So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
気になるアイテム ブログトップ
前の5件 | -

ハイエーススーパーロングなのにヒッチメンバーって [気になるアイテム]

今日は第一日曜定休日。
何時もなら皆と走りに行っている筈なんですけど・・・
息子が明日から試験なんですよね。
よって息子にはダメだし。
結果自分も走る気なし。
そんなことじゃ先が思いやられる。
って事だけじゃないんですけどね。

BCRTのED組(M男さん達)3人が「日野カントリー」へ走りに行く予定をたてているんです。
ビビリーな私は当然不参加。
かと言ってBCRT LINEで盛り上げてくれているので、クローズドへ走りに行きませんか?ってお誘いは躊躇っちゃいますよね。
そうだ!Ninja400試乗車の慣らし運転に行かなくては。
伊豆の河津桜をブログネタに・・・
天気も良いしぼちぼち出かけようかな?
その前に、ライブ映像があるじゃないですか・・・人人人って、これじゃあバイクと桜って写真は難しそうだな~
結局ハイエースにヒッチメンバーを取付ける事としました。
BC_BOSS_ハイエーススーパーロング_ヒッチメンバー2.jpg
コミューター改造のトランポ仕様なんですけど、ハイエースワイドボディー用のヒッチメンバーが問題なく取付けられそうです。
以前のハイエースにも付けてましたが、同様の場所に一ヶ所だけ要加工です。
休みだと言うのに仕事になっちゃいました。
仕事?
うーーーん、とある仕事上の事情でトレーラーを引く事となったのでプライベートって訳じゃないかな。
じゃあ、仕事の日に取り付ければいいじゃん。
そうなんですけど、そんな暇もないんですよね。
途中途中で本当に仕事を少々こなしながら、のんびりと作業していたら日が暮れちゃいました。
ライト明りで配線を処理して漸く完成。
BC_BOSS_ハイエーススーパーロング_ヒッチメンバー1.jpg
トレーラーは、まだ入荷していないので今日はここまで。
にしても、ハイエースのコミューター改スーパーロング/ワイドボディー/ハイルーフでトレーラーを引く事になろうとは・・・
4t並みの長さになっちゃいますね(笑


共通テーマ:バイク

レースで走りながらのインカムって [気になるアイテム]

前頁で、山梨林道ツーリングネタを提供してくれた2人が再び登場。
話は遡って、前頁でも触れたウエポンカップにKLX110Lで参戦した時の事・・・
私も、ついこの間知ったんですけど、”インカム”で話しながらレースを楽しんでいたらしいのです。
ツーリングに行く時は、それ用のヘルメットに装着して、
ヘルメット通信2.jpg
ヘルメット通信1.jpg
レースに出る時は、レース用のヘルメットに付け変えているんですって。
インカム自体のメーカー云々は措いときますが、装着ステー部分のみを各々のヘルメットに予め装備しておいて、本体を使い回しているんだそうです。
邪魔にならないタイプのインカムをチョイスして、上手い事工夫してイヤホンやマイクを内部に納めてって事らしいです。
この程度の露出(固定)であれば、ヘルメットカメラと同様かそれ以下の雰囲気ですよね。
BASE CAMP RT_KLX110L_インカム1.jpg
ウエストポイントカップのモトビやオフビ程度の広さのコースなら、問題なく話が出来るらしいですよ。
流石に山の中でのエンデューロとなると難しいのかも知れませんけど。
それすらもインカムの機種次第なのかな?
今では、別にインカムでなくともスマホ+ブルーツースってのが当たり前?
それならオープンエンデューロでも可能です(山の中何で届くかどうかは別にして)。
BASE CAMP RT_KLX110L_インカム2.jpg
って、別にインカム自体の宣伝って事ではなく、使い方って話なんですよ。
確かにツーリング等でインカムを使っている人達を、割と良く目にしますよね。
私もその昔使っていた事があります。
個人的なツーリングでもそうですが、マスツーリングでの連絡用としてね。
それを、ウエポンカップのレース中に使用しているってところが肝。
真面走りしている人には勿論関係のない話でしょうし、エンジョイレースの仲間内であっても(BCRTがそうですが)、何処にいるんだろ?/あ!発見/ヨーシ追い付いてやる/イエーイ!ヒューヒュー!って感じです。
レース中にインカムで話す事自体が必要か否か、賛否って事ではなく、KLX110Lならでわの楽しみの一つとして面白いかなって話なんですよ。
BASE CAMP RT_2017.12.3ウエポンカップ_BOSS_KLX110L.jpg
私も付けて、3人で話せればって思っちゃった次第なのです。
オフビ位の広さで60分レースの参加台数で参加車両の中でのKLX110Lって、ある意味暇なんですよね(笑
同じレースを走っていても、心のおきどころが違うって言うか?
私なんか、途中で足が疲れて正直面倒になってリタイヤしちゃいましたけど、もしインカムで話しながらであったなら最後まで踏ん張って走っていたかも知れません(飽くまでも”かも”ね)。

