So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

午後はベストコンディション?Enjoy OFFROAD走行会 [イベント&レース]

はい、そうなんです。
午前中の絵図から一転、午後はベストコンディションとなるのです。
ドライのモトビと比べて本当にベスコンなのかは分かりませんけど、午前中の悪戦苦闘があればこその午後なのですよ。
自分が上手くなったと錯覚してしまう程の効果絶大(笑
ただし、走行ラインは1本のみ。
左右とかインとアウトとか複数のラインが出来ると尚可なんですけど、如何せんの台数とレベルですから限られた部分だけしか走れません。
故、フリー走行は面白く楽しく走れるようにはなったんですけど、最後の模擬レースでは縦一列状態なのです。
午前中のあたふたしたシーンがあると盛り上がるんですけど、カメラは壊れてしまうしヘルメットカメラは壊してしまうし何よりワラワラ過ぎましたので、一息ついての午後の動画編集となります。
ちょっとした練習風景と模擬レースを合わせてご覧ください。

「キッズ&ミニモトクラス」

キッズ達にとっての午前中は、本当大変だったと思います。
グチャグチャでただ滑るだけではありません、纏わり付く泥が重いのなんの。
50(70)は至る所が泥だらけで開けても開けても前に進んでくれません、65はと言うと滑って滑って横向いて失速しての波乱万丈。
そこいくと110勢は流石と言っておきましょう。
尤も、大人ですしね経験もありますしね無理せず無難に周回可能、でもだからこそ安心して信頼して一日の初の走行時間を任せられます。
そうなんです、そのミニモト110軍団にキッズ引率のお父さん達、走行マーシャルのDaiも、KLX110Lで見回りしながらヘルプしながら走ります。
そんな筆舌に尽くし難い午前中を経ての午後、そりゃもう楽しいに決まってます。
BOSSも、ちゃっかりKX65で混ざって走っていたりして(転んでカメラ壊しちゃいましたけどね)。
回を追うごとに成長するキッズ達と老化の一途を辿る大人達、立場が逆転する日は何時か?

「初級+ミドルクラス」

ここ数回、初級クラス何だかミドルクラス何だかクラス分けの基準が定まりません。
所謂市販オフロードモデルさん達とファンライドモデルさん達によるお試しクラスってのが初級クラスの筈なんですけど、その辺りの参加者が少なくなってしまいました。
勿論育ってきた(上達してきた)マシンも合わせてチェンジしてきた訳ではあるんですけど、だからこそ自分のバイクでコースを走ってみたいなとか、フリー走行だと見知らぬ速い人いっぱいだからなとか言う人達に参加して頂きたいと思っています。
って状況なので、初級クラスと言うよりはミドルクラスを本人の気持ちで二分割したって感じです。
(余談ですが、BOSSはKLX110LとCRF150RⅡとで気持ちクラス分けしています)
しかも、ミドルクラスの代名詞とも言える軍団(前頁で動画を掲載させて頂いたTeam SOF.)の軍団長が転んで足が痛タタタ状態。
結果として午後は幾分走行台数が少なくなった様な・・・ミドルクラスひとクラスに統合しちゃいました。
故に切磋琢磨ではなく撮影班に廻った私なのですが、最後尾から全員を撮影って企みが・・・端から無理な試みでした。
そりゃそうだ、ミドルクラスとなんちゃってEXクラスの境目だって定かではないんだから。
そう全てが基本自己申告、気持ちに合わせたクラス分けですからね。

