So-net無料ブログ作成

「梅まつり」ののぼりに誘われて [・・に誘われて気の向くままに]

東名高速で納車に行ってまして、
帰りも東名を使ってきたんですけど、途中の大井松田で降りて西湘バイパス通って帰ろうかなと、72号を走っている最中。
「梅まつり」ののぼりが目につくじゃありませんか。
そう言えば確かそんな処だったような気が・・・
神奈川の景勝50選「曽我の梅林」って事のようです。
曽我梅林1.jpg
焦る帰路でもないので、折角なので、車を停めて少し歩いてみる事としました。
まだ、少しばっかり早かったみたいですね。
それに何だかとっても背が低い。
以前に訪れた「熱海梅園」は普通な感じだったと思いますが、梅園と梅林では何か違いがあるのでしょうか?
庭園と自然林という違いなのかも知れませんが、熱海梅園と曽我梅林を見比べる限り少し印象は異なりますね。
色々な理由があるのかも知れませんが、個人的には高さを揃えてあるという絵に違和感を感じてしまいます。
曽我梅林2.jpg
これまた個心的な好みなのですが、白梅より紅梅の方が好きかも知れません。
色合いも表現する言葉も繊細なようですが、薄紅梅/紅梅色/一重梅/梅重、濃い薄い淡くも個としての存在感のあるピンク色が好みです。
曽我梅林3.jpg
ちょっと濃過ぎるかな?
上手く言葉に出来ないのですが、桜と梅との印象の違いなのかなとも思います。
花枝の長い桜に対し、枝に直接付いている梅の花。
花びらの先が割れて開いている桜に対し、丸く内側に向かって囲っている様な梅の花びら。
花一つ一つではなく全体的な桜に対し、ポンと可愛らしくも主張の明確な梅の花。
花そのものを語る梅に対し、咲くと言う行程前後の描写即ち時の流れを表する桜って感じなんですかね?
私の印象ですが、梅は梅であり桜は桜なのですよね。
桃だ杏だと言い出したら限が無いんですけどね(笑

桜の前に、まずは梅を探しに愛でに行ってみてはいかがでしょうか?


共通テーマ:バイク

台数限定170台のうち4台のCRF125Fが入荷してきました [インプレ]

2019年モデルとなるのでしょうか?
予約しておいた「CRF125F」が4台入荷してきました。
170台の台数限定モデルと言う事らしいのですが、早くも完売なのか?メーカー在庫ありなのか?
余っているようなら追加してキープしておこうかな?
CRF125F_BASECAMPRT1.jpg
BCRTにはKLX110L軍団が在籍しておりますが、新たにCRF125Fが軍団となってしまうのか否か?ここ暫くは様子を伺う事としますか。
その110Lの最有力筆頭【ジャワ】が、CRF125Fへとチェンジしたので今後に注目ですね。

★CRF450Rの流れを汲む精悍なスタイリング
確かにカッコ良いですよね。
されど、
★電子制御燃料噴射装置「PGM-FI」
というシステムで、
★全域での力強い走りと扱いやすさを両立。さらに低・中速域の粘りのある走りを実現。
って、本当に空冷4ストローク125ccで可能なのでしょうか?
★十分なストローク量を確保したインナーチューブ径φ31mmのテレスコピック式フロントサスペンション&分離加圧式ダンパー採用プロリンク・リアサスペンション
には少し期待しています。
CRF125F_BASECAMPRT2.jpg
はい、BCに於いても試走/試乗車を用意しようと思っています。
別にBOSS専用って事ではないですよ。
ですが、以前の愛機であったKLX125同様・・・以上のパフォーマンスに期待しています。
ただし、ガツガツに弄るのではなく要所要所といった感じでモデファイしたいなと思っています。
弄り過ぎると、ただのCRF150R真似っこモデルとなってしまいますからね。
カテゴリーでポテンシャルでリスクで、ストイックなのかエンジョイなのか、違いは明確にしておきたいところですよね。
上限があるからこそ楽しいモデル=CRF125Fなのだと思います。
(ついつい過ぎそうになってしまうんですけどね)
CRF125F_BASECAMPRT3.jpg
他にCRF110Fって注目モデルもあるにはあるんですけど、流石に元祖KLX110Lと比較検討って程余裕がある訳ではないので、手は出さずに暫時傍観する事とします。

CRF125Fというモデルそのものもそうですが、
諸々の意味合いで契機となってくれるのかってところにも期待したいと思っています。


共通テーマ:バイク

2月の第一日曜定休はオフビでフリー走行 [プライベート]

