So-net無料ブログ作成
インプレ ブログトップ
前の5件 | -

’19 RM-Z250を試走して>交換して>試走して [インプレ]

インプレを口に出来る程走ってはいないんですけど、さわりの印象だけ・・・
オーナーも私もBCRTの皆も、きっと多くの人が期待していた、2019年モデルRM-Z250。
2019 RM-Z250 BCRT1.jpg
[EnjoyOFFROAD走行会に間に合いました]ってブログ以降、試走インプレを全く掲載していませんでしたが、何故かと言いますと内容が伴わないからなのです。
EnjoyOFFROAD走行会で、私もDaiも試走させて頂きましたがモトクロスビレッジを僅か一周しただけでした。
何故なら転んでしまいそうだから。
初ゴケは、やはりオーナーにお願いしないといけないかなと配慮した結果です(笑
なかなか転んでくれないんですよね。
BCRT_'19 RM-Z250_1.jpg
BCRT_'19 RM-Z250_2.jpg
どころか、なかなかどうして上手く乗っているじゃありませんか。
すいません、上から目線って事じゃないんですよ。
走行会前にグリスUP等していた時に既に気付いていた事なんですけど、一周だけ走って[やっぱりな]確認出来た事なんですけど、フロントフォークが硬い渋い動かないリジットですか?
前後サスの初期あたりを出そうとテンション抜いてあるんですけど、動かない動かない。
リヤがそれなりに動く分だけ余計にフロントに荷重が入らないって事はありますが、想定して突き出し量も変えてきているのですが、残念ながら想定通りの結果です。
そのRM-Z250を文句一つ言わず(愚痴はこぼしてましたけどねw)、焦らず無理せず少しづつ少しづつペースをつかみながらバイクを自らを慣らし運転。
流石オーナー、って言うか、乗るしかないんですけどね。
BCRT_'19 RM-Z250_3.jpg
BCRT_'19 RM-Z250_4.jpg
写真写りも良いんじゃないですか。
ではありますが、安心して安全に乗れるような状態ではないと思います。
何よりも楽しくない。
エンジンのフィーリングは申し分ないと思います。
扱える範疇ではないですが、解り得る範囲で物申すならば、実に軽く回ります。
YZ250Fに似た感じかなと思いますが、更なる小気味良さがあるように思います。
車体そのものも、軽く運動性に優れているように思いますので、我々レベルでも勘違いして楽しく乗れそうな予感。
相反して、許容出来そうにないフロントフォークの運動性能。
不具合という事ではないですが、意味合いから言ってリコール?クレーム?の対象なんじゃないのって思ってしまう程のNG。
YZ250Fもサスが硬くて、一般レベルではYZ250FXのスプリングと交換しないと乗ってられないって言われていたと記憶しているんですけど、確かに硬いには硬かったですけどそれ程には感じませんでした。
こなれてくれば、セッティングで、って思える範疇でした。
現実、BCRTユーザーさんのYZ250Fはそのままですし、たまに乗らせて頂くと楽しいですしワクワクします。
対して、RM-Z250は馴染める気がしません。
なので、早々にオプションのSOFTスプリングに交換する事としました。
オイル量も指定範囲の下限に合わせます。

そして今度はオフビで試走してみると・・・
作業していても多少の僅かな違いとしか思えなかったんですが、実際に乗ってみても同様でした。
旋回性は安定して良くなったような気がするんですけど、信頼出来ないと言うか・・・
フロントの沈み込みがスムーズではないですし、ストロークしてないような、伸びるのは一瞬ですし、リヤを基準に曲がっているんであって、フロントはほぼ浮いている感じです。
BCRT_'19 RM-Z250_DAIKI.jpg
BCRT_'19 RM-Z250_DAIKI2.jpg
御免なさい、オーナーの写真は撮ってませんでした。
ので、写真は試走させて頂いているDaiです。
流石に無茶はしないようで、ゆっくりゆっくり様子を窺いながら乗っているようです。
私とは試走の範疇(運動域)が違うのですが、それでも感じる事思う事は等しいようです。
正直、スプリングのバネ定数云々だけの話とは思えません。
やはり、リバルビングなりが必須なのかも知れません。
諸々参考にしながら検討していこうと思います。

