So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

’18 YZ125X初乗り前のグリスアップ&アフターパーツ [インプレ]

BCRTメンバーの宣伝部長ThibiNoriさん。
FREERIDE250Rから2018年モデルYZ125Xにマシンチェンジ!
2018年は気するものがあるのかな?
DR-Z70からKX85ⅡそしてCRF150RⅡとなって、昨年2月にFREERIDE250Rへと・・・
お遊びからクローズドそしてエンデューロ何れもファンライドって事に変わりはないものの、活動の場も意識も勿論技術も変化してきたいるみたいです。

どうやら決定的だったのがEnjoy OFFROAD走行会。
FREERIDE250Rだとクローズドコースは相性が良いとは言えないので、本人少しばっかり消極的。
でも私としては皆で楽しく走りたい、そう皆で!
無期限無料預かりのCRF150RⅡ(以前に乗っていたモデル)もあるし、私のYZ125だってDaiのKX250Fだって何でも乗れるんだから・・・
乗ってお気に入りだったのは、BCRTメンバーのYZ250FXみたいだったんですけどね(笑
ほんの少しだけど自信もついたし、何より楽しめる余裕が出来た。
ならば、いっその事・・・
BCRT_YZ125X.jpg
シチュエーションを選ばず遊べそうな「YZ125X」に!
ブルーアルマイトのリムがカッコイイ!
YZ125よりも低中速が扱い易く、低速トルクがあると評判のYZ125X。
エンジン特性だけではなくサスペンションもエンデューロ向け。
小柄な本人でも扱えそうなYZ250FXよりも軽い車体。
ライセンス持ちではない私達には、クローズドでもエンデューロでも充分過ぎるスペックなのかと思います。
サイドスタンドも付いてるし、これでセルスターターがついてラジエターファンがあったら言う事なしなんでしょうけど、必須?かと言われたら・・・なんとかなるかなっと。
正直に言って今年の買換えはないと思っていた私、あれこれ話して来年検討してみても良いんじゃないかなって程度だったんですけど、本人なりに思案しての選択だと思いますので、楽しく乗って貰えればと思います。
BCRT_YZ125X_1.jpg
実は前もって頼んでいるYZ250FXやCRF250R(おそらくは来年1月中に入荷)よりも、あとに頼んだYZ125Xの方が何故か早く入ってきたのでした。
っていうかメーカー在庫があったらしい(理由はおいといて)。
なので早速各部のグリスUPとなりました(写真本人ね)。
序に更なるエンデューロ化って言うか、転倒に備えてアフターパーツ諸々を。
BCRT_YZ125X_2.jpg
やっぱりラジエターガードは必須かな?(私はつけてませんけど)
BCRT_YZ125X_3.jpg
こちら側のラジエターホースがガードに干渉するみたいなので、保護しておいた方が良いでしょう。
BCRT_YZ125X_4.jpg
YZ125は特にフォークのボトム部分が浅いので、プロテクターはあった方が良いかも知れません。
BCRT_YZ125X_5.jpg
チャンバーガードもね、凹むと排気効率云々よりも見た目がね。
BCRT_YZ125X_6.jpg
ディスクガードもあるに越した事はないかな。
BCRT_YZ125X_7.jpg
思いの外マッチしていて出来の良いフレームカバー、私のYZ125にもつけようかな?
後は写真撮り忘れましたけど、フロントスプロケット部分のケースセイバーを付けたり。
最初のミッションオイル交換後に付けるつもりのスキッドプレート。
私のYZ(ワークスコネクション)のような必要最小面積のものではなく、ガッツリと覆うタイプです。
最後は海外に発注しているデカールが届けば、取敢えずは完成って事で。

サスペンションに関しては慣らしが済んだところで要検討。
リンクで調整するか?ショートストロークとするか?更なるソフトスプリングか?シート加工か?
何も分からなかった頃とは違い、ある程度は想定する事が出来るようになっているらしいので、本人の意見を尊重してセットアップしていこうかな。

明後日31日は年末恒例の走り納め。
そこでYZ125Xのデビューラン(初走行)。
本人はCクラスからマシンと自らの慣らし運転となる事でしょう。
Bクラスでの慣らし運転を頼まれているので、私も楽しみで仕方ありません。
自分のYZ125より相性が良かったら、逆に悩んじゃうかもしれませんけどね(笑
間違ってもDaiには乗らせないように・・・いきなり開けられても困りますから(笑

走り納めの後でYZ125Xのインプレを・・・休みだから年が明けて仕事始まってからでいいですか?

