So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Ninja250SL & Z250で走るEnjoyCIRCUIT走行会:初級クラス  [インプレ]

そうなんですよ。
前回のEnjoyCIRCUIT走行会:白糸スピードランドで、試乗車のNinja250SLとZ250を走らせてみたんですけど、今回はもう少し真面目にトライしてみようかなと思いまして、私も初級クラスに混ぜて貰う事にしました。
初級クラスの走行車両も、ちょうどいい感じの車種でしたしね。

先導はマーシャル”A”さんが、Ninja250SL若しくはZ250試乗車で、後続車の様子を見ながらペース配分して走ります。ご苦労様です。
1.jpg
何を乗らしても上手いんだよね。
初心者にとっては先導の真後ろってのがベストポジションなので、後ろについて走りたいって人が多かったりするんですよね。
加えてコースを先導するだけじゃなくて途中途中で質問攻めに・・・親切丁寧(言い過ぎか?)にアドバイスする姿も見受けます。

この日一番食いついていたのが、Ninja250で参加の19歳。
膝擦りたいんだって!
2.jpg
オオーイケてんじゃないの!
Enjoy走行会への参加は今回で3回目だったかな・・・当初はツーリング用にって購入したNinja250だったのに、購入特典の一つ走行会1回無料招待ですっかり嵌っちゃったかな?
若いって良いよね(おじさんからして)、みるみる上達している姿が羨ましいです。
勿論、ツーリングも楽しんでいるようなので、一般公道では気を付けて無理せず走ってね。

200DUKEで参加のこの人(女性)も、マーシャルをロックオン!
3.jpg
女性だからと言って侮れません。
Enjoy走行会のみならず他コースの走行経験もありますし、回を追うごとに上達してきているように思います(実際速くなってきてますよね)。
マーシャル”A”さんや、1290SUPERDUKE Rでロードクラスを走る旦那さんからの助言に耳を傾け走りを模して、少しづつライディングフォームを修正しながら、次のステップへと進みましょう(間違っても私のまねはしないように)。

今回初参加のZX10Rさんは、この走行会”A”軍団三羽ガラスの弟さん。
兄弟、全然似てないよね。
4.jpg
確かこのバイク、以前はお兄さんが乗っていたやつですよね、しかもその時は赤かったような?
お話はあまり出来ませんでしたけど、楽しんで頂けましたか?
兄弟で同じ場所に顔を出すのは抵抗感があるかも知れないけど、是非次回も参加して下さいね。

初参加と言えば、やはり購入特典(無料招待)で来て下さったRC390さん。
RC390の前はCBR600RRで色々と走られていたようです。
ただ白糸スピードランドは初めてで、コースの小ささに戸惑っていた様子。
5.jpg
初級クラスから徐々にコースに慣れてロードクラスへ、今年は無理かもしれませんが来年は「KTM Orange Festival 」の390CUPにエントリーしてみますか。

常連?ともいえるNinja250Rさんは、微妙な速度となってきましたね。
初級クラスではでは物足りなくなってきたかな?でもロードクラスって訳にも・・・
まあ、初級クラスは参加台数が多いって事ではないので、今のところはクリアラップを見計らって無理せずマイペースで走って下さい。
6.jpg
それに、もう一台のカブで走るミニクラスを結構楽しんでいるみたいですしね。

このクラスに我々BCスタッフも混ざらして貰っています。
7.jpg
ミニモトブーツに皮ツナギそんでもってオフヘルにゴーグル、なんのこっちゃ。
しかも普段からロードバイク乗ってるとこみた事無いから凄い違和感。
君は素直にKLX110Lモタードで遊んでなさい。

そう、そのKLX110Lモタードと言えば、こんな感じ。
8.jpg
前回はCRM250で走っていたので、久しぶりのKLX110Lモタード。
本来であればミニクラスなんですけど、ミニクラスの走行ペースについていけそうもないからって、この日は初級クラスを走行です。
でも最後の方なんかは、全然見劣りしないレベルで走ってたよね。

最後尾から皆を見守るようについていくのは、マーシャルの”M”さん。
初級クラスのその日のメンバーとレベルによっては、2クラスに分割して後方クラスの先導に立ちます。
9.jpg
そう、このDRZ400SMでモタードクラスの先導も受け持って頂いています。
同じバイクでモタードクラスと初級クラス、消耗が激しくて申し訳ない。

何だか初級クラスの説明みたいになっちゃいましたね。
でも、たまたまですが、Ninja250RとNinja250が参加してくれていますし、ここでNinja250SLとZ250って関連性がバッチリでしょ。
マーシャルカーとしても使って貰っていますし、スタッフも試走している試乗車2機種。
前回から何故か?カラーリングかホワイトからオレンジに変わって登場したZ250。
10.jpg
11.jpg
BCスタッフ同様に私もなんのこっちゃの井出達です(笑
オフヘルにゴーグル,オフジャージに革パンツそんでもってミニモトブーツ、まあまあウェアはおいといて。
って言うか、それだけ気軽に乗れるという事ですよ。
勿論、Enjoy走行会だからと言ってミニサーキットであっても、フル装備(皮ツナギ)であるに越した事はありませんので誤解なきように。
この初級クラスには同様の車種の参加者が多いですが(今回は特に新旧Ninja250揃い踏み)、安全に楽しくマイペースで且つ雰囲気ありありって感じで走るには、このクラスのモデルは持って来いです。
速過ぎず遅過ぎずの速度タ,硬すぎず柔らか過ぎずのサスペンション,軽過ぎず重過ぎずの車体,俊敏且つ鈍重,適度なブレーキに適度なタイヤ,ポジションも然り、何と言ってもマシンからの強迫観念がないってのがベスト。
それでも無理せず上手に乗れば、充分に楽しめますよ。
私の様なロード初心者でも(無駄にバイク歴幅がいですが)、マーシャル”A”さんでも何故か乗った感想は同じなので間違いなしです。

なのですが、前回とちょっとだけ異なる点が・・・
それは、可もなく不可もなくベストと思っていた(実際今回もそう思いましたが)Z250よりも、前回は少しだけナーバスかなと思っていたNinja250SLがより一層楽しく感じられた事。
12.jpg
13.jpg
乗り手の私は相変わらず下手糞ですけど(これでも意識しているんだけどなー)、それでも”走る”って事に集中して乗り出すとNinja250SLが思いの他楽しい。
全ての面がヒフティーヒフティーと思われるZ250と比べると、6:4位の割合で運動性に振っているように思われるNinja250SL。
流しているだけではナーバスに感じていた性格が、少しだけその気になると意識とのシンクロ具合が増してくるよう・・・
そうなんですよね、決して速いとは言えないインジェクション250ccシングルのNinja250SLではあるのですけど、「レーシーでポテンシャルの高さを誇るライトウェイトスポーツ」とKawasakiさんが表する所以がそこにはあります。
まずは自分から、ちゃーんとツナギを着こんでオンロードヘルメット被ってそれっぽく。
マシンはサイレンサー位は交換したいかな、出来ればタイヤもね。
当たり前の事ですが、慣らしをきっちりと終わらせて上まで回せるようにして。
そうして準備万端で迎える10月17日のEnjoy走行会・・・6:4であった割合は7:3位に変化(進化)する筈。
うーーーーん、残念ながら乗り手の私が追いつかないかも。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0