So-net無料ブログ作成

JNCC第5戦ジョニエル-G 爺ケ岳に7台がエントリー [BCRTレポート]

JNCCの第5戦目となる「ジョニエル-G 爺ケ岳」、BCRTメンバー7台が挙ってエントリーしています。
BCでは、シーサイドバレーに次ぐエントリー人数です。
しかも、申込時から何だか妙に盛り上がって、BCRT LINEがピンコロピンコロ引っ切り無しです。
自分が怪我で出れない時に限って皆でワイワイ楽しそうで、応援したい気持ち50%に羨ましいと言うより妬ましい気持ち50%の私です(苦笑
更に更に、前日の土曜日(朝)入りしてコースの下見までして、肉を大量に買い込んでバーベキュー大会だってさ。
翌日、二日酔いで走れない何て事にならないように程々にね。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRT1.jpg
尤も、ビビりな私は、怪我をしていなくてもJNCCにはエントリーしないんですけどね。
バーベキューもモトビでやるから良いもんね。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTトライ1.jpg
一夜明け、少し雨が残っている状況で、早々にトライクラスのスタートです。
トライクラスとファンクラスはヘルメットタッチスタートみたいです。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTトライ3.jpg
YZ125Xさん、久しぶりのJNCCはどうですか?
梅雨だから当り前ですけど、チュルチュルグチャグチャで悪戦苦闘だったかな?
一方、JNCC初レースのRM125さんは、いきなりの洗礼ですが楽しめましたか?
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTトライ4.jpg
リヤを18インチに変更して、サスを合わせてED仕様にしてきたRM125は、言う事聞いてくれましたか?
WEXに出なければ、クローズドの何かに出なければ、次回の」レースはJNCC「ドリーミンほおのき」となりますか?
復帰出来れば、YZ125ではなくCRF125Fでトライクラスに3人でエントリーしましょうか?
流石にレースはまだ無理かな???
仮に出れたとしてもトライクラスが精一杯で、ファンクラスは無理無理無理。
って、私の様に骨折している訳ではないですが、日頃の不摂生でドクターストップじゃなかったの?
今年YZ250Fに乗るの何回目?
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTファン5.jpg
レースどころか練習もしていないのにJNCCぶっつけ本番って、勇気があるんだか無謀なんだか?
案の定スタート直後は・・・
この写真はイケてるところね(笑
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTファン6.jpg
例年はWEXをメインに活動しているCRF250Rさんも、BCRTがどちらかと言うとWEXよりJNCC派なもんで、今回JNCCの仲間入りですね。
今回は特別に多いしね。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTファン3.jpg
トライクラスのRM125さんとファンクラスのCRF250Rさんが、その特別に多いエントリーの火付け役にして鞴役を担っていた感じでしたしね。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTファン4.jpg
自らのレースそのものでも、熱い走りを披露していたのかな?
とは言ってもDスタートだから、様子を見ながらマイペースでって温度感ですよね。
私の様になってしまってはNGですからね。
(尤も私の場合は、只の勘違い野郎なだけなんですけどね)
って、私と同じYZ125乗りの筈なのに、全く違うマシンの様に操り若さ溢れる走りを見せる
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTファン1.jpg
集中しているのかシャイなのか(ただ単に気付いていないだけ)?
親父さんが代わりにカメラ目線。
ですが、走りだしてしまえば別人の如く自己アピール!
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTファン2.jpg
怯む事無く追走する姿は、若さの成せる技なのか?目的意識の表れか?
良く耳にする言葉ではありますが、今年は更なる「飛躍」の年となるのかな。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTコンプ1.jpg
そこいくと、今更飛躍する事はないと思うこの二人。
それでも、高みを目指している事には変わりなし。
その心意気があるからこそ、現役ライダーとしてコンプクラスにエントリーしているんですもんね。
私には到底真似のできない試みです。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTコンプ2.jpg
しかもセローなんですよ、YZ250FXを持っているにも拘らず。
まあコースと自分とマシンとの相性による洗濯なんでしょうけど、ある意味凄味すら感じてしまう趣があります。
JNCC第5戦爺ケ岳:BCRTコンプ3.jpg
凄味はないかも知れませんが、走る程に安定感が増しているのは事実。
EDのみならず、クローズドであっても発揮される安定感と加速力、シチュエーションを選ばぬ走りが、ちょっとばかし癪に触ります(笑

どのクラスを走っていても、各々意識を持って意気を持って走っているからこそ、少しづつでも確実に向上しているのだと思います。
別に特別ストイックにと言う訳ではなく、楽しむと言う事がテーマであっても、その方向性に指向性が伴っている以上自ずと結果に結びつきます。
結果の意味するところは違うでしょうけどね。
楽しそうで何よりです!

