So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

CRF250R賛否両論のデカール&シート+リムアルマイト [インプレ]

先月のEnjoy OFFROAD走行会前日にお渡しし、当日楽しく乗って以来動かざるごと山の如しの’18 CRF250R。
[GWまで乗る暇がなさそうなので]と言って、一ヶ月以上経ってますよね。
尤も私だって、その間一度しか乗ってませんけど・・・
月に一回多くて二回、乗らない月だってありますから似たようなもんですけどね(笑

かと言ってオーナーが不動だからと言って、CRFも微動だにしていないって訳ではありません。
実動はしていなくても少しづつ変化していたりして。
当初の予定通りでもあるんですけどね。
2018 CRF250Rデカール&シートカバー.jpg
前後のホイールリムをブラックアルマイト。
昨今、新車の状態でブラックアルマイトは珍しくありません。
今年のYAMAHAなんてブルーアルマイトですしね。
にも拘らず、最新2018年モデルのCRFは相も変わらずのシルバー(無垢)状態。
私としては、いっそレッドアルマイトとかが良いんじゃないかなと思いましたが、オーナーさんは守りに入ってのブラックアルマイト・・・鉄板ですね。
の癖して、このデカールは攻めてますよね。
「GEICO HONDA」写真後(棚の上)のCRF50Fにも張っているデカールではあるんですけど、以前のデザインとは違ってロゴだけではなくトカゲのマーティンがシュラウドとフォークに・・・
米国大手保険会社GEICO(ガイコ)のコマーシャルキャラクターらしいのですが、賛否勃発。
正直言って私は否なんですけど、以外にも(私からしてですが)賛も数名。
アメリカっぽいのかイギリスっぽいのか?国際的なセンスの持ち主が・・・私が保守派なのかも知れませんね。
そんでもって、赤一色のシートが嫌だって交換したのがこのシートカバー。
よくあるブラック/レッドではなく、レッドにホワイトリブって確かに珍しいですけどサイドのHONDAロゴが剥がれないか心配です。

要所要所は好みの差があるとしても、全体的にはカッコ良いですよね。
ただ2018年最新モデルって印象が、何故か馴染んでしまったように感じるのは私だけでしょうか?


共通テーマ:バイク