So-net無料ブログ作成
インプレ ブログトップ
前の5件 | -

CRF125F’19グリスアップ続編 [インプレ]

大業な事ではないんですけど、分かっていて先日記さなかった事と、2台の整備をして[へーーー]って事を追記しておきます。
分かっていた事としては、フロントフォークの突き出しに個体差がありますし、どころか左右が合っていないので、マニュアルを参考に合わせておきましょうって事です。
トップブリッジ下に埋まっているフォークまでありますからね(笑
笑っちゃいけないんですけどね。
そうそうフォークブーツは、当たり前のように一番上まで上がっていないので(隙間があるので)上げときましょう。
2019CRF125F_BASECAMPRT.jpg
それとグリスアップ、2台の整備をして[へーーー]って事なんですけど、
ステムベアリングにしても、リヤ廻りのベアリングにしても、さも入っている様なふりをして全く内部に入っていないって事があるので確認しておいた方が良いと思います。
その際に、な・な・何と注入されているグリスの種類が違うじゃありませんか。
色からして明らかに違います。
もともと、もとから入っているグリスは全部除去して新しいグリスを練り込んでいるので、問題はないんですけど、4台中の2台で違うって少しばっかり驚きです。
諸々、中国製であることを充分理解して、整備をしていくべきだと思います。

バッテリーも手強いですよー

3台目はBC試乗車にしてレンタルバイクとなる予定ですので、ちょっと弄ってみましょうかね。


共通テーマ:バイク

2019年モデルCRF125F分解グリスアップ [インプレ]

早速1台目のCRF125Fを分解整備=グリスアップしていきましょう。
いつもと同じ手順ですね。
ですが、まず注意しなければいけないのが、ネジ・スクリュー・ボルト締めつけトルクがまちまちな事ですかね。
場所によってトルクが違うのは当たり前ですけど、そう言った事ではなく真面妙に固かったり逆に緩かったり噛み込んでるっぽいのもありますので注意して外しましょう。
締めつける際はスレコン等、まめに塗布しておいた方が良いと思います。
ネジロック剤を塗ってあるボルトもありますので、ご注意を。
2019CRF125F_BASECAMP分解整備1.jpg
そうそう、ハンドルにポンチマークがまめに打ってあるんですけど、はい確かにと思えるところもあれば、端から隠れちゃってるじゃんって不思議な部分もありますので、気になる人は事前に自分で記しを付けておきましょう。
尤も、ポジションは好みにもよるので、何処でも良いとは思いますけどね。
2019CRF125F_BASECAMP分解整備2.jpg
ご覧の通り、ステムベアリングにはそこそこグリスが塗ってありました。
ありましたが、表面だけで奥まで塗り込んである訳ではないので、しっかりと奥までグリスアップしておきましょう。
2019CRF125F_BASECAMP分解整備3.jpg
リヤ廻りもフロント同様にグリスアップをしておきます。
分かってはいましたけど、ストローク長が伸びたとは言え調整機構が付いた訳ではないので、前後サスは乗ってみない事には何とも言いようがありませんね。
尤も、乗ってみたところで弄りようもないんですけどね。

さてさて、エンジンかけてみようかなっと。


共通テーマ:バイク

台数限定170台のうち4台のCRF125Fが入荷してきました [インプレ]

2019年モデルとなるのでしょうか?
予約しておいた「CRF125F」が4台入荷してきました。
170台の台数限定モデルと言う事らしいのですが、早くも完売なのか?メーカー在庫ありなのか?
余っているようなら追加してキープしておこうかな?
CRF125F_BASECAMPRT1.jpg
BCRTにはKLX110L軍団が在籍しておりますが、新たにCRF125Fが軍団となってしまうのか否か?ここ暫くは様子を伺う事としますか。
その110Lの最有力筆頭【ジャワ】が、CRF125Fへとチェンジしたので今後に注目ですね。