ですが、サスペンションのパフォーマンスが決まれば、最高に面白いモデルとなるのでは?って期待感はしきりです。
そうなればというのが前提ですが、私個人として今最も欲するモデルです。
転んでも良いよって条件で、私が専属テストライダーを務めさせて頂きます。


共通テーマ:バイク

CRF125F-FIをEnjoyOFFROAD走行会で試走して [インプレ]

EnjoyOFFROAD走行会後のブログを数本載せた後、3月末から4月頭にかけて何だか忙しくご無沙汰しておりましたが、漸く少し時間がとれるようになってきたので、グルグルッと針を巻き戻して3月16日EnjoyOFFROAD走行会でのCRF125F-FI試走インプレを綴っていきます。
綴る程の濃い内容ではないですし、今更感ではありますけどね(笑
この日のEnjoyOFFROAD走行会で、CRF125-FIばかりを集めたGooleアルバムをありますから、興味のある方は覘いてみて下さい。
Google:2019.3.16 EnjoyOFFROAD走行会:’19 CRF125Fデビュー
そのアルバムの中から、
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BCRT1.JPG
この時期に、2019年モデルのCRF125F-FIが3台揃っている写真も珍しくないですか?
BCRTの2人とBC試乗車BOSSスリーショット。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BCRT2.jpg
その内の一人はレースとかには一切参加せず、フリー走行のみ=基本EnjoyOFFROAD走行会のみなのですが、せいぜいBCプライベート走行で一緒に走る位まで。
以前はCRF150RⅡに乗っていたんですけど(現BCレンタルバイク)、一昨年[お医者さんに激しい運動は控えて下さいね]と言われ、漸くCRF125F-FIで復帰してきた(出来た)という訳です。
激しい運動って?本来はマシンの性能差って事ではないんですけど、本人曰く心のストッパーとしてのマシンチェンジらしいです。
久しぶりのオフロード走行、ゆとりを持って楽しみながら走っていたみたいです。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BCRT3.jpg
一方、病ではなく怪我を起因として同様な意味合いでKLX110Lに乗っていたこの人も、ファンライドレースを意識してダート走行にも興味が合って、この度CRF125F-FIにマシンをチェンジしました。
異なるところは、本人は自粛しているつもりらしいけど実際には溢れんばかりの(表面張力を超えて溢れている)走りをする人なので、CRF125F-FIの耐久力が心配です。
逆にストレスにならなきゃ良いんですけどね。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BCRT4.jpg
午前中はCRF125F-FIの様子を調子をみながら慣らししていたようですが、午後になると流石の走りへと移行します。
本来どの排気量でも何を乗らせてもそれなりの人なので、当たり前かもしれませんけど、飽くまでもマシンなりに走って下さいね。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BCRT5.jpg
その勢いでフープスに入ると、マシンがサスが心許ないですからね。

という2人は、完全ノーマール状態のCRF125F-FIです。
BCの応急カスタムCRF125Fと乗り比べてみたところ、やはりサスペンションの違いが注目との事でした。
BCのCRFサスペンションには、前後共に邪道なせこい技でスプリングにテンションをあたえていますので、単純にちょっと硬めになっています。
それでもジャンプやフープスで底付きしてしまいますので、そうならないように工夫して乗るようにしないと自分にもマシンにもストレス過大となってしまいます。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BOSS1.jpg
別にカッコつけてるとかじゃなく、自分のYZ125では出来もしないのに、CRF125F-FIだと跳び上がらないように自然にちょっと工夫します。
勿論飛び越す事は出来ないので、少しでも早く地面に付けて底付きしないようにですね。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BOSS2.jpg
ギヤ比はというと、BCのCRFはフトントスプロケットの歯数を一丁増してハイギヤードにしてみたのですが、モトビあたりだと必要なかったかも知れません。
4速までしかないのでギヤ比で伸びに期待したのですが、エンジンパワーが不足しているみたいで加速感もトルク感も損なわれてしまうようです。
なのでノーマルか、逆に(本来よくやる)ローギヤーに振ってみるのも手かも知れません。
案の定、ミドルクラスの模擬レースに出るも全く持って歯が立ちません。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BOSS3.jpg
それでも追走あるのみ。
CRF125Fに出来ない事、CRF125Fだからこそ出来る事、上手に使いこなせばきっと楽しく走れる筈。
結果云々じゃなくてね(笑
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BOSS4.jpg
少しだけですがBOSSが奮闘している姿が映っていますので宜しければご覧あれ。

