So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

KSR110(国内)のKSR PRO化計画:KSR PROカウル装着 [インプレ]

【今更ながらKSR110(国内)をKSR PRO化しています・・Ⅶ】

それではPRO化の本題?となります。
そもそも、Z125PROが発売されている今尚KSR110PRO(タイ)キャブを試乗車としているのは、この手のミニが好きだから。
そのBRIGHTもの試乗車を引退させてKSR110(国内)を試乗車(遊び車)にしようとした切っ掛けが、草臥れて入庫してきたKSR110どうしようかな?
2万キロ走ってるし,錆びてるし,サスは抜けてるし,タイヤ山ないし,カウル色褪せて日焼けして白っぽいし、今更だよな・・・
ん?KSR PROのカウルに交換出来るんじゃないの?
KSR PROが現行だった頃は気付いていても敢えては実行しようと思わなかったカウル交換、でもZ125PROが発売されてKSR PROが貴重品?勿体なくなって・・・
そんな諸々の事情からのPRO化です。
それにKSR110(国内)を持っている人って多いんじゃないのかな?って事も。
仕事半分遊び半分でこうなりました。
1.jpg
入庫した状態の写真を撮ってなかったので途中から(当初はその気がなかったから)
1.jpg
デカールを張っていないカウルだけの写真があれば分かり易かったですよね。
正直、ここまでブログネタにする気がなかったですし、Enjoy CIRCUITに突貫工事で間に合わせたかったので、殆どの写真は途中経過ではなく完成車から振り返ってみればってものばかり。
2.jpg
KSR PROなんだか、ただのKSRカスタムなんだか分からなくなっちゃいました。
カウルを交換する際に問題となる、剥がせないタンクのデカールと言うのが一つの課題だったものですから、でもやり過ぎちゃったかな?(次頁で)
4.jpg
フロントフェンダーは何の問題も無く簡単交換。
ヘッドライトカウルに関しては、下側は問題なくボルトオン出来ますが、上側の左右2箇所は何らかのステーを自作しないといけません。
ウインカーも純正だとライトカウルに付いているので移設しないと。
今時ウインカーは何でも何処でも取付出来るでしょうけど、敢えて純正をそのまま使う事に。
9.jpg
ステム上部(フォーク取付用)のボルトに自作したステーを共締めして、ヘッドライトカウルを固定します。
純正で付いていたブレーキホースやケーブル類のクランプは外しちゃいます。
問題がないとは言いませんが少ないと言う事で。
純正のウインカーも、ここに共締めして問題なしと(ちょっとばかしグイッと捻りますけど)。
10.jpg
上から見ても綺麗に治まります。
本来のライトカウルステーはメーター諸々のステーを兼ねていますので、そのまま残しておいてダミーでネジなど入れて後処理を。
この際、ヘッドライトの配線(カプラー)加工が必要となります。
3.jpg
シュラウドは至って簡単?
タンク2ヶ所はボルトオンなので、残りの下1ヶ所のみ。
右側はスクリーンの形状が違いますので、KSR PRO用の部品を使うのがベスト。
BCでは、元のスクリーンとカウルの間にV時に曲げたステーを入れて付けちゃいましたけどね。
7.jpg
左側は、KSR PROのエアクリBOX下に付いているブラケットを使えば、BOX自体の形状は同じなので簡単に取付可能です。
8.jpg
写真はエアクリBOXを取外した変わりのブラケットの下に、その部品を付けています。

そして、テールカバー+サイドカバーなのですが、取付位置は基本同じ場所に設置可能です。
KSR PROは前側1ヶ所と後側上部(ベルト共締め)の1ヶ所に、テール&サイドカバーの裏に隠れているブラケットを1ヶ所の計3か所止めとなっていますが、カウルを持たないと言う前提のもと隠れているブラケット部分は使わずに2か所止めにします(故ブラケットは必要ありません)。
5.jpg
前側の1ヶ所はボルトオンなのですが、問題は後側上部となります。
位置も角度もKSR110(国内)とKSR PROでは異なります(フレーム形状が違う)ので、何らかのステーを自作しなければいけません。
6.jpg
然して強度が必要と言う訳ではないので、一工夫二工夫でステーを作ってしまいましょう。
取付は以上完了なのですが、リヤフェンダーとの間に少々隙間が出来てしまいます。
リヤフェンダー取付部分のカラーを薄いものにするなどして隙間を詰めてみましたが、何らかのフェンダーレスにするとカッコ良く収まるかも知れませんね。
そうそう、付けているマフラーが純正なのかアフターパーツかにもよりますが、断熱シート(パッド)も忘れずに張っておきましょう。
BCの場合は強引にKLX110L用マフラーを装着しているので、サイドカバーがUPPとLWR分割で功を奏しました。

因みに、フロントフォークガードも上下セットでボルトオンです。
2.jpg
強いて言えばクランプまで交換すると尚可です(ちょっとばかし大きさが違うから)。

これで全てのKSR PROカウルを装着する事が出来ました。
KSR110(国内)のKSR PRO化完成ですね。
丸っこくて可愛らしいKSR110(国内)も勿論’あり’ですが、シャープな印象のKSR PRO化も”あり”なんじゃないでしょうか?
色褪せて白っぽくなってしまった貴方のKSR110(国内)もイメージ一新!
如何ですか?
カウル類を取付ける為のステーを自作しなければいけないのが難ですが、簡単な部分だけチョイスして交換するのも”あり”だと思いますよ。
今回の自作ステーを販売するか否かは不明。
専門の方に依頼すると製作個数が必須となるでしょうし、価格もそれなりに高騰すると思います。
ので、完成度は低いでしょうし見栄えも今一でしょうけど、試しに作ってみようかなと思わないでもないです。
製作機器がある訳ではないので、本当に手作りでね。

次頁はいい気になって製作したデカールに関してです(これは販売しますよー)。