セローと同程度の重量とのことで乾燥路面ではそこまで重くは感じませんが、マディだと扱いきれないそう。
トルクが太く、パワーの出方も下はマイルドで比較的扱いやすいです。
どういうマッピングかは聞かなかったので不明。

ホンダCRF450RX
crf450rx.jpg
クラッチが凄く重い。
マップ切り替えスイッチ不調でフルパワーしか試せなかったためか、FXよりパワーが唐突で滑りやすい上に、狭い場所とかで大変そう。
サスペンションも硬く感じました。
調整できるそうですが、クラッチの遊びやアイドリングも個体差が大きく、とりあえず持ってきただけで試乗会向けにセッティングされていない印象でした。

SHERCOSEF-R250
sef-r250.jpg
車体はとても軽くエンジンもマイルドで、トライアル的なセクションでは扱いやすいのかもしれませんが、逆に言うと自分みたいな素人は(車体の向きが変え易過ぎて)ふらつきやすく、広い場所では加速等がちょっと物足りなかったです。
昼に観戦したエキシビジョンレースではぬたぬたのところを、このシェルコとベータだけはトラクションで登っていたのが印象的でした。
タイヤも関係すると思いますが、他のバイクたちはパワーで登っていた感じです。

KTM250EXC
250exc.jpg
ハスクと似た車重ですが、リンクレスが全てにおいて私には馴染めず。

ヤマハYZ125X
yz125x.jpg
ハスクのWR125に似て軽くて扱い易さや小回りさせ易さが凄いですが、パワーは回さないとやはりやや不足気味で、ライダーが考えて走らないとトルクが助けてはくれない感じです。
車体は意図した通りに傾けられるTE250と似た感じでした。
-------------------------------------
各モデルの試走感想と言うものは人それぞれ。
その人の経験や技量によっても異なるでしょうし、今迄乗ってきた車両にもよるでしょうし何を求めているかと言う点でも違いが出てきますよね。
今年の成績やメジャーネームライダーの一言ってのも気にならない訳じゃありませんけど、何よりもフィーリング(相性)が肝心なのかと思います。
そう言った点では、今回の様な各社各モデルの乗り比べ試乗会はとっても有意義な企画だと思います。
尤も、お財布事情ってのも肝ですけどね。
或いは私のように、自らのコンディション(衰え)を把握し易いようにとか、さぼらず乗る為とかの理由から2ストに乗るってのもありかと思います(昨年今年と怪我をして絶不調ではありますけど)。

にしても、注目は”やはり”と言うべきかYAMAHAのモデルが中心となるようですね。
Husqvarna(実際にはKTM改)が気になるってのは少々意外でしたけど。
来年には復活を期しているようですので、是非是非宜しくお願いします。
・・・・・BCRTもブルー比率が益々もって増えそうな?


共通テーマ:バイク
前の5件 | - BCRTレポート ブログトップ