はい、今年の、毎月の、第一日曜定休日は、積極的に活動していくつもりです。
今のところ参加人数は少ないですが、少しづつ広がりを見せてくれればいいなと思っています。
何より自分自身が、何事にも、例年に増して取り組む年=2019年と位置付けていますからね。
理由は特にありませんけどね(笑
ま、強いて言うなれば54歳になったからって事かな?
だって、今年の12月には55歳になっちゃうんですから。
2019.2.3BCRTオフビ.jpg
私には(BCRTには)敷居が高いオフビではありますが、だからこそ積極的に走りに来ました。
別にモトビが貸切だったからとか、富津が貸切だったからとか、って事ではありませんよ(苦笑
オフビの雰囲気の中に身を置く事で、心身ともに活を入れようって事です。
適当に流さない、集中する、難しい事にではなく基本的な事にトライする、その上でただ走る事ではなく少しでも速く上手く走れるよう努力する、且つ楽しむ!
走る場所は何処でも、同じ気持ちであるように心掛ける事しなのですが、オフビは特に退路が無いと言うところが肝かも知れません(私にとっては)。
2019.2.3BCRTオフビ_DAIKI_KX250F1.jpg
それでも、BCRTではトップクラスとなった【Dai】でも3クラス分けのBクラス。
尤もAクラスで走れるようになったら(飽くまでも想定ね)、Enjoy OFFROAD走行会の模擬レースではなく、先月初参加したHERO'S ADULTではなくMFJに出てみればって声も聞こえてきそうです。
同じKX250Fを駆る猛者の走りを、研究しているようではありましたが・・・
[おかしいでしょ!]現実はしっかりと理解出来ているようです・・・が
2019.2.3BCRTオフビ_250EXC-F1.jpg
となれば当然、JNCCコンプライダー(参加してるだけね)と言えども、Cクラス走行ととなってしまう訳です。
250EXC-Fではなく修理中のKX250Fが復活すればBクラス入り?
2019.2.3BCRTオフビ_YZ250FX1.jpg
とするならば必然、BCRTファンライダーとしてはCクラスですよね。
マシンもFではなくFXだしね。
2019.2.3BCRTオフビ_RM1251.jpg
でもですよ、皆勤賞のRM125さんがCクラスな訳じゃないですか。
しかも頑張って走ってるし。
となるとですよ、Enjoy走行会のクラス分けからするならば・・・ねーーー

って、午前中を経て午後からはBクラスを走る【Iijima】と【Tak】、その意気やよし!
じゃあ【Dai】は、流石にAクラス入りという訳には参りませんが、意識を高く持って励みます。
って、確かにオフビBコースを走ってはいるんですけど、以上に集中して楽しく真面目に地道に走っていたのがミニミニコースなのでした。
私達がオフビに行くと必ず駐車する一番奥の場所なんですけど、その目の前にミニミニコースがあるんですよ。
ウエポンのHPでも紹介されていないミニミニコース。
前回もキッズが走っているのは知っていたんですけど、【Tak】が最初?【Dai】だった?
走り始めてみると意外や意外、と言うか難しそうである事は走る前から分かっていたけど、難しいが故に面白い。
私の尤も苦手な、基本の反復練習なのですよ。
でも今年のBOSSは違いますよ。
苦手な事にもトライしてレベルアップを目指します!
・・・って言うか、基本からしっかり練習しろっての(怒
2019.2.3BCRTオフビ_RM1252.jpg
みんな揃って練習しました。
キッズの皆、邪魔なオヤジがウロチョロして御免なさいね。
2019.2.3BCRTオフビ_YZ250FX2.jpg
2019.2.3BCRTオフビ_YZ250FX3.jpg
なかなかどうして写真写りが良いじゃありませんか。
でも、ここでもピカイチは・・・
2019.2.3BCRTオフビ_DAIKI_KX250F2.jpg
2019.2.3BCRTオフビ_DAIKI_KX250F3.jpg
転ぶ前の写真じゃないのが流石、ちょっと尊敬しちょっと憧れちょっとムカツク。
はい、私が撮ったのではなく撮って貰っていたので珍しく私の写真がいっぱいあります。
私だって負けていません!
2019.2.3BCRTオフビ_BOSS_YZ125_1.jpg
ここから
2019.2.3BCRTオフビ_BOSS_YZ125_2.jpg
こう入って
2019.2.3BCRTオフビ_BOSS_YZ125_3.jpg
コーナー手前で転んでしまう訳なのです、悔しい!!!

