So-net無料ブログ作成

2019年モデルCRF125F分解グリスアップ [インプレ]

早速1台目のCRF125Fを分解整備=グリスアップしていきましょう。
いつもと同じ手順ですね。
ですが、まず注意しなければいけないのが、ネジ・スクリュー・ボルト締めつけトルクがまちまちな事ですかね。
場所によってトルクが違うのは当たり前ですけど、そう言った事ではなく真面妙に固かったり逆に緩かったり噛み込んでるっぽいのもありますので注意して外しましょう。
締めつける際はスレコン等、まめに塗布しておいた方が良いと思います。
ネジロック剤を塗ってあるボルトもありますので、ご注意を。
2019CRF125F_BASECAMP分解整備1.jpg
そうそう、ハンドルにポンチマークがまめに打ってあるんですけど、はい確かにと思えるところもあれば、端から隠れちゃってるじゃんって不思議な部分もありますので、気になる人は事前に自分で記しを付けておきましょう。
尤も、ポジションは好みにもよるので、何処でも良いとは思いますけどね。
2019CRF125F_BASECAMP分解整備2.jpg
ご覧の通り、ステムベアリングにはそこそこグリスが塗ってありました。
ありましたが、表面だけで奥まで塗り込んである訳ではないので、しっかりと奥までグリスアップしておきましょう。
2019CRF125F_BASECAMP分解整備3.jpg
リヤ廻りもフロント同様にグリスアップをしておきます。
分かってはいましたけど、ストローク長が伸びたとは言え調整機構が付いた訳ではないので、前後サスは乗ってみない事には何とも言いようがありませんね。
尤も、乗ってみたところで弄りようもないんですけどね。

さてさて、エンジンかけてみようかなっと。


共通テーマ:バイク