So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

KSR110(国内)のKSR PRO化計画:キャブ&エアーフィルター&ブラケット&マフラー [インプレ]

【今更ながらKSR110(国内)をKSR PRO化しています・・Ⅵ】

エンジン周辺パーツと言えば吸排気ですよね(カバー類じゃなく)。
吸気と言えば、これまたKLX110Lからの使い回しで、BCでは定番のKITACO製ミクニVM26キャブキットを装着します。
過不足なく使えていると、新しく別のパーツを試してみようって気になり難いもんですから。
1.jpg
雨天時での走行を考慮するなら純正のエアーフィルターBOXを使うのですが、その辺りは想定していないので剥き出しのエアーフィルターを装着します。
(純正のエアーフィルターBOXを使用する場合は、キャブのジェッティングを相当絞らないとかぶってまともに走れませんので要注意)
このフィルターの場合ガソリン使いたい放題(燃費はもちろん悪いですけど)なので、相応のパワー感を楽しめます(ある意味扱い難い)。
雨は?ですけど埃対策レベルであれば、エアーフィルタープロテクションをフィルターに被せるだけでも十分な効果を発揮します(KLX110Lだと有効なパーツなのですが、ONのKSRには必要ないかな?)。
4.jpg
このタイプのフィルターはTwo Brothers RacingかUNIとなりますが、これも使い回してUNIを取付けます。
その取付方法は、基本はキャブレターに直付けなのですが、ちょっとだけでも雨風埃を意識してBCでは純正のダクト部分をBOXより取り外して使用します。
こうすると全面吸気ではなく左サイドに取付出来ますのでね。
2.jpg
すると当然純正のエアクリBOXの変わりに、左シュラウドの固定用として専用のブラケットが必要となる訳です。
このブラケットはKSR110(国内)やKLX110Lに使用出来るだけではなく、BRIGHTのKSR110PRO(タイ)にも使用可能(BOXの下についている小さな純正ブラケットを再利用して)です。

さて吸気の次とくれば必然排気。
ここでも予算との兼ね合いからKSR110用を新たに注文して付けるのではなく、な・な・なんとKLX110L用のマフラーを強引に装着してしまいました。
(種類が多過ぎて悩んでいたのも事実なので)
3.jpg
KLX110Lで使用していたPRO CIRCUITのT4マフラーです。
言わずと知れた(ですよね?)KSR系とKLX系の同エンジン(年式により各々)だからこそ可能な裏技です(笑
エンジンが同系だけらと言ってもフレームは異なる設計です(当たり前)。
ですから、ギリギリのクリアランスを持って(実はフレームに干渉するので断熱材を張って)、ステー等は一工夫で取付可能?です。
しかも今回は、KSR110(国内)のKSR PROかな訳で、カウル類を全てKSR PROに変更するのが決め手なのです。
写真で分かるかとは思いますが、KSR110(国内)と違ってKSR PROはテールカウルとサイドカウル部分が分割できるのです。
まるで専用のマフラーのように角度も綺麗に治まります。
決してお勧めと言う事ではありませんが、個人的には”あり”だと思います。
ちょっとばかし音量が気になるので、グラスウールを巻き直してエンドキャップを工夫して取付けてみようとは思っています。

次は小物類を後回しにして、いよいよPRO化の本題であるカウル装着とまいりましょう!


共通テーマ:バイク