Google【Chibi Nori】:2019.7.14 JNCC ジョニエル-G

自分も、この写真の中に姿を見せられるようリハビリに励まねば。
自分の参加していない事柄をブログにするのって・・・だからね。


共通テーマ:バイク

2ヵ月ぶりにトレランならぬリハビリウォーク [プライベート]

踵骨折してギブス固定が25日、
その後15日かかって40日後に松葉杖2本から1本に、
仕事前の整形外科でのリハビリに仕事終わりのプルでのウォーキングにスイミング、
50日が経過して松葉杖1本からからトレッキングポールに、
2ケ月経過を目前にしてトレッキングポールなしで少しだけ歩けるように、
そして今日2ヶ月と2日、鎌倉のハイキングコースをウォーキングしてきました。
BOSSリハビリ鎌倉トレイルウォーク1.jpg
7月の第一日曜定休日、梅雨真っただ中で走り行く事も叶わず(尤も私は、まだまだ運転手なんですけどね)プールへ行こうかウエイトトレーニングでもするか・・・
雨止んできた?
久しぶりに2ヶ月ぶりに鎌倉のハイキングコースを、極々軽くゆっくりと少しづつ、ストレス発散に勿論リハビリに歩いてみようかな・・・
BOSSリハビリ鎌倉トレイルウォーク2.jpg
一時間毎の鎌倉天気予報では曇りになる筈だったのに、霧雨がおさまらないどころか徐々に雨粒が大きくなってきている様な・・・
短パンタンクトップのトレランウェアにも拘らず、足をかばいながら歩いているせいか暑いのなんの汗が額に薄らと、樹木の合間の霧雨ならば気持ち良いので歓迎です。
因みに、トレランシューズは足の腫れが治まらないので履けませんので、簡易のトレッキングシューズを履いて歩いています。
更に因みに、トレッキングポールは念の為持ってはいますが、出来るだけ使わずに歩きます。
BOSSリハビリ鎌倉トレイルウォーク3.jpg
BOSSリハビリ鎌倉トレイルウォーク4.jpg
なのですが、こんは上りに下りが至る所にありますし雨で泥濘んで滑りもしますので慎重に、トレッキングポールを使って場合によっては木の根を軽く掴んで登っては下っては・・・
歩幅を狭く、一歩一歩足場を選んで足への負担を考慮して、足の向きに足首と膝の角度を無理なく合わせてリズムよく、焦らず踏みしめて体重をかけて一歩どころか半歩づつ、慎重に楽しみながら歩きます。
BOSSリハビリ鎌倉トレイルウォーク5.jpg
山崎小学校脇から入って台峯緑地を通り、北鎌倉女子学園グランド脇から台峰緑地を抜け、葛原岡神社へから浄智寺を経て公道へ・・・
この時点で霧雨というよりは雨になってきています。
山の中ではないので雨を避ける事も出来ず、傘も持ってきていないので、びしょ濡れに。
僅か5.2kmの道程を2時間40分かけて歩きました。
足は痛いし雨には降られるし、でも久しぶりに気持ちの良い時間でした。
この行程が足に良いのか?リハビリとなっているのか?逆効果なのか?専門的な事は分かりませんが、自分としては意味のある時間だと思っています。
画一的な一定的な理論的な負荷よりも、自然的な必然的な変化に富んだ負荷の方が今の自分には必要なのではないかと思います。
だって、足も身体も心も解き放たれる気がしますから。
今日のみならず、松葉杖を2本から1本にしたあたりから、身体ではなく意識が先行し始めました。
そしてそこから自分でも、驚く程回復してきている様な?
リハビリの先生も、ちょっと例がない位のペースだと(乗せているんでしょうけど)言っています。
かと言って、ある種の恐怖感がない訳ではありません。
ので、無理せず慎重に且つ大胆に・・・
自分なりに次なる目標を設定していたりして?


共通テーマ:バイク

BOSS踵骨折から50日経過して [プライベート]