★CRF450Rの流れを汲む精悍なスタイリング
確かにカッコ良いですよね。
されど、
★電子制御燃料噴射装置「PGM-FI」
というシステムで、
★全域での力強い走りと扱いやすさを両立。さらに低・中速域の粘りのある走りを実現。
って、本当に空冷4ストローク125ccで可能なのでしょうか?
★十分なストローク量を確保したインナーチューブ径φ31mmのテレスコピック式フロントサスペンション&分離加圧式ダンパー採用プロリンク・リアサスペンション
には少し期待しています。
CRF125F_BASECAMPRT2.jpg
はい、BCに於いても試走/試乗車を用意しようと思っています。
別にBOSS専用って事ではないですよ。
ですが、以前の愛機であったKLX125同様・・・以上のパフォーマンスに期待しています。
ただし、ガツガツに弄るのではなく要所要所といった感じでモデファイしたいなと思っています。
弄り過ぎると、ただのCRF150R真似っこモデルとなってしまいますからね。
カテゴリーでポテンシャルでリスクで、ストイックなのかエンジョイなのか、違いは明確にしておきたいところですよね。
上限があるからこそ楽しいモデル=CRF125Fなのだと思います。
(ついつい過ぎそうになってしまうんですけどね)
CRF125F_BASECAMPRT3.jpg
他にCRF110Fって注目モデルもあるにはあるんですけど、流石に元祖KLX110Lと比較検討って程余裕がある訳ではないので、手は出さずに暫時傍観する事とします。

CRF125Fというモデルそのものもそうですが、
諸々の意味合いで契機となってくれるのかってところにも期待したいと思っています。


共通テーマ:バイク

今更ながらKLX110Lのエアクリーナー雨対策 [インプレ]

いやはや、本当今更なんですけどね。
KLX110Lの雨天走行を期して、エアークリーナーに雨対策を施します。
・・・って[別に問題なく走りますけど]
はい、ノーマルであればその通り。
が、しかし、BC(一部のBCRT)のKLX110Lはボアアップしてマフラー変えてキャブもエアクリも変更してあるのです。
ベースキャンプKLX110Lカスタム.jpg
懐かしい!って言うか、今も現役で長い事活躍?しているBCのKLX110Lカスタム試乗車。
このエアークリーナーが剥き出しな訳です。
BC KLX110Lエアーフィルター.jpg
そうBCで販売している(ちょっとだけ宣伝)エアーフィルター&エアーフィルタープロテクションにL.シュラウドブレースを付けています。
剥き出しなので、基本雨天時の走行はNG。
少しくらいの雨であれば、ちょいちょいのスロットルワークで誤魔化せますが、ブボブボいいますしキャブのスロットルバルブが張り付いて全開固定何て事にもなりかねません。
ま、基本的に雨では走りませんからね(根性無しだから)。

なのですが・・・
BCRTのジャワさんが、何を思ったかWERに久方ぶりに復帰して、しかも[雨でも走るから]って言うじゃありませんか。
そもそもファンバイクモディファイクラスなんだからマシンを変更すればいいのに・・・
KLX110L(ミニモト)でエントリーしているのは貴方だけでしょ。
本人曰くミニモト乗りとしての自負があるらしい?
じゃあ、ノーマルのエアクリに戻してキャブのセッティングを変えてあげようか(パワーダウンはしちゃうけどね)?
それはそれで嫌らしい。
市販の全天候型エアーフィルターって手も勿論ありますがオフ向きじゃないし、ちょっと面倒臭いけど今更ながら何とかしてあげなくちゃ!