YouTube:2019 3 16 EnjoyOFFROADモトビ貸切走行会:ミドルクラス

まあでも、想定していた通りの性能だと言えると思います。
ストローク量が増したというサスペンションに少しばっかり期待していましたが、まあそんなもんですよね。
エンジンフィーリングに関しては、正直もう少し走るかなと思っていました。
市販モデルのGROM(KawasakiでいえばZ125PRO)が良く走るので、同じ空冷4ストOHC単気筒なんだし、市販車ではなくファンライドと言えどもクローズドなんだからと思っていたんですけど、ポン付けインジェクションぽかったかな?
アフターパーツに望みを託したいと思います。
最もモアパワーに走破性/運動性のあるシャーシと求めるならば、それこそCRF150RⅡにしときなさいって話になるんですけどね・・・じゃなくてですもんね。
その辺りを、私以上にちゃんと理解して楽しく乗っている面々も。
って言うか、理解しようとして乗っているって感じでしょうか。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BCRT6.jpg
理解した上で良いとこ悪いとこ、誰が何時何処をどんなふうに、スタッフならではの感性で自ら走る事で伝えられる事がありますからね。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD DAIKI1.jpg
各々の立場と技量に経験そしてビジョン、何れにしても皆楽しそうに乗っていました。
何と比べて良い悪いではなく、CRF125F-FIというモデルで楽しむ事が肝ですよね。
CRF125F-FI EnjoyOFFROAD BCRT7.jpg
そう言った意味では、最も楽しんで乗っていたんじゃないかな?
写真枚数多いしね(笑

この後も、CRF125F-FIならでは、だからこそ、無理させて、ご無体なって様々な場面に登場させていくつもりですので、期待はせずにお待ち下さい。


共通テーマ:バイク

間に合いました RM-Z250’19 [インプレ]

何に間に合ったかというと、今週末16日開催のEnjoyOFFROAD走行会に。
何がというと、BCでは久々のSUZUKIモトクロッサー=RM-Z250’19がです。
2019 RM-Z250 BCRT1.jpg
個人的には、以前から相当に気になっているモデルです。
モデルそのものの性能が云々という以前に、SUZUKIというメーカー並びにスズキ二輪という販社の販売戦略云々という問題が故に、なかなか普及しないコースでお目にかかれないモデルではありますが、カッコ良いですよね。
絶滅危惧種だから?そう思うのかも知れませんけどね(笑
2019 RM-Z250 BCRT2.jpg
早速、何時もの如くグリスUPなどしていきましょうかね。
の前に、シート高かなり高めです。
新車の状態だとサスも動かないので、高めに感じるのは毎度の事なんですけど、それにしても過去最上位レベルのシート高なんじゃないかな?
YZ250Fも高かったと記憶していますが、どっちどっちかな?RM-Z250かな?
跨ったポジションは可もなく不可もなく、とてもスリムなので車体が軽く感じます。
KXもCRFもそうですが、ここのところのMXはスリムなので、運動性に優れているように扱い易いように感じます。
2019 RM-Z250 BCRT3.jpg
リヤ廻りのグリスUPでは違和感はありませんでしたけど、ステム廻りが軽く困惑。
ステアリングのステムアッパカバーのシール面と言いますか、ベアリングとの当り面にちょっとした違和感があります。
ステアリングステムナットの締めつけトルクが【 45 N·m → 反時計回りに1/4 – 1/2回転させる】とマニアルに記載されているのですが、独特かも知れません。
則りつつ経験も踏まえ調整しておきます。