梅雨って事もあり、ネタ不足なもんで、BOSSの踵骨折ネタでご了承の程。
5月6日GW最終日に、モトビでスッ飛んで踵を骨折して50日が経過しました。
まだまだ療養中です。
がしかし、少しづつ変化がみられ徐々に回復してきているように感じます。
日曜除く毎朝仕事前に、整形外科で2~30分のリハビリをしています。
日曜/月曜除く仕事後には、プールで歩いて泳いでリハビリの日々。
定休月曜日は日光浴でビタミンDを生成したり、プールへ行ったり筋トレしたり、毎日毎日リハビリを意識して正直心身ともにお疲れ気味ではありますが、自分の為にも迷惑をおかけしている皆さんの為(為じゃないですよね・・・感謝の意って事で)にも、今は痛みに打ち勝ち一日でも早い復活を目指しています。
その成果もあって、松葉杖1本からトレッキングポール1本へと劇的変化。
LEKIトレッキングポール1.jpg
松葉杖だと、どうしても脇の下で身体を支えてしまって(楽だし安全だし)、足に体重をかけられない(怖いし動きが鈍い)ので、必然的に強制的に足に負荷をかけるべくトレッキングポールに変更しました。
お医者さんの指示って事ではないので、自分勝手にね。
LEKIトレッキングポール2.jpg
58~111cmと伸縮自在の「LEKI」SPD2 ULマイクロDSSというトレッキングポールです。
スキーやトレッキングなどの分野で高い評価を得ているドイツの専門メーカーのようですが、自分への投資という意味でちょっと贅沢しちゃいました。
割と知られているものは、スキーストックに代表される2本セットで横からグリップを握るタイプだと思いますが、今回はリハビリ用という事で上から握り易くて荷重のかけやすい1本タイプを選択しました。
怪我が完治してリハビリを終えた後でも、トレランとか軽登山時に携帯して、万が一の誰かの助けになればとの意味も踏まえての選択です。

そして更に、
スクーター(アドレスV125S)オンリーだった日々から、Z125PROに乗れるまでに復活してきたのです(って言うか怪我して以来の初トライとなりました)。
BOSSリハビリZ125PRO+LEKIストック鎌倉.jpg
流石にフルサイズは無理なのでミニからで。
季節感のある?紫陽花+Z125PRO+LIKEストックです(笑
スクーターのステップボードに足を載せているのでさえ少し痛いのに、ステップ直しかもバックステップアルミバーだと振動/衝撃がダイレクトで響きます。
そして、シフトチェンジの際の足首の角度がまた痛いので、2速スタートで3速までしか上げません。
BOSSリハビリZ125PRO+LEKIストック由比ガ浜.jpg
それでも、鎌倉から由比ガ浜/稲村ガ崎辺りであれば、何とか楽しく無理なく走れます。
松葉杖を背負って何て事も考えましたし、実際タイダウンベルト等工夫して背にして試しにスクーターに乗ってもみましたけど流石に不格好(って言うか危ない)。
BOSSリハビリZ125PRO+LEKIストック稲村ガ崎.jpg
伸縮ストックならではのチョイ復活です。
尤も、停車する際にリハビリ中の左足を付く勇気はないので、右足に頼りっぱなしではあるんですけど、少しづつ少しづつ。
まあ、スクーターからギヤ付きミニに乗れたからって、実質それがどうした事ではあるんですけど、気持ちはかなり前向きになります。
踵骨折してから2ヶ月が経とうとしていますので、身体のリハビリだけではなく心のリハビリも必要なのです。
少しづつでも出来る事が増えてくると、楽しいですし前向きになれますからね。
ポジティブシンキング!


共通テーマ:バイク

40日経過で松葉杖2本から1本に [プライベート]

全く持ってどうでもいいネタなんですけど、もしかして多少なりとも心配して下さっている人もいるのかなーって事で、踵骨折後40日が経過したBOSSの近況報告です。
格段に変化したって訳ではないんですけど、取敢えず松葉杖2本が必須アイテムだったところが、折れている方の左の松葉杖1本でどうにかこうにか歩けるようになってきました。
松葉杖2本の方がスムーズに早く移動できるんですけど、それだと一向に左足に荷重が掛けられないので、リハビリという意味を兼ねて1本でよたよたと歩いています。
通っている整形外科でも、超音波療法からマシン「パワープレート 」を使ったリハビリに移行しました。