毎年恒例?湯河原みかん! [BOSSのひとり言]

毎年恒例何て言っては、失礼に当たりますかね?
喜ばしさの表現なんですけどね。
はい、今年も頂戴しました”湯河原みかん”!
有難うございます。
湯河原みかん.jpg
皆さんもご来店の際には、是非美味しく頂いて下さいね。
じゃないと、下の方があたってしまいますから。
そうだ、折角だから、年末年始の走り納めと走り初めに持っていこうかな。
走り納めは31日モトビで、走り初めは明けて4日/7日のオフビって予定です。
飽くまでも予定であって確定ではありませんので、BCRTラインで確認&書きこんで下さいね。
(だれ宛のブログだって話ですけど)

年末年始、みかんを食べて御持ちを食べて、蓄え過ぎないようにせっせと走って締め括ってスタートして、如何なる年となります事やら?
それは貴方次第、自分次第。
明日、実はブログの日付の後で綴っている今28日でBOSSは53歳に・・・
まだまだ、更なる飛躍を・・・今から始まるつもりで・・・Let’s GO!!!!!

レースで走りながらのインカムって [気になるアイテム]

前頁で、山梨林道ツーリングネタを提供してくれた2人が再び登場。
話は遡って、前頁でも触れたウエポンカップにKLX110Lで参戦した時の事・・・
私も、ついこの間知ったんですけど、”インカム”で話しながらレースを楽しんでいたらしいのです。
ツーリングに行く時は、それ用のヘルメットに装着して、
ヘルメット通信2.jpg
ヘルメット通信1.jpg
レースに出る時は、レース用のヘルメットに付け変えているんですって。
インカム自体のメーカー云々は措いときますが、装着ステー部分のみを各々のヘルメットに予め装備しておいて、本体を使い回しているんだそうです。
邪魔にならないタイプのインカムをチョイスして、上手い事工夫してイヤホンやマイクを内部に納めてって事らしいです。
この程度の露出(固定)であれば、ヘルメットカメラと同様かそれ以下の雰囲気ですよね。
BASE CAMP RT_KLX110L_インカム1.jpg
ウエストポイントカップのモトビやオフビ程度の広さのコースなら、問題なく話が出来るらしいですよ。
流石に山の中でのエンデューロとなると難しいのかも知れませんけど。
それすらもインカムの機種次第なのかな?
今では、別にインカムでなくともスマホ+ブルーツースってのが当たり前?
それならオープンエンデューロでも可能です(山の中何で届くかどうかは別にして)。
BASE CAMP RT_KLX110L_インカム2.jpg
って、別にインカム自体の宣伝って事ではなく、使い方って話なんですよ。
確かにツーリング等でインカムを使っている人達を、割と良く目にしますよね。
私もその昔使っていた事があります。
個人的なツーリングでもそうですが、マスツーリングでの連絡用としてね。
それを、ウエポンカップのレース中に使用しているってところが肝。
真面走りしている人には勿論関係のない話でしょうし、エンジョイレースの仲間内であっても(BCRTがそうですが)、何処にいるんだろ?/あ!発見/ヨーシ追い付いてやる/イエーイ!ヒューヒュー!って感じです。
レース中にインカムで話す事自体が必要か否か、賛否って事ではなく、KLX110Lならでわの楽しみの一つとして面白いかなって話なんですよ。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_KLX110L.jpg
私も付けて、3人で話せればって思っちゃった次第なのです。
オフビ位の広さで60分レースの参加台数で参加車両の中でのKLX110Lって、ある意味暇なんですよね(笑
同じレースを走っていても、心のおきどころが違うって言うか?
私なんか、途中で足が疲れて正直面倒になってリタイヤしちゃいましたけど、もしインカムで話しながらであったなら最後まで踏ん張って走っていたかも知れません(飽くまでも”かも”ね)。

決して推奨って事ではないですが、ありと言えば”あり”かも。
遊び心ですよね(笑

最近流行りの?林道ツーリング [・・に誘われて気の向くままに]

林道ツーリング!!
流行って程ではないんですけどね、BCRTラインで数名がって程度で(笑
されど見逃してはならないかも。
そう、その昔、BCRTの前身、BCRTと称していなかった頃、BCの第一期メンバー達、今では私と?
それこそ練習何て言葉がなかった時代、やたらめったら林道へ行ってましたよね。
今となっては口にしてはいけない処とか(当時は問題なかったのですが)ね。

今日は正装?それとも普段着?
正装ってのは所謂フル装備って事なんですよ。
おまけにロープが必需品!
そんでもって、ぶっつけ本番のエンデューロレース。
走った事もない場所を、地元民の後ろにつけ無茶は承知のハチャメチャ走行。
アタックしに行った時も[ギブアップ]ではなく[今日は勘弁してやる]って大地に向かって強がって・・・今となっては諸々懐かしい話ですよね。
その後程なくして、神奈川の林道の殆どが舗装され或いは伊豆のように通行禁止。
意識も林道(ツーリング)からクローズド(レース)へ

