So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

KSR110(国内)のKSR PRO化計画:エンジンボアアップ&マニアルクラッチ [インプレ]

【今更ながらKSR110(国内)をKSR PRO化しています・・Ⅴ】

昨日も実際にプライベートで使用しているKSR110(国内)PRO化ですから、次から次へとUPしていかなければ・・・KSRファンであれば周知の事でしょうけどカスタムすると思いの外、じゃなかった思惑通り良く走って楽しいですよ(ノーマルでも勿論可ですけどね)。
って事で今回は、エンジンの話題とします。
何故かよく余っているSP武川のSステージボアアップキットを組み付けます。
(これもKLX110Lで使っていた中古のエンジンキットです)
ks1.jpg
今回は少しだけ欲をかいてポートを綺麗に滑々にしておきました。
このキットを使ってボアアップするとオートデコンプがNGとなるので、使わなくなった(使えなくなった)セルスターターにギヤ類は取外してしまいます。
ks2.jpg
そんでもって、ぽっかりと開いたセルモーターの取付部分を一工夫して蓋をしておきます。
ks3.jpg
なのですが、今回のベース車両は国内販売されていたKSR110(端からキックオンリー)なので、その手間は必要ありません。
そして序と言う訳ではありませんが、同じくSP武川のスーパーオイルポンプキットも純正と交換しておきます(使い勝手にもよるでしょうが、今のところオイルクーラーの必要に迫られた事がないもんですから)。
ksr5.jpg
どうせクラッチカバーを開けたのですから転ばぬ先の杖、ケブラーフリクションディスク&強化スプリングセット(SP武川)も純正と交換しておきます(中古のKSRがベースですからメンテナンスって言う意味でも)。
ksr6.jpg
ん?何か忘れてませんか?
そうそう肝心要のクラッチがありましたね。
これこそがKSR110(国内)のPRO化計画でした。
自動遠心クラッチであるKSR110をPRO化(カスタム)する為には、マニアルクラッチに変更しておかねばなりません。
ksr4.jpg
相当昔、当時の(今弄っている)KSR110(国内)であったり、KLX110(Lじゃない)をマニアルクラッチ化する際に用意しておいたキットです。
それこそ当時は流用部品として販売したりもしていましたが、すっかり鳴りを潜めていたキットパーツなのです。
今回を機にBCでも、久方ぶりにカスタムパーツとしてHPに掲載しました(ちょっとだけおまけして)。
1.jpg
BRIGHTのKSR110(タイ)であれば、それこそKSR PROの部品がそのまま使えます。
が、当時の国内販売されていたKSR110(今回のベース車両)の場合だと、KLX110Lの部品を流用するようになります。
気を付けなければいけない点としては、
’03-’05年(~KL110A-A04880)モデルに装着する場合は、レバーアッシ,チェンジ(シフトペダル)を’05年(KL110A-A04881~)以降のモデル用に交換する必要があると言う事です。
ではクラッチレバー(ホルダー)はと言うと、これはKSR PROの流用でOKです。
今回のPRO化KSRは、異なる部品を使用していますけどね(前頁・・Ⅳ参照)。
それともう一つ、マニアルクラッチにしたからと言って通常のシフトパターン1⇒N⇒2⇒3⇒4になる訳ではありません。
ボトムニュートラルであるN⇒1⇒2⇒3⇒4のままですのでご注意を。
このボトムニュートラルを1⇒N⇒2⇒3⇒4に変更する為にはシフトドラムを交換する必要があります。
BCの試乗車は全て(今回も)シフトドラムを交換してありますが、エンジンを腰下(クランク)まで全バラしないと交換出来ないので、要検討して下さいね。
ボトムニュートラルのままでも充分クラッチ操作(所謂半クラ)が可能(楽しめる)と思いますよ。

今宵はここまでとして、次回はエンジン周辺パーツとまいりましょう。


共通テーマ:バイク