「なんちゃってEXクラス」

それじゃあ、なんちゃってEXクラスの気持ち分けって?
ある程度の経験を有し、ある程度の前へ行く意識を持っている人達によるクラスとしておきましょう。
ある程度=ここが肝心=だからこそ「なんちゃって」=真面であってガチじゃない=されど・・・
模擬レースって、参加するしないは勿論強制じゃなく自主性にお任せしています。
が基本、殆どの人が参加するんですけど、「初級クラス」と「なんちゃってEXクラス」はその限りではありません。
初級クラスは分かりますよね、初めてコースを走る人だっているし、楽しく安全に走りたい遊びたいのであって、競い合う事には興味がないって人だっておられます。
尤も、EnjoyOFFROAD走行会に於ける模擬レースの意味合いは、他者との競い合いって事ではなく、自分自身の練習の締め括り(再確認)って事なのですよ。
集中の度合いを強めるって感じでしょうか。
されど・・・横一線フラッグスタートである以上、自ずと緊張感は高まります。
リスクが全くないとは言えません。
故、なんちゃってEXクラスの模擬レース参加者は、他クラスと比べて比率が低いと言えるかもしれません。
もともとの意識にもよりますし、当日のコンディションやモチベーションにもよるでしょう(特に転んじゃったりしているとね)。
がしかーし、何時までこのクラスを走れるかってのが私の目安であるのです。
今回は狡技スタートしてみたけれど全く持って意味がなし(笑
そろそろハンデくれても良いと思うんだけどな・・・ハンデが無いって事がモチベーション(皆から私への)でもありますけどね(笑

と限らず、参加して下さる皆の笑顔がある限り、走り続ける事が出来る私です。
皆さんの喜び楽しさが=私の喜び楽しさです。
特に今年の厳しさ(何かと)><不安定な天候><7月台風による走行会の中止><今回の週間天気予報(秋雨前線)><<<集って下さった皆さん<<<一緒に走れる楽しさ
BCRT LINEで言われました[誰よりenjoyオフロードしていたのは間違いなくBOSS]って(笑

次回のEnjoy OFFROAD走行会は11月17日(土)開催となります。
是非一緒に楽しく走りましょう!!


共通テーマ:バイク

泥グチャから始まったEnjoy OFFROAD走行会 [イベント&レース]

お疲れ様でした。
いやはや何とも凄かったですよね、午前中は。

台風直撃予報で中止となった7月のEnjoy OFFROAD走行会、その延期開催としての今回。
正直、天気予報見まくりでした。
大丈夫なんじゃないの?晴そう?うわ雨マークだよ、秋雨前線って、ゲリラ豪雨って。
前日の電話、[こっちも雨降ってますよ]
明日はお願い!
朝っぱらから渋滞している圏央道、ハイエースのフロントガラスにポツポツササー。
現着>準備>ポツポツポツ>真面目>大丈夫そう>
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会1.jpg
参加人数30名弱。
事情があって参加出来なかった人以外、申込して下さった方々全員が集合。
さあ、ここはひとつ開き直って覚悟を決めて、思いっきりグッチャグッチャしましょうか。
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会4.jpg
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会3.jpg
マーシャルもお父さんもついているから安心だよね?
って言いますか、子供達のガッツが凄い!
KLX110Lミニモト勢も直走り、偉いと言うか流石と言うか、その姿に改めて感謝感激。
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会6.jpg
午前中の絵図があるからこそ、午後はきっとベストコンディションになる筈です。
この苦労があるからこそ、上達もするし楽しさも倍増する筈。
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会2.jpg
キッズやミニモト勢のみならず、初級~ミドルクラスの大人も勿論悪戦苦闘。
ある意味子供以上にビビりまくり(私もね
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会7.jpg
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会5.jpg
ウッドチップが多目に混ざっていた以前のモトビと違い、重いのなんの。
いっそ雨が降っていた方が走り易いのでは、とも思います。
ビショ濡れとグチャ泥どっちが良い?って話なんですけどね(笑

Google:2018.9.22 Enjoy OFFROAD 走行会

走行会はまだまだ続きますけど、写真は以上終了です。
この段階でカメラが早々にさようならしてしまいました。
・・・と言う事を踏まえ、皆様からの写真&動画の投稿(リンク等の協力)をお待ちしております。
早速ご協力頂いた写真(Google後半)を掲載。
2018.9.22 ベースキャンプEnjoy OFFROAD走行会Daiki.jpg
うりゃうりゃもんで走って、耕して、水気を飛ばして、道を作ってくるように!
午前中は何かと大忙しだしカメラ壊れて写真はないけど、午後になれば走り易くなるだろうし動画撮影もするつもりだから、さあ皆さん、ここぞとばかりマディコンディションの練習しましょう。