Google:2019.2.3 オフロードビレッジ フリー走行

でも、ここを走って、如何に自分の基礎がなっていないか,バランスが悪いか,操作が出来ていないか,ビビっているか,実は個人として楽しむ事を忘れているんじゃないか、そんな事を思い出して再確認すると共に、この基本を本コースで実践出来なければとの思いがひしひしと。
オフビには最近更に変化したAコースもありますし、モトビにもミニコースが追加されましたから、今後は本コースだけではなくミニコースも走って基本練習を積んでいこうと思います。
やはり、今年のBOSSは一味違う(笑


共通テーマ:バイク

HERO'S ADULT LITES JUNIOR&EXPERT 2019.1.20 [イベント&レース]

はいそうです、前頁から引続きピックアップの親バカブログです。
尤も実質である事も事実ですけどね。

事前の話として、俺と一緒のミドルはないんじゃないの。
せめてジュニアでエントリーしとけば?
エキスパートだってあるかもよ?
昨年のリザルトを見たり動画を観たりして、何となく各クラスのレベルは分かっったような・・・
まあ、予選の段階で振り分けられるだろうから、HERO'Sさんに任せておけばいいんだけどね。
結果【Abetti】がジュニアで【Dai】がエキスパートとなりました。
【Abetti】はブランクがあるものの、妙なテンションになったりはせず落ち着いてます(って言うかヤル気が有るのか無いのか?)。
【Dai】は話す話す口が開いて止まりません。
多少なりとも予期していた事なのに、だからか?まんざらでもないだろうに・・・笑えるくらい緊張しまくりみたいです(笑
2人とも混走なんだし、無理せず楽しく走って来い!
でも、いけそうならいってこい!
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F2.jpg
メジャーネームさんだったのですね、数年前にお仕事上で絡みもあったりして、声をかけて頂いて有難うございます。
レース前も中も後も、走りでも会話でも【Dai】がお世話になりました。
今年からHERO'Sさんに再びお世話になる事となりましたので、宜しくお願い致します。
って、間に挟んだ格好で【Dai】と【Abetti】がヒートⅠのグリッドに。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP2.jpg
フルグリッドではないですが、そこそこの台数なので1コーナーでの鬩ぎ合いが必至です。
スタートで前に出ないと、巻き込まれて脱出不可能になってしまいそう。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP3.jpg
おおー迫力!
ヤル気が空回り?振る振る!(当らなくて良かったよー)
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP4.jpg
【Abetti】はワンタイムゼッケンですが、【Dai】は名前をアイロンプリントする際に買ったセットの余りのゼッケンを、前日の夜にアイロンシュッシュとプリントしました(私がね)。
2人仲良く出遅れましたが、各々徐々に雰囲気に慣れペースアップを謀ります。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Abetti_KX250F2.jpg
【Abetti】は見ていて安心。
もう少しプッシュしても良いんじゃないの何て、自分の事はさておき言うのは簡単。
私では遠く及ばない現実がありますが、少なくとも同じグリッドに並べるよう意識を新たにしています(しなくちゃいけない訳ではないですが、したいとは思っています)。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F3.jpg
一方【Dai】は、いいとこまで上がってきたものの安定感が無くラフで少し心配。
普段の走りと比較して、明らかにスロットルワークが極端で、意識に身体が引きづられているようです。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F4.jpg
案の定、中盤と終盤ラストで2回転倒。
身体にもマシンにもダメージはなかったものの、相当に悔しそう。
その悔しさをプラスに転化して、午後のヒートⅡでは落ち着いてガッツで臨もう・・・ね、カップ麺でも食べてさ
(宥めて賺して励まして、速くなってもおこちゃまなのね)。

ここまでの一部始終を【Dai】のヘルメットカメラでノーカットでお届けします。
YouTube:ヒーローズ アダルト ライツ エキスパート+ジュニア ヒートⅠ転倒


そんでもって午後ヒートⅡ
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F5.jpg
ここでも2人仲良くスタートしてます。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F6.jpg
そう、2人ともヒートⅠよりいい感じみたいです。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F7.jpg
いやーカッコイイよね!
素直に正直憧れちゃいます。
と言っても、ジュニアとかエキスパートとかのクラスにって事ではなく(事は出来れば勿論ですが)、冷静でいて且つ昂る走りに前を見据える目的意識その姿にです。
という己自身と、BC(BCRT)という立場に、親バカな私。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F8.jpg
掌の上だったのかも知れませんが、クリアーラップとなった周回も・・・

Google:2019.1.20 HERO’S ADULT モトビ

私も【Dai】もBCRTの面々も、今年はHERO'Sという場面に顔を出す機会が多々ある事でしょう。
他メンバーの参加を心待ちにしております。
JNCC,WEX,JEC,HERO'S,WER,WEPONCUP、活動は各々なのかも知れませんが、出来る限り時間を共有し多いに集い楽しく一緒に走りましょう。
基本はEnjoy OFFROAD走行会ですので、お忘れなきよう宜しくお願い致します。


共通テーマ:バイク

久っしぶりにエントリーしましたヒーローズスプリント [イベント&レース]