決して推奨って事ではないですが、ありと言えば”あり”かも。
遊び心ですよね(笑


共通テーマ:バイク

話題のKawasaki「Z900RS」実物 [気になるアイテム]

今日はカワサキモータースジャパンのミーティングに参加してきました。
場所は「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」。
久しぶりに電車に乗ったので少々お疲れ気味です(笑

会議の内容や展示されていたニューモデルは、殆ど全て非公開の内容となります。
SNS等を使って写真等UPしないように厳しく申し伝えられました。
その中でも唯一と言っていいものに、カワサキらしい?「Z900RS」が・・・
BASE CAMP Z900RS_2017.11.29_1.jpg
そりゃそうですよね、メーカーのHPで既に掲載されている訳ですからね。
尤も、それこそ諸々検索してみれば、海外発表やら秘密の筈の情報等々のスクープ(意図的)が誰でも簡単に分かってしまう時代なのですから。
故に、BCでも問い合わせが相次いでいる次第なのです。
BASE CAMP Z900RS_2017.11.29_2.jpg
ホテル室内での写真なので、何だかプラモデルみたいに見えてしまいますが実物です。

会議が終わって、その後懇親会が催されているのですが早々に帰ってきてしまいました。
だって明日は、筑波サーキットのコース1000で試乗会です。
今日遅くなると明日に残りますからね。
明日は「Z900RS」の他にも「Ninja1000/Z1000/Ninja650/Z650/VERSYS-X250」が試乗出来るようなので楽しみにしています。
勿論先導付きでフリー走行って訳ではないでしょうけど。
雨も心配ですし、
左足首が完治していないのでブーツが履けるか?シフトチェンジが可能か?ではありますが、インプレしたいとは思っていますのでお楽しみに。


共通テーマ:バイク

250DUKE試乗車にファイバーワークスさんのタンクパッドを装着 [気になるアイテム]

どうしても欲しくてって事じゃなかったんですけど、
BCのRC390オーナーさんから「ファイバーワークス」さんのタンクパッドを頼まれまして、序と言っては何ですがBC試乗車の250DUKEにも付けちゃおっかなと・・・
こんな感じで装着してみました。
箱型に整形してあるタンクパッドを両面テープで取付けます。
1.jpg
よくあるタンクに傷を付けない為のパッドではなく、身体が前に行かないようにする(おしりの位置をある程度固定する)為のタンクパッドですね。
BCでも年3回ほど白糸スピードランドを貸し切ってEnjoy CIRCUIT走行会を開催しておりますが、私のレベルですと必要性があるのか否か?
乗っているモデルにもよると思いますけど。
確かにマーシャルをお願いしている”Ad”さんのYZF-R6を乗らせて貰った際などでは、お尻がスッと前に動いて乗り辛いなと思った事がありました。
ハンドル・シート・ステップの位置関係とシートの傾斜角度に表皮素材、マシンのパワーにブレーキング、何より乗り手の意識と技術によって異なってくるのだと思います。
その後の”Ad”さんのYZF-R6も、タンクパッドを装着してシートを加工しましたので、グッと安定感が増して乗り易くなりましたのでお勧めのアイテムなのかなと思います。
特に所謂前傾のレプリカタイプには、相性が良い(大袈裟に言って必須な)アウターパーツなのかな。
2.jpg
そう言った意味では250DUKEじゃなくて、RC125の方に付ければ良かったかな?
なのですが、「KTMオレンジフェスティバル”プチオレタイ”」は今年開催されないような・・・
そもそも、その為に用意したと言っても過言ではない試乗車であったのに・・・
だったら390カップを見据えてRC390にしておいた方が良かったかも・・・
まあ390カップだと、私には敷居が高い気がするので端から考えていませんでしたけどね。
もしエントリーするにしろ、RCしゃなくて心持余裕のあるDUKEにしようかな?
390DUKEも250DUKEも試乗車がありますし、ロード経験の少ない私にはその方が向いてる?
となると、レギュレーションにもよりますがタンクパッドだけではなくスプロケガードにアンダーカウルは必須となりますから、ファイバーワークスさんのお世話にならなくてはいけませんね。
うーーーん
POWER PARTSにあれば、そもそも車体に付いていれば問題ないのですけど・・・
(RCにもDUKEにもアンダーカウルは純正が装着されているのですが、レースレギュレーションではオイルパンとしての機能がないと意味がないので)