前後のサスペンションは、初期あたり慣らしって事もあるので基本全抜き、減衰力アジャスタは圧縮側も戻り側もSOFTにしておきます。
そうそう、リヤショックアブソーバ減衰力アジャスタが素敵です。
2019 RM-Z250 BCRT5.jpg
アニメの〇〇を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか(笑
圧縮側の低速/高速アジャスタと戻り側の低速アジャスタが、上側のこの部分に配置されています。
戻り側の高速アジャスタは、通常の下側に配置されています。
アジャスタだけではなく、リヤに関してはスプリングもテンションを抜いておきます。
自由長に少しだけ圧を加えて暴れない程度にしておきますが、この歳のスプリング自由長はマニアル記載の寸法と異なる事があるかもなのでナーバスになってはいけません。
マニアルにも【スプリングの自由長が245 mm時】そう時って記載されていますからね。

フロントフォークに関しましては、突き出し量を多目にしておきます。
この時点での決定事項ではありませんが、前後のバランスを多少なりともとっておかないとアメリカンになってしまいますからね。
2019 RM-Z250 BCRT4.jpg
さてさて、エンジンスタートしちゃいますか。
キック数回?数十回?ちょっとタイミングか分かりづらい。
そのうちコツがつかめてくるでしょうし、実際に走ってエンジンの慣らしが済めばって事にしておきます。
因みにアイドリング回転数は、ちょい高めです。
更に因みにアイドリング調整ノブが、キャブみたいな位置に配してあります。
シフトを入れてクラッチ繋いでグイグイッとな・・・
おおー速そう!レスポンス良さそう!パワフルにしてスムーズそう!軽そう!走りそう!おっかなそう!!!
楽しみ楽しみ!EnjoyOFFROAD走行会が待ち遠しい。

しかし、残念な事に私の愛機って事ではないのです。
BCRTユーザーさんのニューマシンなのでした。
フロントとサイドのゼッケンプレートだけマイパーツを用意しておいちゃダメですか?
サスのセットは任せます(自分を合わせます)ので、気にしなくていいですよ。
当たり前ですけどフルパワーじゃなくていいので。
少しだけ、ほんの少しだけ、マシンの慣らし運転のお手伝いをさせて頂きますね(笑


共通テーマ:バイク

2019 CRF125F:ハイシート&シートカバー [インプレ]

ちょっとばかし盛り過ぎちゃったハイシートがこれです。
シート単体の写真だと分かりづらいですかね。
ご理解頂けているとは思いますが、赤単色HONDAマークがノーマルで、リブが施してある赤/黒のシートがハイシートとなります。
CRF125Fハイシート1.jpg
ハイシートフォームなるものが製品化されている訳ではないので、安上がりで作ったオリジナルです。
シートのアンコ抜きローシートや、逆にアンコ盛りハイシートを頼まれる事が多々なので、各々の既製シートが販売されていないときは、ちょいちょい加工しています。
勿論専門ではないので、簡単安上がりの許容範囲仕上げってレベルでです。
因みにリブ付きのシートカバーは、海外から取り寄せた安価な品物です。
2019CRF125Fハンドル1.jpg
ベースキャンプオリジナルカスタムCRF125F_1.jpg
車体で比較した方が分かり易いですかね?
真横から見るとこんな感じです。
ベースキャンプオリジナルカスタムCRF125F_2.jpg
シート単体としてはフラットな座面で上手く仕上がったと思いますし、フォルム的にもカッコ良いと思うんですけど、ハンドル位置とのバランスではUPし過ぎたかも知れません。
ステップとシートの位置関係は気にいっているんですが、シートとハンドルだと更にハンドルを高くしたいような気になります。
実際ハンドル位置を更に工夫するか、シートをちょい調整するか、このまま暫く様子を見るか、もう少し乗ってから三択します。


共通テーマ:バイク

2019 CRF125F:ファーストコンタクト!河原で試走 [インプレ]

来週末16日のEnjoyOFFROAD走行会を前にして、取急ぎ整備したCRF125Fを試走しに河原へ行ってきました。
2019.3.9 CRF125F川原で試走1.jpg
少しでもいいから事前に慣らし運転しておかないと、EnjoyOFFROAD走行会で楽しくフルで走れませんからね。
[ブログネタの為でしょ]
はい、50%50%否定はしません。
その内、BOSSの個人的な楽しみが何%含まれているのか?