・・・って良い気になってKX65で走りまくって、転んでヘルメットカメラまで壊してしまったBOSSなのでした(御免なさい)。
なので、Daiのヘルメットカメラとハンディビデオの編集を・・・
午前中は模擬レースも行わなかったので、速めに定刻でお昼休みとして、その分午後は目いっぱい楽しみましょう!
尤も、このコンディションだからこそって猛者もおられましたけどね。
猛者ではないかもですけど、遊び心全開の「Team SOF.」さんの動画を見ると、この日の楽しさ面白さ(苦労)が一目瞭然です。

動画ラスト部分での転倒が故、午後の模擬レースに参加する事がなかったTeam SOF.さん、次回11月の走行会で是非!!


共通テーマ:バイク

9月は15km/10km/25km/25kmRun [プライベート]

9月第一日曜15kmトレラン/月曜10km公道ランから一週間が経ち、筋肉痛もなく、シューズも新調したし、リトライしますか!
どの頻度でどの位走ると身体に良いのか分かりませんが、自分の場合は飽くまでも気持ちを優先させているのですよ。
行きたいから行く、走りたいから走る。
別に何かを目指している訳ではなく目標や目的もなく、ただただ気の向くまま楽しくって事で。
ま、50歳を過ぎ、体力維持って気持ちがあるのは確かですけどね。
それと、そうだなー、そろそろ遅ればせながらの子離れって事で、一人遊びを模索しているのも事実。

[もしかしたら行けんじゃないの小田原まで]
前回は真冬の深夜12時発だったけど、今回は程良く暑く適度に涼しい日中に再び。
2018.9.10BOSSマラソンシューズ_adidas.jpg
トレラン用の右奥シューズではなく、左手前の公道(アスファルト)用に新調したランニングシューズで、意気揚々と走りだします。
2018.9.10BOSS鎌倉から大磯.jpg
出発して早々、藤沢の新林公園で雨宿り
あれ?そんな天気予報じゃなかったよねと思いつつ暫時休憩。
その後[大丈夫なんじゃないの]って気軽に江ノ島へ。
茅ケ崎の烏帽子岩を目の前にお昼休憩、メニューはクーりッシュにバナナにフランクフルト。
エネルギー充填して平塚へ、でも雲行きが怪しくなってきた様な。
やっぱり降り始めました。
どうやら止みそうもないので、西湘バイパス下から大磯駅まで一目散。
ちょっと汗ビッショリで気が引けましたが、空いてる時間帯なのでなんとか。
25kmを4時間半ほど、途中の休憩時間を除いても実質3時間といったところ。
当たり前の事ですけど、まだまだ遠く及びませんね(何に?)
雨に降られてラッキー(笑

更に一週間が経ち昨日、
トレランシューズで定番コースを走ります。
六国見山⇒大平山⇒明王院のつもりが草木に覆われクモの巣だらけになっていたので戻って⇒瑞泉寺⇒ここまで走ってきた後の衣張山への登り段々がきついんですよ⇒逗子マリーナ⇒材木座へ到着、満ちてもいましたし波も立ってました。
2018.9.17BOSSトレラン.jpg
材木座海岸から由比ヶ浜海岸にかけ、様々なマリンスポーツが盛んに行われていました。
スクール?やイベント?も催されていたようですが、その方面には疎いもんで。
またやクーりッシュとバナナを調達して、公園で一時間強日向ぼっこして仮眠します。
復活!!
折角だから、Uターンして戻るんじゃなく江ノ島まで。
2018.9.17BOSSトレラン江ノ島.jpg
だからと言って江ノ島に渡る事無く、手前からモノレール下の道へと廻ります。
でも歩道が整備されている訳じゃないので歩く事はお勧めしません、私も忘れてました。
途中ガーリガリ君って頬張りながら・・・
アプリのGPSが何故か?でしたけど、25km程だと思います。

