So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Z125PROにOVERのバックステップを装着 [インプレ]

実はこれも昨年末の事なんですけど、年末になって漸く少し時間が取れるようになったので、BC試乗車の「Z125PRO KRT Edition」を少しづつ弄っていく事としました。
昨年4月に試乗車としたキャンディーライムグリーンは、訳あってBCユーザーさんのもとへと嫁いでいきましたので、2台目の試乗車となるKRT Editionがベースです。
お渡しするのがやっとで、試乗車までは確保出来なかったものですから間がかなり開いちゃいました。
(と思っていたらNEWモデルが・・・後日のブログで)
1.jpg
クローズドオンリーという事ではなく、ナンバーを取得している一般公道走行試乗車ではありますが、Enjoy CIRCUIT白糸スピードランド走行会を意識して走ってみると、慣らし中にも拘らずどうにもステップの位置が気に入りません。
1台目試乗車の時には気にならなかったんですけど。
3.jpg
KSR110PROのモタード(オフ)っぽいポジションとは違い、Z125PROはロードモデルとしてのそれなので、出来もしない癖してロードっぽく乗ってみると・・・
基本少し前傾姿勢となるシートとハンドル位置に対して、ステップだけが異なる配置。
街乗り程度であれば問題ないのでしょうけど(当初は気にならなかったので)、心持が変わるとポジショニングまで変化してくるようです。
何が気に入らないかって言いますと、タンクの横の張り出し部分に膝が当たっちゃうんですよね。
ステップに対する足の位置や全体の姿勢にもよるんでしょうが、それこそ当初膝の収まりが良いタンク形状だなと思っていたのに全く逆の印象となってしまいました。
気になり始めると居ても立っても居られない状況故、バックステップを取付ける事にしました。
幾つかのメーカーよりZ125PRO用のバックステップが用意されているようですが、3cmとか4cm移動した程度では如何ともし難いという感じなので、最も移動距離の長い設定のOVERバックステップをチョイスしました。
純正と比較して、後方に10~11cm上部に2~3cm移動できるタイプです(組み合わせで4通りのポジションを選択できます)。
2.jpg
ノーマルとOVERを比較すると一目瞭然。
この時点で10cm下げて2cm上げているので、まだまだ調整可能です。
充分と言えば充分なんですけど。
全体のポジションもしっくりきますし膝がタンクに当たる事も無し、この位置であればステップガリガリって事もおそらくないでしょう。
見た目もカッコ良いし強度も問題なさそうです。
強いて言うなれば、シフトロッドの角度が真っすぐではないところが気になりますね。
それとブレーキの作動方法が凝ってはいるものの、円運動から直進運動に変わる部分が・・・運動性に多少マイナス面がある様な気もします。
そうそうブレーキスイッチ用のステー部分なのですが、微調整をしないと部品同士が干渉してブレーキが効かないって事にもなりかねませんので要注意。
私は調整した上で少し曲げちゃいましたけどね(笑

逆にアップハンにしてモタードっぽく仕上げるって方法もありましたけど、シートを加工しなければいけないですしサスのセッティング(然して出来ないので交換?)も必要となりますし、シャーシとの相性(開発コンセプト)からして、KSR110PROとは一味違うミニロードモデルとして乗っていこうと思います。
因みに、タイヤは以前のKSR110PRO試乗車に装着していたDUNLOPのT93GP(フロント100/90-12ソフト,リヤ120/80-12ミディアム)を取外して取付し直しました、勿体ないからね(笑
3.jpg
この後は弄りまくる気はないんですけど、マフラー位はね。


共通テーマ:バイク