・・・って事で作業開始。
発想は至って単純、剥き出しのエアーフィルターをノーマルのエアクリBOXの中に入れちゃうって事です。
でも、そもそもノーマルのエアクリBOXだとメインジェットをかなり下げないとセッティング出来ません(販売車のKSR110でセッティング済み)。
それじゃあ意味がないので、エアクリBOXを加工してみました。
空気の取り入れ口を取り除くだけでは然して意味がないのでガッツリと。
BC KLX110LエアーフィルターBOX加工.jpg
BOXに背面を大幅にカットして空気の流入抵抗/充填効率云々を・・・でも雨が入っては意味がないので、フレームから露出する部分はアルミのプレートで覆ってエアーフィルターを内蔵します。
位置決めがギリギリなので、ダクトとフィルターの接合部分をパイプを変形させながら上手い事納まるように接続します。
それでも剥き出し状態から比べれば、雨粒が直接当たらない代わりに空気も吸い込みにくくなる筈・・・なる筈なのでキャブセッティングの為、本人のではなくBC試乗車のKLX110Lに加工エアクリを取付、厚木の河原まで試乗しに行ってきました。
???ジェットを絞らないといけねいかな?と思って用意もしていきましたが、意外と問題なし。
そもそもボアアップ+マフラー+キャブに対し、エアーはそれ程必要なかったのかも?

でも、晴れていた時の試乗では本来の目的の意味はなし。
なので、今度は同仕様のKSR110に加工エアクリを付けて雨天の走行テストを行います。
流石に雨の中、KLX110Lで河原での試走は嫌だからね(笑
ある程度の時間・距離も走りたいしね。

雨待ちしていて今日!
ベースキャンプKSR110カスタム1.jpg
海沿いまで雨降る中ガッツリ試走してきました。
態々水たまりを選んで走ったり。
更には軽ーくダート走行も、
ベースキャンプKSR110カスタム2.jpg
そもそもEnjoyCIRCUIT走行会用に作ったKSR110カスタムなもんで、土&落葉の上でタイヤが滑るのなんの、危うく転んじゃうところでした(笑
まあ、雨の中を一時間程試走してボコボコもたつく事もなかったですし、キャブが張り付く事もなかったので取敢えずは良しとしておきましょう。
戻って確認したところ、ほんの少しばかり雨がBOX内に侵入していましたが、フィルターには影響なかったようです。


共通テーマ:バイク

CRF250R賛否両論のデカール&シート+リムアルマイト [インプレ]

先月のEnjoy OFFROAD走行会前日にお渡しし、当日楽しく乗って以来動かざるごと山の如しの’18 CRF250R。
[GWまで乗る暇がなさそうなので]と言って、一ヶ月以上経ってますよね。
尤も私だって、その間一度しか乗ってませんけど・・・
月に一回多くて二回、乗らない月だってありますから似たようなもんですけどね(笑

かと言ってオーナーが不動だからと言って、CRFも微動だにしていないって訳ではありません。
実動はしていなくても少しづつ変化していたりして。
当初の予定通りでもあるんですけどね。
2018 CRF250Rデカール&シートカバー.jpg
前後のホイールリムをブラックアルマイト。
昨今、新車の状態でブラックアルマイトは珍しくありません。
今年のYAMAHAなんてブルーアルマイトですしね。
にも拘らず、最新2018年モデルのCRFは相も変わらずのシルバー(無垢)状態。
私としては、いっそレッドアルマイトとかが良いんじゃないかなと思いましたが、オーナーさんは守りに入ってのブラックアルマイト・・・鉄板ですね。
の癖して、このデカールは攻めてますよね。
「GEICO HONDA」写真後(棚の上)のCRF50Fにも張っているデカールではあるんですけど、以前のデザインとは違ってロゴだけではなくトカゲのマーティンがシュラウドとフォークに・・・
米国大手保険会社GEICO(ガイコ)のコマーシャルキャラクターらしいのですが、賛否勃発。
正直言って私は否なんですけど、以外にも(私からしてですが)賛も数名。
アメリカっぽいのかイギリスっぽいのか?国際的なセンスの持ち主が・・・私が保守派なのかも知れませんね。
そんでもって、赤一色のシートが嫌だって交換したのがこのシートカバー。
よくあるブラック/レッドではなく、レッドにホワイトリブって確かに珍しいですけどサイドのHONDAロゴが剥がれないか心配です。

要所要所は好みの差があるとしても、全体的にはカッコ良いですよね。
ただ2018年最新モデルって印象が、何故か馴染んでしまったように感じるのは私だけでしょうか?


共通テーマ:バイク
前の5件 | - インプレ ブログトップ