特にオフロード装備と言う訳ではなく、そのままの仕事着にジェッペル+グローブという井出達で、空気圧を調整する事も無くさらっと走りだします。
アイドリングで、そしてローでほんの少し雰囲気だけクラッチ繋いで、トランポへ積むラダーレール、それなりの排気音がしますし思いの外力強い出だし、もしかして期待出来るかもって・・・
2019.3.9 CRF125F川原で試走2.jpg
そうですよ、オフロードモデルですよ、しかもファンライドとは言えクローズド、でも新車一発目の試走がグチャ泥じゃあ悲し過ぎるかも。
水溜りを避けながら道を選んで走ったりして(笑
現段階に於いては、可もなく不可もなくといった感じ。
[ま、こんなもんだよね]
乾いているハードダートを行ったり来たり、ちょいと登ってみたり下ってみたり。
2019.3.9 CRF125F川原で試走3.jpg
徐々に徐々にフィーリングを確かめつつ運動量を増やしつつ徐々に徐々に。
勿論、無理をするつもりは全くありませんでしたが4速でスロットルがカチッて、この感じの速度で全開ですか、うーーーん如何なものなんでしょう?
ローギヤで発進、僅か1~2mでセカンドへ、ローギヤは本当その名の通りスーパーロー。
ローから少し離れてセカンドへ、2速3速4速は同様のギヤ比の様に感じました。
ある程度角度のある登坂でしかローは使わないでしょうから、基本平地でのスタートはセカンド発進となると思います。
これだと、流石に最高速の伸びが足りないと思うので前後スプロケットでギヤ比を変えてハイギヤードにするしかないのかも知れませんが、ノーマルにも拘らずトルクがあるようには感じられませんでしたので、ハイギヤードにすると大地にパワーを食われてしまうかも。
2019.3.9 CRF125F川原で試走4.jpg
サスペンションは、ちょいと小細工かましてますので、まあこんなもんでいいのかなと思います。
ノーマルを乗っていないので何とも言えませんけどね。
河原ではなく、クローズドコースでジャンプやフープスって事となると話は変わってくるでしょうけど、ノーマルとの乗り比べも合わせてEnjoyOFFROAD走行会で試してみましょう。

ハンドルとシートに関しては、ハイシートにし過ぎました。
ハンドルをUPさせたにも拘らず、シートがUPし過ぎでバランスが悪くなってしまいました。
シートとハンドルの比率で言えばノーマルと変わりありません。
更にハンドルをUPさせると車体全体のバランスが崩れそうですし、流石にケーブル各種の長さが足りなくなりそうなので、シートはそこそこ程度にしておいた方がいいみたいです。

何の事やら?
何を求めているのか目指しているのかって話ですよね。
CRF150Rを目標にしている訳ではありませんよ。
飽くまでもファンライドモデルとして、試行錯誤して楽しんでいるって話です。
2019.3.9 CRF125F川原で試走5.jpg
ファーストコンタクト!
今日の時点での、ちょいちょい慣らし運転レベルでの感想を言うと、CRF125Fと河原の相性は抜群って事でしょうか。
当たり前ですけど、まず足がつくのと小回りが利くので不安が全くありません。
車体が軽量コンパクトな割に直進安定性もあるので、リラックスして走れます。
ちぃちょいの上り下りに泥グチャに石ころに砂、サスのストローク量に追従性もそこそこなので行動範囲が広がります。
パワー不足は否めませんが、河原や林道など楽しく走るには充分なんじゃないでしょうか。
と言うか、所謂フルサイズ/フルパワーモデルよりも、その気になってワンプッシュしてしまいそうな予感がします。
気持ちの余裕のなせる技かも知れません。

さてさて、EnjoyOFFROAD走行会では、モトクロスビレッジを何処まで走れるのやら?
ノーマルとの乗り比べも踏まえ、楽しみです。


共通テーマ:バイク
前の5件 | - インプレ ブログトップ