さあ、次の月曜日は?
いやいや、その前の土曜日のEnjoy OFFROAD走行会で体力使いきるまで走りますから、日曜仕事して月曜は休憩日とします。
なんだったら、日曜もお疲れバックレ休みにする程(私だけね)皆と一緒に全てのクラスを走りますから、そのつもりで参加して下さいね。


共通テーマ:バイク

9月第一日曜は走る「」/走る「」/走る「鎌倉ハイキングコース:トレラン」 [プライベート]

そうFISCOにも行かずオフビにも行かなかった私は、結局「走る」事に。
そうENJOY200に参加しているA軍団のAdさんから個人LINEが・・・
その時、この写真を送って[自分も苦走中です]なんて綴ったんでしたね。
2018.9.2BOSS鎌倉ハイキングコース:トレラン1.jpg
その後暫く走って後、再び気まぐれでスマホを右手に動画撮影。
そして、その動画をBCRT LINEに投稿。

企んだ訳ではなく本当偶然に、動画を撮り始めた瞬間に起動中のRuntasticから音声が・・・
だからと言って、トレーニングとかストイックにとかって事ではないんですよ。
本当、楽しくマイペースで走ったり歩いたりなのです。
山の中はクッションが効いていて走り易いですし、風の通り道では気持ち良くリフレッシュ、木々や葉に虫や小鳥や小動物の音に声、季節を少し先取り出来ますし、行き交う人との一言二言もまた楽し。
って事で、BCから明王院を経て八幡様廻って源氏山って感じの15km程度を流しました。

翌日月曜定休では、天気見ながら午後4時になってから由比ヶ浜まで一般道を5km32分(往復)。
2018.9.3BOSSランニング由比ヶ浜.jpg
山の中だとかけないんですけど人混みだとサングラスは必須アイテム。
シャイだから(笑

そして翌週は・・・


共通テーマ:バイク

9月第一日曜は走る「」/走る「ENJOY200」/走る「」 [BCRTレポート]

処変わって富士スピードウェイのカートコースでは「ENJOY200」開催中です。
こちらも雨の影響下でのレースのようです。
ロードレースですからマディーとは言いませんけど、ウェットコンディションからのスタートです。
グチャ泥ではないですが、[滑る]という二文字はONもOFFも共通して使える言葉ですから、無理せず様子を見ながら集中して焦らず楽しんで・・・
2018.9.2 BCRT_A軍団ENJOY200_1.jpg
3人揃いのツナギで決まってますねー
コンディションとは裏腹の笑顔満点、もしかして余裕ですか?
2018.9.2 BCRT_A軍団ENJOY200_2.jpg
一方こちらは何故か少し不安そう?
結果を知っている私としては・・・
[マシンは直せばいいじゃありませんか]って、どっちのマシンかまでは知らないんですよね。
大事に至らなければいいのですが・・・
2018.9.2 BCRT_A軍団ENJOY200_3.jpg
にしても、雨だというのに、そこそこの台数が参加しているんですね。
皆、怖くないのかな?
ツナギ濡れると後が大変そうだし、
でも上回る楽しさがあるんでしょうね。
この後ろ姿のマシンが、もう少しバラエティーに溢れていると良いんですけど、やっぱり基本前傾姿勢のマシンですよね。
KSR110とかZ125PROとかじゃ難しいですかね?
2018.9.2 BCRT_A軍団ENJOY200_4.jpg
2018.9.2 BCRT_A軍団ENJOY200_5.jpg
でも、だけじゃないようで、経験や技術はともかく景色だけなら自分も混ざれるのかも?
という私だけではなく、BCRTの面々、更にはBCユーザーさんも、一緒に走れるその日の為に、って意味も踏まえてのLINE=Blogネタですよね。
この動画でも見て、
YouTube:ENJOY200 2018 0902 1
YouTube:ENJOY200 2018 0902 2
この写真でも見て、
Google:A軍団:20180902 ENJOY200
私も貴方も・・・


共通テーマ:バイク