ミニレースも誘われているし、どうしようかな?


共通テーマ:バイク

バイクカバー”匠”の費用対効果は? [気になるアイテム]

バイクカバーの”匠”シリーズって知ってます?
知ってはいたんですけど、正直高価過ぎて手が出ないと思っていました。
BCでは基本ハイスペックバイクカバーが良いところ。
なのですが、ハイスペックカバーを取扱っている(仕入先の)レイト商会さんが”匠”シリーズバイクカバーの営業にこられましたので、これを機に今一度検討してみようかなと。
takumi.jpg
実は以前にも営業に来られた事があるのですが、レイト商会さんでも更なる告知・拡販を目論んでいるようで、と言うか簡単ではないようで・・・
そりゃそうですよね、幾ら製品が良くてもバイクカバーにしては高額と言う事がありますし、ネットでも店頭でも定価販売されているところが殆ど(おそらくは全て)だと思いますので、今時って感じがしちゃいますよね。
でもだからこそ商品に絶対の自信(自負)があるって(BCでも扱い易いって)事なのでしょう。

実際にサンプルを手にとってみると、細部に渡り作り込んであるなという印象です。
飛散防止用センターベルトや熱気を放出するエアーベントに防犯器具用のセキュリティー・ロックホール、脱着時に便利なダブルハンドルや前後の裾絞りダブルストッパーコード等々の装備は勿論として、何と外側と内側で素材が異なる二重構造になっているのです。
雨・風・紫外線に強く耐久性のあるアウター側ポリエステル素材と、直接バイクに触れるインナー部分には傷がつき難いソフト素材を組み合わせてあります。
「匠ADVANCE」に至っては、カバー本体上部にフライシートの様な車るを重ねた二重構造となっています。
適合サイズも豊富で、国産外車問わず代表機種が表記されていますので一目瞭然。
これだけ気を使って作られているバイクカバーですから、この価格は納得ですよね(?
更に拭くな洗うなとまで言われる(注意して丁寧にと言う意味ですよ)KawasakiのNinja H2専用に「匠Micro Queen H2」なるものまで用意されています。
その「匠Micro Queen H2」をBCRTにしてEnjoy CIRCUIT走行会マーシャルさんであるYZF-R6(お預かりしてまして)に試着させてみました。
takumi2.jpg
そうなんです。
何とビックリ上側だけのハーフカバーなのです。
よって「匠Micro Queen H2」の上から通常のバイクカバーを被せるようになりますね。
ハーフカバーで片手分のお金が必要(当たり前?ですが千円単位じゃなく万単位で)ですし、受注生産(2~3週間)なのです。
それもその筈、裏地が何とマイクロファイバー。
触ってみると高級服の裏地のようです。
takumi3.jpg
生地の縫合も貫通している(裏にも縫い目がある)方法ではなく、表面のみで縫合しているという気の使いよう。
BCでもH2オーナーさんがいらっしゃるので、お勧めしてみようかな?
H2と言わず今回のR6等、適応するモデルは多々あるでしょうけど。
「匠Micro Queen H2」を筆頭に何れの”匠”バイクカバーにしても、費用対効果っていう観点からすると・・・ちょっと考えちゃいますよね。
でも、過去には機能装備ではなくステイタスと言う意味合いで最最高価な車体カバーだってあった訳ですから、そこからすれば意味のあるお金の使い方と言えるかも知れません。
takumi4.jpg
レイト商会さんは、こんなミニチュアまで用意されているので、ここはひとつ意を汲んで取り組んで行こうかと思っています。
このブログがその第一歩となるんですけどね。


共通テーマ:バイク
前の5件 | - 気になるアイテム ブログトップ