時は移り変わり・・・今。
ちょっとした林道ブームが訪れるかも知れません?
尤も適したバイクそのものが無くなってきているんですけど。
--------------------------------------
bc1.jpg
モタードだけど、山梨林道ツーリングへ行ってきました(笑
以前にも紹介している、というか度々出演しているこの二人。
Enjoy OFFROAD走行会やウエポンカップではKLX110lを相棒に・・・
今回は懐かしのCRM250RとWR250X(Enjoy CIRCUITでも走ってますが)で登場です。
bc2.jpg
bc3.jpg
山梨は寒い!昼まで0度(笑
うっすら雪残ってるしwww
いやいや何とも素晴らしい景観じゃないですか
これぞ冬の林道って感じ・・・全面真白と言うよりも薄らってところが肝。
過酷過ぎると引いちゃいますからね(笑
bc4.jpg
そうなんですよね、このCRM、17インチに態々変更してのモタードバイクに仕上げていたんですけど、林道へ行ってみたいって思いから元々あったオフホイールへ変更ってか戻したんですよね。
それでもタイヤはオンロード向け・・・今度お下がりのオフタイヤ渡しますから待ってて下さいね。
--------------------------------------
私も昔はKDXだのCRMだのXRだので、林道へ走りに行っていました。
それこそ高速使って岩手とかまですっ飛ばし(途中横風ですっ飛ばされそうになり)、林道を繋いで繋いで戻ってくるとか。
テント積んで、当てもなく山の中で泊ったりね。
夫婦二人で馬鹿やってましたっけ(笑

今となっては、ゆるりとした時間はとれそうにもありませんが、それでも日帰り程度なら。
今度は夫婦ではなく親子で林道ツーリングってのも良いかも。
でもねー息子が免許取らないんですよ。
クローズドであって一般公道には興味なし。
その訳は・・・友人達との間で全く持ってバイクのバの字も出ないようで。
自分だけ免許持ってバイクがあってもなーって。
移動はもっぱら電車らしいですよ。
ひたすらにバイトして、学校に内緒でバイクに乗っていた自分達の時代とは違うんでしょうね。
それは楽しさを伝えきれていない私達故かも知れませんよね。
そんな若人達は、このブログを検索しもしないでしょうけど、それでもプレゼンし続けねば何事も継承されなくなってしまいますから。
私自身の表現(私自身への活)としてもね。

35年ぶりの悪友達とのツーリング・・・この記事を読んで書いて [BOSSのひとり言]

前頁の「35年振りに会った同級生とツーリング」って頂いたネタを読みながら書きながら、どうしよっかな?と思う事が一つ。
実は私も同窓会を検討中なのですよ。
全く持ってバイクとは関係のない私事なので申し訳ないのですが「BOSSのひとり言」ですからね。

関係がない事もないかな?
中学生時代の恩師、部活(バスケット)の顧問であり2年生の時の担任でもあった先生がおられまして・・・
卒業後も、ちょいちょい練習を覘きに行っては遊ばせて貰っていました。
何故か当時の生徒達からは”ターザン”なんて呼ばれたりして。
その後も個人的にバイクをお世話したりして、現BCになってからも今度はお客さんとしてお付き合いさせて頂いております。
そして定年。
延長?年契約。
メンテの度に長話昔話。
そこまでは先生と呼びながらも親しい知人としてお客さんとして楽しい一時・・・
最近ではすっかり愚痴っぽくなり少々我儘な子供の様。
別に困っている訳ではありませんし、スタッフも理解してくれているので、私にとっても先生にとっても良き時間・良き間柄なのかなと思っています。
なのですが、当時の面影(元気)が薄らいでいるのも確か。
当時は、ほぼ毎日のように私にビンタをくれて(今はタブーですけど)、無茶難題の練習メニュー。
校庭100周って、はっきり言って不可能ですよね!
うさぎ跳びに蛙飛び、水は飲んじゃいけないし、怪我でもしようものなら[集中力がない]と怒られて。
おかげで私の身体はボロボロです(笑
そのくせ夏休みには、保健室で二日酔いで寝ていて私に笛を渡して[宜しく]って・・・
今から振り返ってみれば???
でも、互いに信頼し合っていたのだと思いますし、私にとっては掛替えのない時間。
はい、感謝しています。

実は定年の年に、当時の部活の面子(前後1年くらい)に声をかけ同窓会っていうんですか?集めてあげたいなと思っていました。
されど私も忙しく、しかも当時の面子の連絡先が皆目見当つきません。
残念ながら付き合いもありません。
仕事(配送/引取/登録)のルートの合間合間で嘗ての家を覗いてみたり・・・表札変わってるじゃん。
都度思い出してはどうしよっかな?
手段は?
ツイッター?フェイスブック?何れも私には縁遠い話です。
HPにこのブログ配信だけならまだしも、メールにラインいやいやそれなりに大変なのですよ。
そこにもってきてのSNSって、正直個人的に趣味じゃないんですよね。
でも、「35年振りのツーリング」・・・再び三度今一度再検討の余地ありか?
やっぱり、ツイッター?フェイスブック?なんですかね・・・

すいません。
飽くまでも「BOSSのひとり言」であって、問いかけている訳じゃありませんのでね。
このブログはコメント等受付ない設定としていますし(配信のみ)。

恩師が恩師である為には、私が私でなければ・・・