はい、そのヒーローズ(HERO’S)さんのリザルト&写真がUPされるのを待っていたのですが、ままならないようなので旬のうちに報告しちゃいますね。
別にリザルトはどうでもいいんですけど写真がね、無いのですよ。
私がさぼっていたってのが一因、そして私の写真がないってのは毎度の事。
親バカぶりを遺憾なく発揮して、エキスパート+ジュニアの写真はあったりしますけどね。
・・・って事で
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP1.jpg
2019.1.20:HERO'S ADULT R1 モトクロスビレッジ
BASE CAMP RTより4クラスに各々1名=合計4名がエントリーしました。

ノービスには【ジャイアン】RM125さんが初参戦。
ヒーローズどころかスプリントレースそのものが十数年ぶり?
気合入れ過ぎないでリラックスして楽しんで。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_RM125.jpg
緊張はしていたみたいですが、レースを楽しむ事は出来たいみたいです。
ただ、ノービスクラスとは言っても、決して「ゆったりレース」って事ではないようでした。
マシンも市販車ではなく今時のMXですし、何よりライダーの技量と言うのか慣れと言うのか雰囲気がスプリントレースそのものです。
ゲートスタートですし、本当に本当の初心者には、ちょとばかし敷居が高いかも知れませんね。
事前にそのつもりで練習しておくことが必須でしょう、出来れば経験者と共に。
そう言った意味では、傍から見ていても集中して無理せず楽しそうに走っていたように見受けました。
流石の遊び上手と言っておきましょう。
なのですが御免なさい、応援はしていたんですけど写真は撮ってませんでした。
私のミドルの後のレースでしたし、HERO'SさんがUPするだろうって思っていましたので。
ニューマシン「RM-Z250」で走る際には沢山撮りますから許して下さいね。

その私は愛機YZ125でミドルクラスにエントリー。
HERO'Sさんにエントリーするのは、な・な・なんと9年ぶり。
9年ぶりなのにゼッケンがキープされていました。
私個人は9年ぶりですが、キッズにもアダルトにもチームとしては途中エントリー(ほんの少しですが)していましたし、協賛って二文字の為せる業でしょうか?有難うございます。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_YZ125_KX250F.jpg
でも残念ながら、流石と言えないところが私でした。
まず、ゲートスタートが無理!
フロント浮きそうでリヤ流れそうで隣に迷惑かけそうで、ほぼほぼ最後尾からのスタートです。
横一列フルグリッドって参加台数ではないですし、圧倒される程のペースでもないのですが、どうにも馴染めません。
長年の職業病なのだと思いますし、それをていのいい言い訳に使ってきた習慣から抜け出せません。
身体的な体力は問題ないと思いますが、精神的な体力が10分+1周には対応出来ません。
ですが、その辺りを今年一年かけて修正して、リザルトではなくプロセスとしてスプリントレースというものに対応していきたいと思っています。
その為には、その域でその意気で、BCRTの皆と切磋琢磨する事が必須となります。
練習は勿論の事、出来得るならばHERO'Sでも同じクラスで走れれば言う事なしです。
そうすれば個としての自分ではなく、BCとしてのBOSSとなれるから・・・結局そこなのね(笑

ミドルクラスへの参戦面子を待つのも誘うのも手ではありますが、ジュニアへ上がる努力をするってのも方法ではあります(実現可能かどうかは別にして)。
そうミドルでエントリーして、予選を経てジュニアに昇格した【Abetti】を目標に。
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Abetti_KX250F1.jpg
仕事が忙しく、当日ワンタイムゼッケンでのエントリーとなったにも拘らず、うーーーん流石としか言いようがありません。
まあ自力から言って、そもそもミドル私と同じクラスにエントリーって言うのが?なんですけどね。
数年前「WER」に一度だけエントリーした事があったかもだけど、HERO'Sは私同様8年ぶり。
まあモチベーションMAXって程ではないにしろ、逆にそれでも違和感なく走れるってところが昔取った杵柄なのね。
しかもジュニアはエキスパートと混走じゃありませんか。
そこに混ざれるって走れるって・・・おそらくは、本人もそれなりの手応えを感じている筈。
もしかして、今年は今後が楽しみなんじゃありませんか?

そして同じくミドルでエントリーして、予選の結果エキスパートに昇格した【Dai】は?
2019.1.20HERO'S ADULT_BASECAMP_Daiki_KX250F1.jpg
まあ、BCRTランキングから言っても日頃の走りから言っても、ジャイアンがノービスならBOSSはミドルになるでしょうし、なら当然Abettiはジュニアかエキスパートですし同様にDaiもジュニアかエキスパートというのは当たり前の事なんですよね。
ただ、HERO'Sと照らし合わせるとどうなるかが分からなかっただけなんです。
HERO'S KIDSに最後にエントリーしたのが今から4年前、中1の時にKX85Ⅱで一度だけ。
高2となった今、愛機もKX250Fになり、久しぶりのHERO'Sしかもキッズではなくアダルトに。
あれれ?いつになく口数が多い様な気が・・・
もしかして緊張してる?

>>>>>次頁へ


共通テーマ:バイク