So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

KSR PROでサーキットへ、そしてレースを・・・ [インプレ]

今まで当たり前過ぎて、定番だから、話題とする事が殆どなかったKSR。
なのですが、今年は改めて着目していこうかなと思っています。
切っ掛けは、Enjoy CIRCUIT白糸スピードランド走行会のミニクラス。
BOSSを始めミニモト(OFF組)は、D-TRACKER125やKLX110Lモタードに65SXモタードで楽しく走っているのですが、このクラスの他参加者ははNSRやらNSやらのミニロード系にスクーター、そしてKSR2スト4ストなのですよ。
1.jpg
正直NSRはちょっと怖くて乗れませんけど、KSRは”あり”かなと。
ミニモトOFFにロードタイヤだけ強引に履かせて走るよりも、そりゃKSRの方が向いてますよね。
その上、走行会に参加しているメンバーが、何と二輪館のミニバイクレースで走ってきちゃったんですよ(結果は別としても楽しそう)。
もともとReal1のミニモタードクラスにエントリーしていたという経緯もあり、ここはひとつ我々もミニバイクレースに出てみようかと・・・
ってな訳で、ここはひとつレースエントリーマシンって事で、KSR PROを試乗車として登録しちゃいました。
ksrpro.jpg
KSRにも色々な種類経緯がありますよね。
Enjoy CIRCUITに参加するKSRも、国内販売の初代2ストKSRⅡからKSR110が走っていますし、その後のBRIGHT取扱い輸入者であるKSR110に現行KSR PRO。
これまた正直に言うならば、2ストKSRⅡはノーマルでも充分なポテンシャルを要しているのに対し、4ストKSR系はどうしてもカスタムしたくなる・・・
国内そして輸入のKSR110はAT限定免許でも乗る事が出来ると言うメリットがあるものの、ボトムニュートラルの自動遠心クラッチだから、スポーツ走行やレースとなるとクラッチ(半クラ)使いたくなってしまうんですよね。
そこいくと、現行BRIGHTのKSR PROはクラッチ(湿式多板)付き常噛4段リターン(1→N→2→3→4)ですし、国内KSR110と違いちゃんとしたキャストホイールでもあるので、必要最低限の装備を有していると言えるでしょう。
なものですから、取敢えずはフェンダーレスにしただけで慣らし運転かねがね試走に出かけてみるとしましょう。
ksrpro1.jpg
・・・・・
数多くのKSRを乗って弄ってきていますので、驚く事もなければ意気消沈する事もなし。
ノーマルだからこんなもんでしょう。
ただ、同じノーマルだとしても同じエンジンを載せるKLX110Lの方が・・・
そりゃそうですよね、車体重量と排気が違うんですから。
でも、ロードでの安定感と何と言ってもブレーキはKSR PROの方が勝っています。
後は、どれだけ弄るかにかかわってきますから、レースのレギュレーションなど見ながら徐々にカスタムしていく事とします。
勘違いしないでくださいね、別にノーマルがNGと言っている訳じゃないんですよ。
普段使いならこれで十分楽しめますからね。
ただ、ことクローズドそしてレースとなるとって話なんですから???
うーーーん、クローズドだからレースだから絶対弄らなきゃって事でもないんですよね。
現に走行会ではノーマルのKSRでも楽しいですし、レースだってノーマルクラスで走れば良いだけなんで・・・・・我儘というか頭悪いやつという括りにしておいて下さい。
何れにしてもカスタムそのものが目的じゃないので、天井知らずで弄る気はないですから、レースレギュレーションに合わせつつ楽しむ程度で弄っていくつもりです。
おいおいとね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0