So-net無料ブログ作成

GW最終日にモトビでやっちまいました [プライベート]

やっちまいました!
GW最終日にモトクロスビレッジへ走りに行ったんですけど、やっちまいました。
やっちまったので、写真は走り始め早々の極僅か。
2019.5.6BCRT_DAIKI_KX250F_モトビ.jpg
毎度の【DAIKI=KX250F】と、毎度と言って差し支えない【Kaw=RM-Z250】さん。
2019.5.6BCRT_RM-Z250_モトビ.jpg
これまた毎度で写真のない私と、もひとつ毎度で遅れて2人、合わせて5人でフリー走行。

Google:2019.5.6 モトクロスビレッジ

朝一番は、おそらく昨晩それなりに雨が降ったらしく、到る所に水溜りがあるチュルッチュルのコンディション。
走っているのは私とDaiの2人だけ。
しかも、前日のレースコースレイアウトの名残らしく、フープスの入り口出口に遮るように土塊がボコボコと配置されているじゃありませんか。
チュルチュルで滑る中、2人して散らし踏み固め、少しづつ走行ラインを作っていきます。

一昔前なら、上手い人が耕して走り易くなるまで走らなかったであろう私です。
されど、今の私は、これもまた練習だと積極的にコースイン。
実際には言う程走れていないし、滑って滑ってビビりながらのヨチヨチ走り。
まあ2ストYZ125だからね・・・
2019.5.6BCRT_DAIKI_YZ125_モトビ.jpg
自分じゃなくてDaiだし、コースが乾いてからだし、自分だって・・・
皆が走り始めて、コースも乾いて、自分自身も気合を入れて、午前中ラストのクラス分け・・・
上級クラスを走るDai他面々の走りを見、午後からは自分もこのクラスに混ざって走るぞと意気込んで、自分のクラスになって走り始めて3周目、やっちまいました。
実は既に持病の右膝が悲鳴を上げていて、右足を引き摺りながら歩いていて、YZに跨るだけでも一苦労していた矢先です。

[今日は走らない方がいいんじゃないの][もうやめとけば]ってDaiにKawさんに言われていたにも拘らず、[走りだせば痛みは感じないから]なんて強がって無理して挙句、やってしまいました。

フープスで派手にすっ飛んで転んで、左の踵を骨折してしまいました。
2019.5.6BCRT_BOSS_踵骨折_モトビ1.jpg
プライベートで走りに来ていらっしゃった先生に処置して頂きました、有難うございます。
敢えて多くは語りませんが感謝しております。
店長にも他皆さんにもご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした。
BCRTの面々にも感謝しています、有難うございます。
[本人が平気だって言ってるんだからさ][俺、午後も走るから]って、気持ちと立場と雰囲気と足して割って、息子Daiも逞しくなったなと一入です。

転びながら捻れていく自分の足(ブーツ)がスローで見えていました。
正直、あらぬ方向に向いてしまうと思いました。
迫る地面に対し上半身を丸めて受け身をとって、自らを追い越していくYZ125を視線に捉え・・・この冷静さが時間が転ぶ前に欲しかった。
あらゆる意味での自分の未熟さに反省しきりです。

当日はGW最中の為、病院も専門医は難しいだろうから、帰って湿布して包帯巻いて安静にするのみです。
痛いには痛かったですけど泣く程じゃないし、捻挫でおさまってくれるといいなって・・・
翌日、整形外科で、いい感じに膨れてます。
2019.5.6BCRT_BOSS_踵骨折_モトビ2.jpg
レントゲンの結果、踵が斜めに真っ二つ骨折決定となりました。
全治3ヶ月との事でした。
踵の上、左膝も捻って痛いんですけど毎度の事なんで放っておきます。
右腿はハンドルに当ったのか?打ち身程度でしょう。
走る前から痛かった右膝は、今回を機に現状を再確認しておこうと思います(来週MRIです)。

骨折自体、怪我をする事自体は、勿論結果NGです。
当日の廻りの人達にも、その後の家族にも、仕事でも、多くの影響を及ぼしてしまいます。
何事に於いても現状以上を目指すなら、ある程度のリスクは考慮しておかなければいけません。
考慮した上で極力リスクを減らし一歩前へなのですが、リスクよりも己が把握できていなかったのかも知れません。
54歳にして、仕事の為としてではなく廻りの皆の為としてでもなく、己の為のトライです。
皆がいるからこその己であるという事には変わりありませんが、ちょっとばかし我儘に遊ばさせて頂いています。
だからこそ、骨は折れても心は折れておりません(笑
これから梅雨に入りますし、3ヶ月程休憩して復活しますので暫時お待ち下さい。
2019.5.6BCRT_BOSS_踵骨折_モトビ3.jpg
日頃のトレランも出来る訳もないので、体力劣って太ってしまわないか心配ですが、既に普段使わない処に負荷がかかって筋肉痛。
左足を上げているので脹脛と内腿が、右足一本なので体幹と筋力が、松葉杖を脇ではなく腕で支えているので両腕がパンプアップ状態です(笑
出来る事出来ない事、仕事にも早々復帰しています。
YZ125は、後日確認修理って事で。

皆さんも気を付けて重々承知の上で走っておられる事でしょうけど、
事だと思いますので、
ですよね。
私も何ですけど、今回は少しばかり過ぎました。


共通テーマ:バイク