結果、スクーターツーリングでも松葉杖は1本になりました(笑
2019.6.17BOSSリハビリスクーターツーリング稲村ケ崎.jpg
先週に引き続き、稲村ケ崎公園で日光浴でもしようかなと思ったんですけど、何故か人が多いのなんの?
辿り着く事自体が至難の業でもありました。
江ノ島付近の腰越橋交差点から134号へ出て、鎌倉方面へ向かおうと思ったんですけど凄まじい渋滞でした。
左足に注意しながらバランス崩さないようにすり抜けして小動交差点へ向かうと、パトカーと警察官数名が何やら鎌倉方面は通行止めだと?
理由を聞いても明確な回答が得られません。
地元の私しかもスクーターなので何とかでしたが、観光の人達は面食らったと思います。
何せ理由も示されず、迂回路も表示されず、事前の予告も看板もなし。
私は、ちょいと迂回して鎌倉高校駅前交差点へ出て鎌倉へ向うも行合橋交差点で再び警察官による通行止め。
先程とは違うあやふやな説明が・・・
神奈川県鎌倉市 稲村ヶ崎に不発弾漂着
という事を後から知りました。
そうとも知らずに、地元民の利を生かして裏の裏道をするすると、坂ノ下の鎌倉海浜公園で日光浴。
2019.6.17BOSSリハビリスクーターツーリング坂ノ下海浜公園1.jpg
大手を振って停めて良い訳ではありませんので、一瞬だけね?
2019.6.17BOSSリハビリスクーターツーリング坂ノ下海浜公園2.jpg
植物が生長する為には、呼吸そして蒸散作用=光合成が必要である事は皆さん周知の事だと思います。
ですが何も植物だけではなく、人にだって光合成じゃなかった日光浴は大切なんですよ。
日焼けして夏らしくって事だけじゃなくてね。
どころか、紫外線が皮膚に及ぼす有害性が問題となっている昨今ですよね。
しかし、紫外線をある程度浴びる事により、体内でビタミンDが生成されるので、健康維持の為には必要とも言えるのです。
そう今の私には、取分けビタミンDが必要なのです。
何故なら、ビタミンDには食物からのカルシウム吸収を促し、血液中のカルシウム濃度を一定の濃度に保つ働きがあり、骨格を健康に維持するのに役立つからなのです(俄か知識ですけどね)。

何はともあれ、徐々に回復に向かっている事は確かです。
ちょっとばかし強引に、自分勝手にリハビリしているのも事実ですが、自分自身に苛立っているのも然りなので、叱咤激励する日々です。
と同時に、見知った人達どころか見知らぬ人達からの気遣って頂いた言葉に、感謝しきりの日々でもあります。
有難うございます。


共通テーマ:バイク

JNCC初開催地=ビューファインダー戸狩に一人エントリー [イベント&レース]

6月9日開催のJNCCは初開催地となる「ビューファインダー戸狩」というスキー場コースです。
BCRTメンバーは都合がつかなかったのか?
今回はBCスタッフ【Iijima】が、有給使っての一人エントリーとなりました。
本来であれば、この間BCはオープンしている筈なんですけど、BOSSが怪我療養中の為バイクの出し入れが出来ずクローズとなります(御免なさい)。
だから、絶対に怪我はしないようにね!!!
JNCC戸狩BCRT_250EXCF1.jpg
鎌倉は朝から雨模様でしたが、現地は予想に反してまさかの晴天。
ピットはアスファルトだは、ピット脇には温泉があるは食堂もあるは、別途1,000円の駐車場代を徴収された以外は言う事なしのスタンバイ。
JNCC戸狩BCRT_250EXCF2.jpg
これでコース設定まで良かったら順調過ぎて怖いので、[無理せず楽しんで]と皆の書き込みがBCRT LINEにしきり。
本人も[怪我しないように、楽しんできま~す]とのコメントを。
一人エントリーなので、その後はレース終了まで分からず終い。
当たり前ですけど、写真はなし。
なので、JNCCから引っこ抜いて・・・
JNCC戸狩BCRT_250EXCF3.jpg
上位陣は当たり前の事ですが、この辺りのクラスでも気持ち良さそうなスタートシーン。
JNCC戸狩BCRT_250EXCF4.jpg
写真で見る限りでは然程難しいコース設定ではなく、気持ちの良さそうなハイスピードでの上り下りといった感じでしょうか。
本人にしても、JNCC参戦史上初となる一度も転ばないレースだったようです。
JNCC戸狩BCRT_250EXCF5.jpg
がしかし、現実には、負傷者多数のヤバいコースだったようで、
[雨が降ったら絶対無い!!かな?]
分かる様な気がします。
一見走り易そうに見えるコンディションですが、雨が降ったらチュルチュル&グチュグチュって感じになりそうです。
上りは滑って横向いて登れないだろうし、下りはどうにもこうにも止まらない。
うねっている部分は更に掘れて削れて硬い地肌が露出して、或いは逆に底なし沼のようになったりで、そりゃもう右に行ったり左へ向かったり七転八倒何て事になりそうです。
「ビューファインダー戸狩」に限らずですけどね。
そう、コース状況は異なりますが、次回開催の「ジョニエル-G 爺ケ岳」なんて転倒必至のコースですから。
にも拘らず、BCRTからは既に「キッズ&トライ」「FUN」「COMP」それぞれのクラスに各々がエントリーしているようです。
残念ながら、漸く松葉杖が一本になりリハビリを始めたばかりのBOSSは、間に合いそうにありません。
ってか、治っていても出ませんけどね。
って、一度も出た事無いんですけどね。
って事で、私の分も皆で楽しんできて下さい。


共通テーマ:バイク